丸37話


真田丸37話視聴。信之。簡易版。

ずいぶん更新に間があいてしまいました。すいません。
短くいきます。

関ヶ原が終わっても上田でちまちま戦闘を続けていた昌幸パパでしたが
やはり大勢の流れには勝てず。徳川方へ降伏を申し入れます。
開城受け渡しの使者があのスルメ好きの平野長泰、たしかに人生とはわからないものです。
(沙汰を読み上げる三十郎、感情が垣間見えてすごく良かった~)

犬伏での3人の誓いを守るべく、大阪へ直訴に向かう信幸にーちゃん、
舅どの、本多忠勝の決死の説得の後押しもあって、なんとかパパと信繁の命は保障してもらえることに。
ただ、信幸にーちゃんの「幸」の字が昌幸パパの名前からとったということがあり
「捨てよ。」と家康。
まさに苦渋、といった表情で請けるにーちゃんの姿、良かったですねえ。
大泉洋さんはほんとうにいい役者さんなんだなあとしみじみしました^^
今後は信幸あらため「信之」。「わしの意地じゃ。」いい台詞でした。

結局昌幸親子は高野山、九度山村へ流罪。蟄居謹慎ということになりました。
茂誠義兄さん(高木さんの黒ひげが画面のどこに居ても目立つぅ)は信幸にーちゃんの配下に、など
それぞれの身の振り方も決まり、ましゃすけならぬ出浦さまとの別れも済ませた。
病床にあっても家康の寝首をかく算段を考ずるましゃすけ……つらい(;_:)
城を出立する際の、雪降るなか城下一同で頭を下げて見送るシーンが印象的でした。

パパと信繁は高野山の前に大阪城へ向かい、大阪での関係者たちとお別れなどを。
ここで関ヶ原のその後などをかいつまんで聞く信繁の姿が我々にも共感できて面白かったですね。
いきさつを後で聞く、という感じが新鮮。
小早川秀秋が幻想のなかおびえまくるシーン、のちの大坂の陣で活躍する武将たちが出てきてて
こんなキャラ像なのかしらんと思ったわwうふふ。
大谷刑部の最期のシーンはまたちょっと萌えというか(笑)、「治部、楽しかったぞ」という台詞に
ふおおおおとなったのはワタシだけではあるまいw(何度も唱えたい、新選組!!転生説(笑))
余談ですが刑部どのの愛之助さんは関ヶ原での合戦を心待ちにしていたのに
気が付いたら切腹シーンのみで、すごく寂しかったとぼやいておられたとの由……お察しします(苦笑)
(そして切腹介錯をつとめた武将の人は実際の愛之助さんのお弟子さんなんだとか)
石田治部の最期は……なんというかワタシほんとすいません、新選組を思い出しました(爆)たは。

戦で傷つく女性たちの姿を見せることで、やはり戦はつらいものだと思い起こさせる。胸に迫りました。

次回からは九度山編!しかし残り話数はわずかだぞ!w
そんなかんじで。






[PR]
# by katuhiro-iyama | 2017-04-20 22:31 | さなだまる | Trackback | Comments(0)

ことしの桜


おこんばんわです伊山だす。ごきげんいかがですか。

ようやく桜が満開になりました^^ が、今年はお天気に恵まれず……(苦笑)
せっかく咲いたのに雨つづきで、スカっと晴れた青空の下でお花見できないまま
散るのを見届けるしかないようです(苦笑)そんな年もあるか……。

まあ、でも雨のすきまをぬって、曇天もようでしたがかろうじて桜を見に
少し出歩きましたので写真だけでも。
d0025055_12235164.jpg
d0025055_12240911.jpg
こんな感じでしたね~。
今年は敢えて桜の名所と言われるような場所を避けて身近にみられる場所をふらふらと巡ってみただけですが、
それでも自慢げに咲きほこる桜の木々が見られてよかったです。
なんだろう、今年は満開になるまで1週間くらいかかったせいか、
花の色味が例年より濃ゆい……うすピンク色がくっきり出ているような気がします。
曇り空を背景にしてるから余計にそう感じるのかな。グレーとピンクは実は相性が良い色味なのです。
却って曇り空でも美しく見られてこれはこれで得したかな^^

最近ちょっとメンタルが弱くて凹み気味で……。
たぶんオルフェンズショックをひきずってるせいだと思うけども(そこまでか)、
ちょっと気分変えてテンションあげていきたい心境です。立ち振る舞いもうまくいかなくなるしね。
いい香りの入浴剤使ったり試供品の高級シャンプー使ってみたり少し手間のかかるドリップコーヒー煎れてみたり……。
少しでも気分良く過ごせるように小さな工夫はしてるのだけど
やはりまるっとスッキリストレス軽減!とまではいかなくてね(苦笑)
もうアレだ、これは温泉でもいくしかない、と思って先日近場の温泉宿の予約いれてきました(笑)
もうわざわざ遠くへ行くことないから近くでいい、近くで、とダンナ氏を説得しての強行予約です(笑)
安宿が見つかったので、なーーんにもせずにぐったり過ごすつもりで行ってきます!w
ほんとは復興支援で阿蘇とか湯布院とかにしたかったけどね……安いとこなかったのよね(苦笑)とほほ。

そんなこんなですが毎日なんとか暮らしています(苦笑)
息子3才、このごろはヒーローになりきって遊ぶのがブームみたいで、
目元にチョキを眼鏡のようにして当てて、ぴかーん、と叫ぶとどうやらウルトラセブンに変身したとかで(笑)、
その状態だとたいていのお手伝いをしてくれるようになりました(爆笑)
「ぼく、いま うるとらしぇぶん なんだから!」とのたまって
セブン~、と呼びかけないと反応してくれません(笑)
でもそうやってヒーローになりきることで「良い姿」「理想の姿」を体現できるというのは
またひとつ成長した姿だよなあ、と感慨しきりです。理想をヒーローに託して表現する。興味深い。
(そして手伝ってほしい時は、セブンに変身して、とお願いすることで進んで動いてくれるようになったので
たいへん便利です(笑)うるとらしぇぶん さまさま……(笑))

ああ、そうそうこの春のアニメは「進撃の巨人シーズン2」「夏目友人帳陸」(もうシーズン6かあ~)と
BSフジで放送される「正解するカド」を期待しています。
「カド」は東映アニメーション60周年記念の流れとかで、
東映アニメ初フル3DCG作品として作られているアニメなんだそうです。
東映アニメが真っ先にTVシリーズ作品にCG手法を取り入れた過去もあり、
意欲的な試みを投入している作品と捉えて楽しみにしています^^
(合わなければ視聴切るとは思うけど……できるだけ付き合いたい気分、どうなるかな)
ほかに何か面白そうなアニメがあったら教えてもらいたいな~。

そんなかんじでこれにて。キュウレンジャーが唯一の癒しである伊山さんに応援のお手紙をだそう!(笑)



[PR]
# by katuhiro-iyama | 2017-04-11 21:21 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

オルフェンズ考


鉄血のオルフェンズ終わってしまいましたね。やー、感想は前エントリで書きましたが
この作品について語りたいことがやまほどw
というわけでしばしお付き合いください。

ええとですね、2期の展開は序盤すぎくらいからなんかワタシの脳内で
危険信号がぴこんぴこんし始めてですね(苦笑)
これは1期ほどハマりきれないぞ、のめり込むとキケンだぞ、となにかがささやく(苦笑)
しかしミカオルは気になるし面白いことには変わりない。ってんで
どうかなー、どうかなーと気が引けながら視聴していた状態でした^^;
まあ、ずっと鉄華団ひいきで見ていたことには変わりなく、
火星の王になるとかいう、ふつー考えたらいかがわしいことこの上ない目標(苦笑)を掲げてきたりして
なんだか顔見知りのにーちゃんたちがどうなっていくのか、ハラハラしながら見守りつつ、
感情移入するのをできるだけ避けていた、というような見方をしていた気がします。

案の定、というか2期終盤は鉄華団がどんどん悪い状況へ追い込まれていく展開が続いて;
ほんと辛かったです(汗)ツイッターの鉄血用アカウントで他の人の感想拾いながら傷をなめ合っていた(苦笑)
個人的にぼんやり思うのは……やっぱりお話し的に、カタルシスというか
視聴者への爽快感というの欲しかったな、というところです。
形だけでも手を取り合って笑い合う、とか敵キャラを討ち取って戦況が好転する、とかそういう、
思い入れて見ていた視聴者へのなんらかの救いは欲しかったかも;
(終盤、オルガが地球へ逃げ出す、その算段を組んでいたあたりでは
ようやくこれでスッキリ戦闘して終われてキャラクタたちが心から笑える展開になるんだ、希望がみえてきた、
なんてホッとしてたんですけど……そこがクライマックスだったなあと……)
結局、鉄華団にとっては終始不穏を感じさせる物語で、
主人公側として見ていた鉄華団は「作品」の主役であっても「物語」の主役ではなかった、
という複雑な結果に……(苦)
制作側でも視聴者に救いを、という声があったそうなんですが(公式イベントのパンフにそんなコメントがあったとか)、
カタルシスを作ってくれてこの結末か……!と震えるしかない(汗)

脚本や制作側に文句をつけてるわけではないです。
作っていただいて、見せてもらっているだけで本望……幸福です(´ー`)
我々は甘んじてそれを享受するのみでありますm(_ _)m

全体として良かったところは、モビスルーツの扱いがこれまでのガンダム作品と異なったところ。
モビスルーツ同士で近接武器つかった打撃戦、ビームではなく弾丸の発砲式武器での戦闘シーンがメイン、
というところでしょうか。ガツンドシンとぶつかりあうモビルスーツ、斬新でしたw
2期で、過去の武器としてビーム砲が出てきましたけど、その世界観のなかでビーム使われると
また違う恐怖というか、畏怖みたいなのを感じさせられて、面白い試みだったなと思います。
(ただこれも善し悪しで、近接戦闘メインだと正直宇宙空間での戦闘が向いてなかったなと……(苦笑)
砂と土にまみれた埃くさい地面での戦闘を想定した武器設定だったように思えました。)
宇宙空間での「音」の表現にも個人的に違和感があって、そこは残念に感じられたところです。
(宇宙での銃撃戦での弾丸のバフンボフン音が響くのがもーツッコミしまくりで(苦笑)
せめて発射音だけとか跳弾の音だけにするとか、音の響きを調整するとか、
なんか地上と宇宙で戦闘表現を変える方法もあったんじゃないかなあとは思ったりもします)

他に良かったところというと作画が動画などアニメ作品として、
一定以上のクオリティで毎週見せてもらえたのが一番良かったところかなと。
2期1話を映画館で上映されるイベントに行って実感したんですが、
TVシリーズ作品の映像をそのまま映画館の大きなスクリーンで流せるって凄いですねw
作画のアラとかレイアウトミスとかあったらすぐバレて気にかかるようなものだと思うのに、
映画作品とまったく遜色ない作りでしたもんね……。
あのクオリティの高さ、素晴らしいとしか言いようがない。
スタッフの皆さまはきっとギリギリまで全力調整されたと思いますが
少なくともTV放映された部分では手を抜いたところは感じられなかったし、
チカラ抜いている部分もガクンと質が下がるという印象でもなかったですしね。素晴らしかった。
最高のクオリティをどうもありがとうございました^^

あとはちょっとつらつら考えたことを。




ぐだぐだ続きます;
[PR]
# by katuhiro-iyama | 2017-04-09 00:08 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

50話


鉄血のオルフェンズ50話(#25)感想。最終回。彼らの居場所。

……感想を書く前にワタシこの最終話にはけっこう期待していました。
視聴する前からハードル上げていたというか。わずかでも自分の好ましいような、
見終わってああ良かったと安堵できるような爽やかさを感じるラストであればいいと
思っていました。
でも、視聴終わった直後はグッズ買って手元に残したの後悔したし、
自分の心の中の整頓がつかなくて悶々とさせられて気持ちを持て余してしまいました。
なので、友人とカラオケ行ってオルフェンズの曲思いっきり歌ってたくさん語って、
気持ちの整理がついたところでようやく感想が書ける心境になったところです。
テンション維持するのにここまで努力を要する作品はほんと久しぶりの感覚です……。
(聖闘士星矢オメガもそこまでじゃなかった、新選組!とか電王とかそれくらいぶり)
それくらい、この作品にはかなりの思い入れをしていた自分にむしろビックリしています(苦笑)






というところで感想へ
[PR]
# by katuhiro-iyama | 2017-04-07 20:28 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)

うるとらまんな日々


おこんばんわどす伊山だす。調子に乗って連続更新です(笑)

4月目前にして未だ桜が咲いていません(苦笑)
近所の公園で昨日、ちらほら、10輪ほどほころんでいるのを見つけましたが、
去年のこの時期はもう満開か、散り始めだったような覚えがあるので
今年はのんびり長く桜が楽しめるようですね。お花見きちんと行きたいな~。

さてタイトルの件ですが、3才息子、すっかりウルトラマンにドハマリしてしまいました(笑)
誕生日に2000円もするウルトラマン大図鑑なる本を買ってもらい、
初代から最新作まで網羅する内容に、全部は理解できないまでも
好きな怪獣やウルトラヒーローのページをめくりめくり、
時折文字を読んでとせがんではウルトラマンの知識を日々仕入れている状態ですw
3才児の吸収力ってほんとすごいですよ~。耳に入った言葉はすぐ口に出して覚えるし
歌も2,3度聞いたらおおまかなメロディは頭に入ってしまうようです(笑)
おかげというか せいというか、彼の趣味にこちらも引っ張られ、
今ではワタシもだーいぶウルトラマンに詳しくなってきました……。
ちょっと前までは知ってる怪獣はバルタン星人とダダくらいのものだったのに、
今ではドラマの設定を踏まえたギャグとかもかませるようになりました(爆笑)
(宇宙墓場という単語からすぐシーボーズという怪獣が連想できる……)
このところ毎晩、息子が寝る前にウルトラマン図鑑読んでとせがむので(図鑑をどう読めと……)
眠い目をこすりながら各話あらすじとか読んでたら覚えるっちゅーねん(苦笑)
しかし、この年になってウルトラマンの内容とか映像とか見ると
これまで親しんできた他のマンガやアニメの元ネタがこれだったのか~とか
そういう見方ができるようになってやっぱり面白いです(笑)
庵野カントクは本当にウルトラマンが好きだったんだなあとか(笑)

子どもの好きなものにオトナも引き込まれる、というのはけっこうあり得るシチュかと思いますが、
オトナの目線でも楽しめる要素がある作品だからこそ、という気もして
なかなか興味深い現象です(笑)まー、自分がオタクだから抵抗が薄いというのもありましょうが(笑)
子どもの好きなものに寄り添えてそれをしつけや教育に活かせれば一番いいんだろうな(笑)
日々勉強ですw

あっ、それとは無関係だと思うんですが今やってる戦隊の「キュウレンジャー」が
心底面白いです!日曜の癒し(笑)(オルフェンズが大変だからこれを見て癒される……)
放送開始直後からアイテムキャンペーンとして関連商品にポイントが添付されてて
それを一定集めると限定オモチャが当たるっていうのがあって、
今それを子ども以上に熱心に集めております(爆笑)
いや……自分が好きで、子どもをダシにしているというのはこの状態のことをいうんだろうな^^;
もらえるオモチャというのが子どもの星座にちなんだ作中アイテムなので
是が非でも欲しい、というのはある……。
なので、このごろはあちこちで目につくキュウレンジャー関連商品を手にしては
ポイントがついてないかどうか確かめるクセがつきました(笑)
6月まであるキャンペーンなので気長に集めますわ~。
ポイント目当てだと商品が溜まって困る……ということがありがちですが、
ぶっちゃけキュウレンジャーなら好きだから困らない!という感じで(笑)、
喜んで集めているふしもあり……うーん、我ながらバカですね(爆)
キュウレンジャー、画面づくりが上手くて全体の印象もキラキラしてて素直にかっこいいし、
キャラの多さが心配でしたがそれを払しょくする勢いで各キャラ個性が目立って分かりやすく、
あとスタッフさんたちの創意工夫ぶりが画面からしっかり伝わってきて
純粋に尊敬できる作品だなと思っていますv小道具とか映像演出とか大変そうだけど
目新しくて楽しい^^すっごく万人にオススメしたい作品です!
(OPのスパーダの笑顔にいつもメロキュンてなる……wwあとガルちゃんかわいいガルちゃん)

そんなこんなで、とりとめなく。近況でした(笑)




[PR]
# by katuhiro-iyama | 2017-03-30 21:43 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)

たいがどらま


おこんばんわです伊山どす。いかがお過ごしですか。

真田丸の感想文が全然更新できてなくて本当にすいません……(詫)
忘れてるわけではなくてずーっと頭の片隅に気にかかっているんですが
優先事項がほかに山積みで……(苦)
時間をかけてじっくり完走していきたいと思っています、すいませんm(_ _;)m

ええと、今の大河ドラマ、「おんな城主直虎」はひっそり毎回見ています(笑)
感想書くほどでもないのでここには書いてなかったけどw
最初の子役ちゃんだけで4話もたせたのはすごいなと思いました。
おとわちゃん役の子、愛嬌のあるというか、不思議な魅力のある演技で良かったですね^^
その後、本役の柴咲コウさんになりましたが、登場してすぐのシーンで
話し方が子役ちゃんに寄せて特徴つけて演技されてたのがとっても良くて!
あの、語尾を「~であるがのぅ。」ってほんのり伸ばす喋り方だったのを
柴咲さんもそうやって同じように喋っていたので、うわーおとわちゃんがオトナになったーって
素直に思えたので役者さんてすごいなーって思わされました^^いい寄せ方でしたよね。
そんで先週の第12話でとうとうタイトル通り井伊直虎として降臨したわけですが
今のところ誰に感情移入するでもなく物語を追うのを楽しむといった感じで
のんびり見ています。高橋一生さんの政次はかなり同人誌萌えが発生してそうだなあと思いつつ(笑)
あ、あと市原隼人さん演じる美坊主の傑山!あの二の腕がイイっすねww
全体的に女性寄りの作りかなあという印象はありますが、基本的に
戦国時代の小国の肩身の狭さとか運命のむなしさとか理不尽さとか
けっこう世知辛いところも小出しにしながら描いている印象があって、
台詞だけ追ってても話の理解はできるけど、画面全部をまっすぐ見ながら視聴すると
より深く感情込めて見ていられるなあという……。ながら見も出来るし真面目にドラマを向き合う人にも
興味深くみられるよう作られている、といった感想です(いつもエラソウですいません)。
丸や組!の時みたくふおお!というような燃えるドラマではないですが
過去の戦国ものドラマと比較検討しながら楽しめてます^^柴咲コウさん美人さんだな~。

あっ、そうそう少し前にスカパーのキャンペーンで3月だけチャンネル銀河を契約して
「平清盛」が見られると書いてましたが、無事見られています!^^
録画できない環境なのでリアルタイム視聴できる時のみ、とびとびの視聴ではありますが
今改めて見てみても本っ当~に、美しくてのめり込めるドラマだなあ~!としみじみしておりますv
当時、画面が汚いという批判があったんですが、今見ると画面全体がフィルム撮影のように
ぼんやりした画像効果を敢えてほどこしてあるのが分かって、
そこがまた過去の出来事を映像を通して眺めているような視聴演出になっているなーと思えて
すごく興味深いです^^ あと全体的に美しい。くすんだ画面なのに切り取られた瞬間しゅんかんが
計算された構図や色彩になっているのが感じられて、とても美しく思えます。ほふぅ。
あとはやはり当時の感想にも繰り返し書きましたが松山ケンイチ氏演じる清盛が
どんどん貫禄と威厳がでてきて、30歳そこそこの松ケンさんがよくぞここまで……!という
感嘆の気持ちが素直にわいてくる演技をされているのも特筆したいところです。凄い。
改めて思ったんですが、「平清盛」のOP映像は本当に綺麗~v
映画の始まりみたいな物語の広がりを感じさせる出来だなあとしみじみしました^^本当に好き。
あと2日ほどで視聴できなくなっちゃうけど(寂……)、
5年経った今もう1度見られて本当に嬉しいです。ありがとうスカパー!w

そんな感じですが雑感てところで。



[PR]
# by katuhiro-iyama | 2017-03-29 23:16 | テレビ、芸能 | Trackback | Comments(0)

超・大戦!


劇場版「超スーパーヒーロー大戦 仮面ライダーvsスーパー戦隊」を見に行きました。
今年3本目の映画鑑賞ですね。しばらく前に公開が発表された際、電王が出ると聞いた瞬間に
見に行くことが確定していました(爆笑)いいじゃないの電王10周年だし(笑)ww
ってことで以下ネタバレ感想~。






子連れ鑑賞でバタバタ;
[PR]
# by katuhiro-iyama | 2017-03-28 23:20 | 映画話 | Trackback | Comments(0)