解散か…


スルーしてたわけじゃないです。

おいらの好きアーティスト、SURFACEが解散を発表しました。

シイナさん公式Blog(2/14 00:00付)

最初その情報をネットで見た時、
小文字surfaceじゃなくて大文字だったんで、
え、海外の違うアーティストの話だよねえ??
と半信半疑だったのですが、
写真付きで配信されてたネットニュースだったので…
ああ、本当だ彼らだ。あの2人だ。
とビックリして胸にずんと来るものがありました。

しかし…。自分でも意外だけど、そこまでショックじゃないんですよね。
なんでだろ。ライヴも4回くらい行ったし販促イベントで来た本人直接見に行ったし
CDもシングルからほぼ全部出たらすぐ買いに走るくらいのFANなんだけど。

正直、彼らの発表を聞いて、「仕方ないな」って思いました。致し方ない。
何がどう、致し方ないのか、と聞かれるとよく分からないんですけど…(汗)。
無理矢理、コトバを見つけるとしたら「40になっても50になってもSURFACEはやれない」
ってことに気付いた、という感じでしょうかね…。
将来が見えづらくなってきた…の、かな?
「SURFACE」としての未来、が…2人には見えてこなくなっちゃったのかもしれない。
何となく、最近の活動の様子を見聞きするとそんな風に思えました。
シイナさんは他アーティストと共同で楽曲つくったり
ナガタニくんはギターで他アーティストに協力したりしてるそうなので
「SURFACE」でない未来をセレクトしたんだろうな。そんな気がしています。
決して「SURFACE」が嫌いになったとか無かったことにしようとか言ってるんではなくて
「SURFACE」という「場」から旅立っていく…巣立ちしていくんだ、って
そういう解散だと思えたからかもしれません。

いや、ね、究極言えばCD売れなかったからってのはあると思いますよ(苦笑)
でも移籍後の活動はタイアップ多くして順調だったし、最近出した「Invitasion No'6」は
内容すげー良かったから内外の評判良かったと思うんですけども。
だから…CD売れてないってのが解散の直接の理由ではないと捉えてます。
って、なんでおいらは解散の理由探しをしてるんだ?(笑)

うん、だから「仕方ない」んですよ。そうか解散か、じゃあ仕方ないなあって。思う。
彼らが決めたことだから…って、ありふれたコトバになっちゃうけど、
本当、今回はそう思います。
2人が音楽をやめるとは思えないから(断言していい)、
シイナさんはシイナさんで、ナガタニくんはナガタニくんで
それぞれ自分のやりたい音楽をやっていくんでしょう。
おいらはそれを眺めたり、気に入ったら購入したりして応援していく。
その姿勢はこれまで彼らを応援していた姿勢と何ら変わりないです。
そしたら「解散」ってコトバはおいらにとってはあまり意味が無い…のかもしれないです。

思えば知らないうちに解散してたり引退してたりでフェードアウトする歌手が多い中、
ちゃんと「宣言」して「お別れCD」出して「解散ライブ」してくれるアーティストは
すごく有難いです(笑)自分の心に「区切り」をくれるから^^
欲を言えば解散ライブは全国ツアーにして欲しいし、お別れCDもオール新作の方が嬉しい。
(東京なんて行けるアテないよーどうしようシイナさーん(涙))
それでも。
彼らが一番解散を嫌がっている気がするので、
FANもそれに付き合ってあげるのがいいと思うんですよ。
彼らの言うとおりにしよう。イヤだイヤだっていってる駄々っ子をよしよしって撫でてあげよう。

SURFACE解散についておいらの思うことはこんな感じです。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2010-02-15 23:00 | テレビ、芸能 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/10775064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< (つд`) 新・ニックの日? >>