週末はあにめ


最近更新するたび何かの感想文を上げてる気がする…(笑)
ここ感想文ブログでいいですか、いいですよね?

ガンダム三国伝。
タイトルずばり、「孫堅、死す!」うっほーきたーw
こういう、サブタイでずばり内容表すあたり、10分番組の強さを感じますw
(下手にサブタイを隠さずに直球勝負)

孫堅ゼフィランサスが董卓ザクを追っていたら、袁術ズサの謀略にかかって
前に呂布トールギス、後ろに紀霊ハンマハンマ(そうきたかw)に挟まれてしまう。
紀霊は孫策とかが食い止めるものの、
孫堅は呂布の圧倒的なパワーの前に敗れてしまうのだった…
って感じですかね、あらすじは(笑)
孫堅パパが呂布にやられてしまうのは寂しいですが
それでも呂布は強さを求めて孫堅を認めながら必殺技2つ出すし(大盤振る舞い!)、
パパも息子達や部下(黄蓋ドム)を守るために散ったわけでね。
両方とも自分の信念を貫いただけ、という表現のあたりよく出来てるなあと感心。

パパが逝くシーン、すごく良かったです!
剣を孫権に渡そうとして…手に渡る寸前にがく、と力尽きてしまう。
ここ良かったな~! こときれる感じが視聴者にも衝撃的で。
他にも孫堅パパが首に巻いてる?マントがちぎれてゆるんでいるかと思ったら
剣を構えながら布を片手で取ってふわっと捨てるあたりの動きとかね!
見た目はSDガンダム、メカキャラなのに
動きやこときれる描写などはすっかり人間ドラマのそれになってて、
今回の演出にはひとしきり唸らされました~!(^-^)素晴らしかったです!

来週は趙雲が出てくる~!うふふたたた楽しみですww

最強武将伝三国演義
下ヒ城で呂布がたてこもっていたところ部下のクーデターにより捕らえられるまで。
陳宮が自ら刃を受けるあたり、凛々しかったです…(これぞ陳宮)。
しかしそれまで陳宮の野心というか、呂布をどこまで買っていたかが
テンポの速さで伝わりづらかったと感じたので、ここはやはり蒼天航路が心に残ったかなー。

相変わらず動きがなめらかで城攻めの描写とか映画みたいだなあと
しみじみと思います。
日本から見た三国志物語とのイメージの差とかを思い至ったり。
しかし、ささきいさお氏の声は本当にハマっているなあ…いいなあ。

ハガレンFA
Bパートから単行本未収録。初めて見る。
ちょっとエヴァの人類補完計画みたいなイメージもあったけど
天空の月からトビラがギィ…と開く辺り、ものすごく壮大でした。圧倒された。
予告でキャラたちがいたから少し安心できたけど…次回以降どうなるんだろう。
見逃せないなあ。ハラハラドキドキ。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2010-06-10 23:18 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/11294173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< NEWとらる (`・ω・´) >>