あにめしちょう


先日電車内で、リーマン風の男性が3人、
三国志の話で盛り上がっていたので何となく聞き耳をたてていたのですが(笑)、
途中で1人が「そういや土曜日にもガンダムで三国志やってるよな。ケロロの後。」
と言い出したのだけど、あとの2人は初耳だったらしくて反応が薄く、
何となく話が流れてしまったのだけど聞いてたおいらは
「知ってる!知ってるよ!おいらは見てるよ!兄さん語ろう!」
…って勢いで心の中で盛大なエールを送りました(笑)
いやースルーされた兄さんカワイソウだった。おいらだったらガッツリ食いついてたよw

…てことで最近のガンダム三国伝ですが(笑)
呂布トールギスが袁術陣営に降って少し経ちましたが
相変わらずカッチョイイ呂布wwもうね、なんというか居るだけで格好いい(笑)
ガンダムキャラでここまで存在感のある人物造形が描けてるってのが
本当すごいな~って思いますw子どもさんでも十分しびれる格好良さ。ふふ。

こないだは呉陣営が2,3回にわたって描かれましたが、
……ぶっちゃけここまで呉陣営を丁寧に描いてくれる三国志アニメって
これだけじゃなかろうか…?と思ってしまうほど、
呉FANにとってたいそう嬉しい描かれ方です(^-^)
(いきなり竹筒で魚蒸すとは思わなかったけど…(笑))
自分の三国志のとっかかりが、呉のファミリー属性だったので、
今作みたいに家族的絆の描写とかあるとなんだか家に帰ってきたような安心感が(笑)
(陸遜が周瑜に弟子入りとかまたマニアな…呂蒙は?)
しかし、敵の水軍をそのまま乗っ取ってしまうのはどーかと思うがww

それにしても紀霊ハンマハンマの作画がいやに丁寧だったのは何でだろう(笑)

最強武将伝の方は先日孔明ちゃん(すいません諸葛亮)がでてきました!
声はアリキリの石井さん。なかなかハマってます(^-^)
劉備の泣き落としであっさり意思をひるがえすあたり、あなどれないかも(笑)
官渡の辺り、前後編に分けて描かれてて、ここはなかなか燃えましたw
ちゃんと張コウと高覧も出てきた!おっさん顔だったけど!
人物入り乱れて駆け足ながらも流れをしっかり見せて、
戦闘シーンもかなりチカラ入ってたんで
魏FANの方も満足いく出来になってたと思いました(^-^)保存ケッテイ。

ほんとはあと蒼天航路も見たいんだけど、ついチェックを怠ってしまいます…
しかしNHKでずーっとアニメ蒼天のBGM使ってた番組があって、
スタッフわかってんなあとかニヤニヤしたw 曲もいいんですよアニメ蒼天。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2010-08-08 00:30 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/11702413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 32話 えふわん夏休み >>