雑多なアニメ感想


少し感想がたまってきたのでアニメ雑感。

戦国BASARA弐 見てます。合間にだぶるおーのCM入るの楽しみだったり…(笑)
なんかね、これ残念です。夕方枠になって勢い無くなっちゃった印象(・ω・)
戦国時代版聖闘士星矢って感じだった前作(笑)、だけど
あれはやっぱり深夜枠だったゆえの暴走wだったんだねーって思っちゃって。
夕方枠に移動したら、破天荒ぶりがなりをひそめて
ストーリー重視というか、大人しくなった印象です。ざんねん。
だけどこないだの、瀬戸内決戦、秀吉が拳で海を割り(笑)、
波が引いて戻ってくるまでの間に派手なアクションドンパチやらかす話は
深夜枠のノリと勢いが戻ってきた感じで楽しかった!(^0^)動画もよかったしね!
ストーリー重視でもつまらないわけではないので、最後まで見るつもりでっす。

日曜の最強武将伝。
ちょうど次の話が赤壁前哨戦です。チェックしたい方はぜひ。
諸葛亮が呉で舌戦を繰り広げる話、こじつけじゃねーかwとか見ててニヤニヤするとこも
あったけど、ほぼ原典(三国演義)通りに話が進んでて
ほんと見てて感心しましたw 
原典だとこのキャラこんな性格付けだったなーとか(笑)マニアックな楽しみ方とかもw
でも、魯粛さんはただワタワタオタオタしてるだけじゃなくて
きちんと諸葛亮に対して意見してたり、地に足ついた外交官という印象を与える立ち位置に
なってたりして、現代の感覚にあわせてあるんだろうなーって思ったりも。
周瑜のデザインとかもちょっとレッドクリフ意識してる?
(それか現代中国のセンスが加わってる?)
…等いろいろ裏読みもできて楽しいですw 諸葛亮どうみても腹黒の悪党だけども(爆)w

土曜日のガンダム三国伝( ̄∀ ̄*)ニヤニヤ
先日の、劉備が葛藤のすえ曹操の誘いを断る、って話はなかなか意欲作でした。
タイアップ作だからと思っていた、毎回の必殺技のシーンがなかった!ビックリ。
必須かと思ってました(笑) そしたらこの回の演出、小坂春女さんだったんでなおビックリ。
東映動画の方じゃなかったっけか…以前スラダンや朝の少女モノでよくお名前みた方。
心理描写が大事なこの回で演出されるという事に小坂さん起用の理由が見えたような。(エラソウ)
いやー庶民ジムがわらわらいて、相変わらずこの世界は面白いと思いました(笑)
こっちは赤壁はまだしばらく遠そうです~
(曹操と袁術の立ち位置を変えることで、曹操は彼なりに志をもった正義の侠、という
キャラ造形を崩さないようなストーリー展開にもっていってるあたり、
この作品のスタッフの意地というか愛を感じました。立派。)

最近見てるのこのあたりかな。
あっ、BD改はセルが出てきてます!声も変わってません!
そして武将伝を録画してるのでワンピが見られてません!ワンピ見たいです!(爆)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2010-08-28 00:34 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/11818600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< なんとなく… なつがくーれば >>