雑感とか…


ちょいちょい。見たやつとか。

大河「江」は、やや…、なんというかお江ちゃんの目線から見た世界、
というのが若干違和感というか。
脚本的にそこから始めるのが良いのかもしれないけど…うーん。
あと、浅井長政が自刃して果てたのを周囲がえらく感傷的というか
哀れをもよおすような雰囲気だったのが何だかなあって(苦笑)
長政が死んだのってイコール悲劇、ですかね?当時の状況とか考えたら
あれも1つの武士の道というか、そういう結末のつけ方もよし、って
考え方だったんじゃないかと思うんだけど。
そこは…やっぱり現代の大河ドラマですか?現代人に分かりやすくされてる?
うぅ~~ん…。ちょっくら釈然としません(苦笑)

ああ~でも北大路欣也サマの演技がやっぱり良かったので
(子どもをなだめるように言い聞かせるところが流石と思いました!)、
欣也サマ目当てで見ようかなあ(笑)大活躍するのは半年後くらいかもしれんがw

そういやこっちではあまり書いてなかったかもですが
NHKのブラタモリが好きですw
今週は羽田空港の滑走路とか周辺地域とか回ってておもろかったw
道や土地に歴史や記憶が残ってる感じが、とてもいいです。
思わず近所をブラブラしたくなる(笑)

そうだカテゴリ違いですが地元でやってるゴッホ展見に行きました。
ゴッホだけかと思ったら同時代の印象派の画家、
ミレーとかルソーとかゴーギャンとかの有名作家の絵もいくつか見られて、
なかなか得しましたw
同じ題材やモデルを描いた作品を、ゴッホと他作家のものとで並べて比較するとか
見せ方も面白かったです(^-^)
でも人が多くて、じっくり見るというよりさーっと駆け抜けて見てった感じだったので
特に印象に残るほどではありませんでした…残念。
ああ、ゴッホの筆致は特徴的だなと思いました。指使ってたっぷり絵の具を乗せてた。

そんな感じで~
[PR]
by katuhiro-iyama | 2011-01-20 22:55 | テレビ、芸能 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/12731758
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by かむい子 at 2011-01-26 08:53 x
ゴッホ展、九州国立博物館ですよね~。
去年の福岡行きのコースに入ってたんですよ(泣)←博物館が
いつか絶対行きたいです。
こういうところで一日過ごせたら幸せかも・・・
仙台にも美術館はありますが、やっぱり規模的にまだまだなんです。

狛犬の写真・・・!感謝感激。あとでメールしますね☆
「レベルE」の感想も(笑)
Commented by katuhiro-iyama at 2011-01-28 00:25
コメントありがとうです(^-^)
九州国博はイチバン新しい国立博物館ってことなので新しくて、
きっと見ごたえあると思いますよ~!
またご来福いただく機会がある際は是非!(^0^)
(その折は狛犬ちゃんとの出会いも可能ですぜ!w)

レベルEご覧になりました??是非感想語り合いましょうv
Commented by かむい子 at 2011-01-31 19:31 x
レベルE、本棚で埃をかぶっていたのを引っ張り出しました。
なぜに今アニメ化・・・!?と思いいろいろ調べていたら
暗に「HUNTER×HUNTER」を早く描け?というプレッシャーでは
ないかという説があり。。。。冨樫センセやっぱり休み休み
なんでしょうか。。。。H×Hも最近は全然わかりませんが・・・。

狛犬ネタですが、来月福島でたくきよしみつ氏(狛犬界?ではかなり名の知れた研究家の方です)の講演会があるので
行こうと思っています。そのために体力つけているところです。
もし行けたら後日れぽしますね~~♪
(たくきさんの名前でググってみてください)
Commented by katuhiro-iyama at 2011-02-02 01:35
レベルEのアニメ化に関してはいろいろ憶測あるようですが、
最近はすでに終了した作品を拾い上げてアニメ化する傾向があるようです。
終わっていると再構築して見やすくすることもできますしね(^-^)
ハンターについては気長に待ちます(笑)
Commented by かむい子 at 2011-02-13 19:51 x
改めて原作を読んでますがなかなか哲学的?で難しい場面も
あるんですよね。。。。
私としては王子とクラフトさんとのやり取りだけで笑えますが(笑)

狛犬講演会、結局行けませんでした。
駅からタクシーで1時間、豪雪地帯と聞いて
腰が引けてしまいました(泣)
Commented by katuhiro-iyama at 2011-02-14 01:08
トガシ先生の作品はじっくり読ませるというか、
小説的なトリックとか哲学的な部分も多いので、
そこも人気の要因かと思いますね。
自分も今度読み返してみようかなあ。

豪雪地帯…大変ですね^^; お身体のこともありますし、無理せずに。


<< ネット視聴 その後 >>