三国アニメが…


1年間続いた三国志ものアニメが終わってしまいました…よよよ。

★ガンダム三国伝
 返すがえす、これはいい作品だったな。と。
 以前から繰り返し言ってましたが2つの要素の融合っぷりが素晴らしかった!
 三国志の流れをそのままに、しかしキャラを物語に擦り寄らせるのではなく、
 しっかりしたキャラ付けを活かして三国志の物語の中で「役割を演じ」させていく。
 両方の要素とも把握してないとこなせない、かといって荒仕事ではなく
 細かな工夫を凝らしている点が見えて、作品を愛してとても丁寧に作っているんだなあという
 スタッフの皆様の姿勢が見ていて伝わってきました。
 三国志FANから見てもガンダムFANから見ても
 納得の融合っぷりではなかったでしょうか。すごいよなあ。
 必殺技と一緒に文字が出る演出とか熱かったし。純粋に楽しめました!
 1年間この作品と付き合えて本当に良かった。スタッフの皆様に感謝です。

 個人的に4話くらいから録画貯めたけど、
 2話分だけ録画できなかったのだけが残念でした…全話保存しときたかった(悔)
 公孫サンがやられる話とかね…ああでもネットで見られて良かった。
 つか公孫サンの兄貴サイコウ~~!呂布カッコよかった~~!!(そこかい(笑))

★最強武将伝三国演義
 結局ラストは本当に「晋」建国までもってっちゃいました。
 三国志大戦でしか聞いたことのなかった、鍾会とかトウガイとかの名前も出てきたし
 蜀がガタガタと崩壊していって…呉もナレーションで滅亡されちゃって(爆)、
 気がついたら魏→晋が席巻していった、という終わり方でした。
 これもまるまる1年付き合って見ましたがここがおもろい!という見方ではなく
 知ってる歴史話をもう1回復習しておく…といった意味合いが強かったです。個人的に。
 淡々と話が進むので…。あとは「この部分をこう見せてきたか!」っていう。
 アレですね、歌舞伎とかで定番話があるけど毎回役者や演出家によって見せ方が違う。
 そこを楽しもうっていう感じ(笑)。
 でも良かったですよ。中国スタッフがメインで製作されてたせいか、
 キャラの動作とか小物とかは本場っぽいし騎馬戦闘や流矢のシーンとか迫真でした。
 アニメでそういう場面が見られるのって今までなかった気がするので、
 その意味ではこの作品見られて得しましたw CGもよく動いてたし。

 録画してもすぐ消してたんですが、何故か南蛮編は3本全部保存しちゃったww
 なんか面白かったんだもん。異色で(笑)
 あ、つぶやきさんとアリキリの石井さん、すっごく演技上手かったです!(^0^)

あ~これで楽しみにしてた歴史ものアニメ終わっちゃったな~。寂しいぜ。
この春は…実はあまりチェックしてません(笑) 銀魂ともしドラくらい?
WEBで見る方が多くなるかなぁ…ニコ動とGYAOをチェックだ!(笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2011-03-29 00:43 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/13263517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 近況 ニホン・ミンナデ >>