未解決…


NHKで放送された、ドキュメンタリードラマ「未解決事件」見ました。
題材はグリコ森永脅迫事件でした。
自分が子どもの頃の事件なのでところどころおぼろげでしたが、
例の似顔絵は強烈に記憶にあるし、テレビでグリコ商品が店頭から消えた、という
場面を大々的に取り上げてたのも覚えがあります。
この事件、11年前に時効をむかえてたんですね。
今だから言える事実…というかたちで
当時の捜査員や捜査本部長とか偉い人たちまで直接インタビューとって、
マスコミ側と警察側、双方のあの頃の動きを振り返る構成でした。
再現ドラマも昭和の雰囲気をアツく現わしていて
なかなか面白かったです。
(最近の再現ドラマって質高いよな~。
画面に映る限り、車とか自販機とか赤電話とか背広とか当時の雰囲気のまま)

再現ドラマや証言部分などを見ていると、
なぜか「踊る大捜査線」が思い浮かびました…。
本庁(警察庁)と所轄のいざこざあったんかなとか県警同士のなわばり意識とか…。
踊るがグリコ森永事件を参考にしてドラマ作ってたんじゃないかなというくらい、
捜査体制の本質を突いてるような気がして(笑)
虚構と現実の区別がつかないかも(爆)
いやいや、現実は現実で捜査員の皆様必死だったんだなと伝わりましたよ。

なんというか、科学捜査技術も進んだし法律で時効もつかなくなったし、
再捜査してほしいかも…という気はしました。
なんか犯人の1人勝ちなのはシャクだなあという気持ち…なんだろうね。

骨のあるドラマ、番組を見て満足でした。よかよか。
(音楽が川井憲次さんだった…うわぉw)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2011-07-30 22:42 | テレビ、芸能 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/14236484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ハンガリーといえば form コクリコ in 横浜 >>