ディープぴーぽー


前にもちらっと書きましたが
NHKの「ディープピープル」という番組に
声優さんが出演されるというので見てみました♪
野沢雅子さん、古谷徹さん、小山力也さんのお三方です(^-^)

トーク内容としては、普段の仕事振り…、
アフレコ時に台本と画面の両方を交互に見やったり
画面の人物のクチに合わせて声をふきこむことに
どのように神経つかっているか、とか
マイクの使い方、とか
同じセリフをシチュエーション変えて言ってみる、とかいろいろ。
「ヒーロー声優」という括りだったので
主役として現場に立つ苦労、気遣いなどの話題もありました。

現場の気遣いというのは声優という職業に限らず
どの職場でもあることだろうけど…
やはり中心になる人が率先して雰囲気作りをするという姿勢が
大事だなあと。それが「声優」というお仕事でも同じなのだなあという印象でした。
…つか、小山さんがしきりに恐縮というか
ちぢこまっておられるのがえらい印象深かったです(笑)
そりゃーねえ…大御所2人に囲まれて
アフレコの苦労話とかできないよねえ…(笑)大変そうでした(^-^;)

今回は、声優という職人気質のお仕事のおおまかな枠組みを
見せていた、という印象。でぃーぷ…?いや、普通だろこれみたいな(爆)
あれ…これディープの枠に入るの…?という個人的感想だったので、
大変申し訳なくも、期待してたようなお話はなかったです(苦笑)
もっとこう…アフレコの裏話とか聞けるかと思った;演技論とか。
(やっぱりまだまだ声優という職業はマイナーなんだなあとしみじみ)

古谷さんが発音のクセのため、差し歯にしたという話は初耳でした…
が、あの方ならやりかねん、という納得な気持ちも(笑)
野沢さんのトークが少ない印象だったのが残念でした…

以前に見た「時代劇の殺陣」について語るディープピープルは面白かったなあ。
取り上げられる職種、ジャンルによって
さまざまな見方ができそうです(^-^)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2011-08-22 23:54 | テレビ、芸能 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/14402789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ひそひそ…(´ω`) そんなこといわれても… >>