あにめにめ


このところ録画が溜まる一方ではふはふな、伊山です(笑)
食事中に見ながらちまちま消費してるんだけど、
最近集中力が切れるのが早くて、2本くらいで飽きてしまう…(爆)

「アイドルマスター」
 真ちゃんかわいいよ真ちゃん(萌)
 男の子のように育てられたおかげで、王子様みたいな容姿の女子アイドル、
 菊池真ちゃんメインの話に萌えますたw
 作画もノリノリで、ニカッと笑う独特の笑顔やぷうっと頬を膨らませたりする
 多彩な表情の表現がすごく良かった。2度ほどハート射抜かれた(笑)
 (表情もかわいいんだが、個人的には声と頭のてっぺんのアホ毛がサイコウ)
 本当にこの作品はキャラを大事にするというか、
 スタッフの総意がまとまっていて、それが随所に感じられるのがすごく良いです。
 脚本も背景も丁寧で、特にセリフでキャラの心情を推察させられるような
 言い方とか演出とかあって、すごく好感がもてます。
 おいらこの作品褒めてばかりだな(笑)
 自分でもなぜここまでアイドルたちに萌えるのか理由が分からない…w
 この萌えの正体は何ぞや!?と思いながらにまにま視聴する日々(笑)


以下、今録りためている作品。
↓↓↓









・HUNETER×HUNTER
 まだ2話(爆) 録画は順調です(笑)HDDって便利だー(まだ言ってる)
 原作のテンポを凝縮してすいすい話がすすんでいく印象。配役はガチですね。
 ただ、原作のちょっと陰のある部分がそこまで表現されてない感じかな。
 日曜朝放送ならいたし方ないんでしょうが…(地元は真夜中なもので)

ガンダムAGE
 まだ3話(爆)
 …ぶっちゃけこの視聴キツいっす(苦笑)
 なんというか、論旨が子ども向けというか…リアリティが足りない気がして。
 ガンダムという作品を期待している人たちはほぼ、
 リアルな世界観、2次元の作品の中に現実的な表現を
 求めて視聴しているかと思うんですが、
 まだこの作品には現実味がうすい感じで…。
 敵の正体が分からない、とか敵のデータを即時応用して対処武器を即席する、とか
 ちょっとこれアリ?みたいな世界観に
 「ガンダム」という固有名詞が浮いてる印象が否めません(苦笑)
 たぶん、企画脚本にゲーム会社のレベルファイブが関わっているため
 視聴年齢層をぐっと下げた設定になっているのかと思うのですが…
 30代にとってはやっぱりちょいとキツいっす(苦笑)

 良い方に考えれば、近年「ガンダム」はリアル志向のオトナが好む作品、
 という枠組みにとらえられてしまっている印象があります。
 ので、このへんで次世代の子どもたちへ向けての「ガンダム」をだして
 今後の世代へも繋げていこう、という意図もあるかもしれません。
 裾野を広げていく企画には異論ありませんが…。
 子どもに媚びすぎるのもよろしくないですしね。難しいところです。

ピングドラムは狂おしいほど美麗な画面に翻弄。
9話だったか?幾原カントクみずからが絵コンテ演出を手がけられた回が
秀逸だったー!TV放送だったら録画しときたかったー!(しがないニコ動視聴)
ナゾの組織の影もちらほらして面白くなってきましたw

そんな感じで。
また長くなってすいません(苦笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2011-11-12 00:38 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/14927065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 徐々に暮れていく風景 雑談 >>