えねえちけえへのエール


こないだの平清盛を見てて思ったことを少し。
つっても、ほとんど言いたい事を
公式サイトで坂東玉三郎さんが仰って下さってますが(笑)

今回の大河ドラマ、視聴率があまりよくないそうです。
先日放送の第7回で14%、初回放送も歴代ワースト3位だったとか。
これを気にしてか、先日の第7回では冒頭に「今日の見どころ」という
ミニコーナーが入りました。前回まではなかったのに。
おそらく、あまり熱心でない視聴者を冒頭で興味をひきつけるようにしたい、
という思惑ゆえの対策かと思われます。勝手な想像ですけど。

これね、NHKさんが視聴率を気にしてるせいかと思うんですよ。
日曜夜8時のゴールデンタイムに視聴率が15%いかなくて(このご時世10%以上取れてるのがすごいけど)
上層部だか誰かが気を揉んで、なんとか視聴者をとりこむ工夫をしろ、とお達しがきて
それで急きょ編集済みの本編映像に手を加えて
冒頭1分のミニ枠もってきたんじゃないかな。
あおりを受けて本編内容が若干編集で削られた印象が残るのですが…。

もしこれが推察通りでNHKの視聴率対策、いわゆる「テコ入れ」だとしたら、
必要ないと言いたいです。
天下の"えねえちけえ"さまが、視聴率ごときに一喜一憂しちゃうなんて。
こちとら50年も歴史ドラマ作ってきたんだ、誰がどんだけ見ようと気にしねぇよ、
そのくらいの気概をもたずにどうします?

そりゃ、歴史というか、積み重ねがあるドラマ枠ですから
過去の視聴率の記録がずっと残っています。wikipedia見たらいっぱつです。
でもね、昔の視聴率との比較はもう意味は無いと思います。
昔と今とじゃ、視聴形態が違うんです。視聴者の質といってもいい。
娯楽がテレビドラマしかなくて、居間のテレビに一極集中で
1つの番組だけを皆で見ていた時代と、
デジタル多チャンネル化、地上波に加えて
NHK-BS、ワンセグ、オンデマンド配信だってある現代。
比較にもなりゃしないです。
忙しくて録画してる人も多いはず。
ワンセグや録画じゃ従来の視聴率計算の対象外でしょ?
部屋にテレビを置いてなくて、ワンセグやPCで大河の配信を見てる人たちも含めると、
報道される数字以上の視聴者がいると思っていいと思います。

確かに無料で放送される地上波ドラマの視聴率が
いちばん世間の動向を把握しやすい数字だと思います。
NHKだって企業ですから視聴率で業績の上下に関係あるでしょう。
それでも、です。
視聴率なんていう数字のマジックには振り回されないでほしい。
大河ドラマスタッフさんには、作りたいものを作りたいように作らせてあげてほしい。
それが、私たち視聴者がいちばん見たいもの、いちばん面白いものだと
我々視聴者がいちばん分かっているから。
今回のテコ入れのように、本編の内容を一部削ってまで
視聴率なんてのを気にしてほしくないです。
削られたと思われる映像を含めて全部、私たちが見たい「大河」です。
どうぞ、振り回されずに我を貫いて、ドラマを作ってください。

こちらとしてもブログ更新とかツイッターつぶやきとかで
応援していきますよ。くちコミの威力はばかにできませんから。
「今年の大河、平清盛は面白い!」
オンオフ問わず、広げていきますよ。
だから、よろしくです。えねえちけえさま。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-02-23 23:04 | テレビ、芸能 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/15477834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 困った時の きよもりっ!7 >>