きよもりっ!9


平清盛9話視聴。

ほんとにジャンプマンガみたいな話だなあ(笑)

今回いちばん萌え(萌えゆーな)たのが、
崇徳帝が無理な身体をおしてのりきよの前に現れた時。
御簾ごしに顔を半分お隠しになって、まなざしだけが
のりきよを見つめる、あの視線たるや!
帝の深い憂いと、それでものりきよの前に出たい、会いたいと思う
気持ちがあのまなざしに全て込められていたと思います。
演じる井浦新さん素晴らしい。いいわ~。
帝、10年以上も連れ添っている奥様にも振られて……
のちに色々あるのもこれらエピソードの積み重ねが効いてくるんだろうな~。
(聞きかじったところによると、崇徳帝はいわゆる日本三大怨霊といわれて
その中でも最恐といわれているそうな…そりゃーあんな寂しい思いされたら祟るわ(苦笑))

ええと、今回きよもりくんに息子が誕生。きよた。おお~きよた!w
小さい我が子を腕に、あふれんばかりの涙を浮かべる姿。
もう「お父さん」なのですね。早っ。(8話で父親か……)
その彼と同じ頃に鳥羽院となり子ちゃんとの間に男の子が誕生。
お祝いの宴席なのに、昼ドラばりのドロドロ大人げない愛憎劇がががが(笑)
そりゃー空気も悪くなって頼長とか「もう帰っていい?」とかヒデェ(爆)
でも。きよもりくんが泣くほど嬉しかった子どもの誕生については
宮廷の誰もが言及しない。てか、喜ぶ姿がみじんもない。
これはいい対比でしたね。自分はきよもりくんにすげー感情移入しました。
ほんとまっすぐでいいキャラだわ。少年漫画向き(笑)

(鳥羽院は鳥羽院で「たま子いじめると愛しさが増すんだ~」ってお前はSかww)

ああ、そうだ忘れちゃいけない新キャラ・雅仁親王。まさひとくん。
みづらを結っているってことは……10代?お子ちゃまなの?( ゚д゚)
でも実際10代の子役にこの役は複雑すぎて任せられんだろうなあ…と思ったこのキャラ。
乳父(になってたいつの間にか)の高階さんいわく、
「歪みがでている」このまさひとくん。いきなり高笑いしたり歌いだしたり。
あげく、きよもりくん宅で「子ども(きよた)を貰い受けよう」とか賭けにするしまつ(爆)

サイコロが10出ないと負ける、と有難くも説明を受けてきよもりくん、
がば、と子どもを庇って土下座。
ここ、きよもりくんの成長が感じられましたね。
最初の頃なら、気合いが入って「よーし」とか言ってた気がするもん。
子ども、護るものができると人って変わるんだなあなんて思ったり。
(しかしきよた、サイコロ運は父親から受け継いだな……!w)

これから長く登場しそうなまさひとくん。
キャラ模様がさらに面白くなってきました♪
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-03-05 21:35 | きよもりっ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/15530750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< あさ6じはん…… みじかく。 >>