アニメいんぷっと


さて少しネタを溜めてしまいましたアニメ感想。
ざざっと。

「Another」
……こ、怖かったよぅぅ(泣)
ラスト前2話がドトーの展開で半泣きでした(´;ω;`)
まあでも落ち着いて振り返ってみれば、
ホラーというよりミステリ寄りの内容で、
小さな伏線から謎を解き明かしていく流れがなかなか面白かったです。
特殊な設定のミステリだと思うんですけどね。
アニメだけでは読み込めなかった謎も残ったので、
原作小説を読んでみたいなと思いました。いつかね。

「しろくまカフェ」
今日から放送開始~。リアルで凹んでいた時に原作コミックをたまたま手にして
作品の雰囲気にとっても癒された経験があるので、
アニメ化は素直に嬉しかったです(*´ω`*)
1話は半分くらいオリジナルの要素入ってましたが、
基本的には原作の空気感というか、割とリアルめな絵柄で人間と動物が共存する、
独特の雰囲気がしっかり表現されていたように思いますので
良い映像化ではないでしょうか~(^0^)動きもよく動いてて良かったですv
特にカフェに迷い込む映像が良かったですね。
背景とキャラの動きを敢えてずらしてスピード感がありながら時が止まったような
表現になっていたように思いました。神秘的な印象。
しかし、それにしてもこの作品声優ゴウカすぎですね(爆笑)
メインどころの3人は櫻井さん、福山じゅんじゅん、神谷浩史さんとか
なにそのCD5枚出せる面子(笑)
加えてラマとか端役に小野D輔さんとかwwwかっこ良すぎて素でフイたwww
そういった人気実力ともに名のある声優陣が
まったりトボけた雰囲気の動物アニメやるわけでこれは人気でそうだなあ(笑)
あ、特筆すべきはOP、EDに使われてる実写映像です!
特にEDのオセロアニメは一見の価値ありです(^0^)

そうそう、土曜日にナディアがデジタルリマスターで再放送!とか。
リアルタイムでは5話くらいからの視聴だったので
初回から見ることにしてますw時々いたたまれなくなりそうだがww
あとは日曜の深夜にNHK地上波で
「へうげもの」が降りてくると聞いたのでそれも楽しみにしてます~☆
この春は急に見たい作品が増えて嬉しい悲鳴w








「るろうに剣心 -新京都編-」
先日レンタルを発見したので、早速視聴してみました。

まずキャラデがリアルになってる。目が小さく表情のつけかたも実写的。
原色ではない淡い色身で描かれてるので、15年前のTVアニメの
原色ばきばきクッキリアニメ彩色の感覚で視聴するとちょっとビックリするかもw
話は京都編の出だしから。ただし主役は操ちゃんになってました。
忍びの女の子が敬愛する蒼紫を探して、行方を知る手がかりである緋村を追う…という感じ。
操ちゃんから見た緋村への目線が、視聴者という傍観者の目線とリンクする印象で、
いい改変だなと思ったり(エラソウですいません)。

画面づくり、キャラデからして現代風に色々アレンジされてますが、
自分が見て1番特徴的な変更だなと思ったのが 戦闘シーン!
突撃する敵を避けて、背中に峰打ちを1発、倒れかかる敵の側面に回りこみ、
腕に刀傷を負わせる、血が噴出す。
この一連の動作をカット割りなしに1シーンでひとつの流れとして見せていました。
これね、あまりに自然な流れでビックリしたんですよ。
目の前でさらさらっと動いてキャラが血流して倒れていくから、いいの?って(^-^;)
たぶん実写を目指した結果こうなったと思うんです。
人間の動きをリアルに描写していったら戦闘シーンにこだわらなくなったのかなと。
さらっと戦闘シーンが終わっていくのでテンポはめっちゃ早いです。
逆に言うと、コミックのるろ剣ってバトルシーンに重点を置いていたんだな、
ということがよく分かりました(笑)
敵に1撃与えるまでに8Pくらいつかうでしょ(笑)
視点の切り替え、目線の違いというのは
こういう場面に現れるんだなあと目からうろこが落ちた思いでした。
(そう考えると、るろ剣の面白さはやはりバトルシーンにあったんだな、としみじみ)

今回は前編で、緋村に復讐を誓う蒼紫が情報を聞き出そうとして
京都お庭番の翁に致命傷を負わせるところで終わり。
あと、江戸から薫さんと弥彦が京都で剣心と再会するシーン、
左之介が斉藤一のとこにとっつかまったところまでが並行して描かれました。
あの、声ね。メインキャストはほぼ旧作通りの配役でした!感激。
志士雄も由美ねえさんも普段声優されてないキャストさんでも当時と一緒。
びっくりしましたw すごく嬉しかったです~v
(ただ、テンポ良すぎて全てを喋ろうとした分セリフ量がハンパなかった…(苦笑))
ちなみに斉藤一の声は成田剣さん。めっちゃ声近い!違和感ない。

志士雄と由美ねえさんのアダルティな描写も加わって(笑)、
全体的に実写的な、リアリティある作品に生まれ変わってました。
地に足つけたるろ剣世界を目指すとこうなるのかな~って感じですw
視聴者の興味というか動向が、リアル路線に傾いているせいかと思うんですが
原作コミックのような「バーチャル明治」がるろ剣の面白さの1つだったと思うので
そこはもう方向性の違いとしてみるほうがいいんだろうな~とも思いますw
(テンポの速さも現代風なんだろうなあ)

しかし生まれ変わったるろ剣京都編、面白いのは確かなので
後編も楽しみに見ようと思いますw
個人的には蒼紫vs剣心なんですが、この作風だとさらっと流されるかなw
志士雄との決着シーンとかも楽しみですね。技とかどう描かれるだろうか。

そんなかんじで。
長すぎてすいません(苦笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-04-05 22:32 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/15679445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< きよもりっ!13 岩屋城 >>