きよもりっ! 15


平清盛15話視聴。

THE・兄弟。

平家と摂関家、天皇家とそれぞれの兄弟の姿が見られました。
(この脚本家さんの得意分野だからなのかなあ)

平家は前回心労がたたって落馬し、死去した家盛くんの騒動。
叔父さんがいつも以上に「お前が代わりにしねば良かったのだー」とか言い出したりして
きよもりくんまた凹む。
(そこに異母弟の頼盛くんが「好き勝手やってるくせにすぐ凹むんだからイヤなんだよ」
ってズバリと斬ってくれたのが良かった(笑))

しまいには高野山の仏塔建設の大きな仕事を投げ出そうとする始末(爆)
だけど、元のりきよである西行の励ましを受けて
自分なりにいえもりくんを供養する気持ちで 曼荼羅を納めようとします。
……ちょっとお父ちゃんとケンカしてアタマから出血したけどね!!(爆)
その出血のまま曼荼羅に筆入れちゃったけどね!!ww
(見ながら「ぎゃーあんなキレイな曼荼羅に血が!血がぁぁ」と
ハラハラしてたのですが、紀行の解説によると本当に血を入れた伝説があるとか;)
いやー、血の曼荼羅にお父ちゃんのケンカを組み合わせてくるとは(笑)

どうでもいいけど、OPクレジットに「仏像彫り指導、曼荼羅指導」
って役職があったのにはもう呆れるやら清清しいやら(笑)

摂関家の兄弟は摂政の座を明け渡さない弟に兄がイライラ。
(それぞれ養子をとってまで娘を近衛帝に嫁がせるとかどんだけ必死だよ(笑))
天皇家の異母兄弟、まさひと親王と崇徳上皇は話が通じない(爆)
(まさひと、出てきたと思ったら歌うわ笑うわ( ゚∀゚)アハハハ)
あと、忠盛パパの弟である忠正叔父は…この兄弟解説すると長そうだw
(忠正叔父はすんごく忠盛にーちゃんのこと好きなんだと思う)

兄弟の描かれ方は三者三様。でも登場人物個々の特徴が出てて、すごく面白いです。
こういう人間関係の描き方難しいだろうけど、
なぜか脚本家さんは楽しんで描いてるんだろうなーって思えて楽しい。

実は案外、藤原頼長くんっておしゃべりだよねって(笑)
悪いことが許せないまっすぐくんだからか、秘密は黙っておけないタチらしい(笑)
「私がいえもりくんを唆したんだよーすごいでしょ」って忠盛パパに言うかなww
(そんで横に控えた別の愛人?くんに「やきもちやかないでーよちよち」とかw)
藤原頼長くんの愛すべきキャラ性が見えた場面でしたww

久々に出てきたのりきよ、西行ときよもりくん、あと盛国を交えた場面が良かったw
セリフは少なくても動きでどんなことを考えてるか分かったので。
のりきよ…お前ほんと和歌が好きやな(笑)あと美しいもん好き(笑)

それにしても次回ついに忠盛パパがいなくなるとは……あぁぁ(´д`)
忠盛パパの、きよもりへの愛情ぶりが見ててすごく伝わってたので
パパがいなくなっちゃうのが寂しいです。中井貴一氏かっこいい!
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-04-15 21:27 | きよもりっ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/15727843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ちゃいなGP 4月ですね >>