きよもりっ!25


平清盛25話視聴。いやーもう25話か。早いね。

今回は回想シーン多めで平家と源氏の因縁を描いてた感じでしたね。
特に、鬼武者 もとい、源頼朝が清盛と初対面するシーン。
ここは文献資料が残っているのかな?日付とかしっかりしてた。
いきなり清盛が「強いのは平氏じゃ 弱い子は要らん!」みたいなこと言いだして
頼朝くんが「キィッ」ってなったけど清盛は「ニィッ(´盆`*)」と笑ってみせた。
最初の印象頼朝くんでなくともなんで笑うの?って感じでしたけど
若いころのよしともくんに言われたセリフをほぼそのまま返しちゃったんだねー
清盛、けっこうお茶目さんw
てか、前回のお茶飲んでにっこりといい、松ケン演じる清盛は
目がくりっとしてることもあってお茶目さんな部分も持ってる、
清濁併せ呑むオトナな人物に見える感じがします。
ちょっと前まですぐ反発する中二病ぽい人だったのにね~(笑)(言うてやるなや)
そこを表現していたからこその、今のどっしりした清盛に見えるんだろうなって
思います。かっちょいいぞ。

一方のよしともは、由良さん亡くなって冠位ももらえなくてがっくり凹み状態。
背中に哀愁ただよってたよ…すごいよ。
でも、信西憎しの藤原信頼からそそのかされ……っていう展開が、もうね、
なんというかお父さんの為義さんの道みたいで(泣)
「親子」をこういう描き方するかね…ほんと感服します。

それにしても藤原信頼役のドランクドラゴンの塚地さん!すごいねハマってます(笑)
たしか映画で主演もされたことあるはず。演技は全然違和感ない。
むしろああいうキャラが画面にいると人物相関が新鮮で飽きないや(笑)
束帯の所作とか難しいでしょうけど…最初「面白くないのう」「お言葉をたまわる」しか
セリフなかったのに今回たくさん喋って大変だっただろうなあ(^-^;)
この配役意欲的でいいですよね~。

それにしても信西と清盛とで「宋へ行くぞ」の約束がこんなところで
活きてこようとは……。なのに、その夢が眼前に迫った時に信西が。
こういう、主人公に希望を持たせておいて実は、みたいな展開、
史実バレがあってもハラハラしますね~。面白いっす。
(床に置かれた算術用?の棒がガタガタいいはじめた時、地震か?って思っちゃった)

次は平治の乱みたいですね。こうやって血肉の通った人間たちが
動いてうねったことで教科書の年表が作られていくんだなって
実感として伝わってくる感じがして、このドラマ本当に「大河」だなーって思います…。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-06-26 23:15 | きよもりっ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/16148503
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 歴史ワイドショー リアル・アイドルマスター >>