ごぶさたアニメ感想


ひさしぶりのアニメ感想カテゴリでっす。
一度録画溜めちゃうとなかなか見なくなるよね……(苦笑)
先日の休みにまとめて視聴。

坂道のアポロン
やっと最終話まで見れた……放送終わったの6月だよ(苦笑)
ええと、ハッピーエンドでよかったなと(^-^)
昭和40年代ごろの地方都市の風景なんてそうそう資料残ってないでしょうに
背景がほぼ当時のままらしくて、スタッフさんの努力を思いました。お見事。
自分としてはイチバンの見所は最終回のセッションシーンだったかな。
子どもたちが徐々にノリノリになっていく感じが、
音楽の基礎みたいな、「音を楽しむ」純粋な空気を感じてとても良かったです。
九州人としては全編でつかわれる九州弁がとても耳なじみがあって
そこも良かった。だいぶ標準語に近づけてたけども(笑)
同じ九州といっても佐世保と福岡ではまた語尾とか違うんだよなあ。佐世保優しい感じ。
…あと……全体的にどーぅしてもBLぽく見えてしまったのだが……(苦笑)まあいいか。

もやしもんリターンズ
アポロンの枠で7月から開始!この夏のいちおし作品w
前回以上に原作をてーいねいにアニメ化している印象です。セリフとかほぼ改変なし。
原作よりテンポがゆっくりかな?その分キャラの心情がきっちり追えてる感じなんで
原作より見やすいかもしれない(笑)菌たちカワイイしねvv
1つ残念なのは、蛍くんの衣装のフリフリがかなり省略されてること(笑)
いや、原作レベルが高すぎるのは認識してますww

へうげもの
毎回サブタイトルがぶっとんでるんだがこれでいいのか?(笑)
(非情のライセンスとかマウントフジハイウェイとかw)
古田佐助が戦場で不恰好に立ち回りつつも、秀吉への畏怖を感じて愕然とするシーン、
良かったです。戦国時代のリアリティある戦闘シーンを見た気がして。
あと、信長に仕えてた弥助って異国人をここまでしっかり描く作品ってのは珍しいかもw
信長のおかしな兜とか、ハートマークとか突っ込みどころは色々あるけどもww
(千利休の背の高さもキニナル。)
ああ、これ何げに声優ゴーカなんですよね!
特に家康の声が、去年放送してた三国演義で曹操をされてた役者さんだったり。
違和感ぜんぜんないや~すごいな。

他にはワンピ、リマスターナディア、H×Hとか。
H×Hは金かけてるアニメ作品っていいなーって思います(笑)
Vap作品はお金かかってる印象。蒼天航路とか。
ナディアは視聴者側が年をとれば、また違った見方ができるんだなあと実感中。
もう自分はグランディスさん飛び越してネモ船長に感情移入してしまって……自己嫌悪(爆)
いやいや、視聴者がいくつになっても新鮮な見方ができるっていうのは
普遍的な作品だって証左ですもんね。
このアニメをよく理解できないながらもナディアと同年代のころに見てた自分、すごいな。
一生の宝物だと思いました(^-^)
ワンピは流し見をしようとしてもどうしても作画と演出に注目してしまう。
細かいカット割りでドン、ドン、ドン、と畳み掛けるように盛り上げる演出がさすが。
東映アニメの実力が分かりたかったらこれとプリキュアを見ろ、って感じです(笑)
(プリキュアは未視聴だけど)

とりとめなくこんな感じで。ちょっと眠いんで日本語おかしかったらスイマセン(爆)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-08-04 23:06 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/16568169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< オメガ18話 きよもりっ!30 >>