ドラマ大奥


この秋の新番組、よしながふみ原作のドラマ「大奥~誕生編~」を見ました。
1話からこれは原作の再現度がすごいなと思ってたんですが、
2話が…これがまたすごかった。

大奥でいわば囚われの身となった有功(ありこと)が
己の身を嘆くシーンの材料として「夢」のシーンが加えられていました。
これねえ、直前の「論語」のシーンを踏まえて
真っ青な空に雲がぽっかり浮かんですごく印象的な画面になってたんですよね。
こういう、作品の世界観を壊さずに、かえってキャラ像を深めてくれる
改変というか付け加えをしてくれると
原作FANとしては嬉しい…というか、スタッフやってくれるな!って感じがして
素直に感嘆しますね。ありがたや。
それに今思ったんだけど、元高僧の人が今までのことは悪い夢やったんやーって
一般人が夢想するような敷居の低いシーンにしてくれたことで
共感もしやすくなってとてもいい演出だったんじゃないでしょうか。うむむ。
(1話でとても高潔なところを見せたお坊さんでも、
囚われの身は悪夢と思ってるし何も考えたくないくらいイヤなんだ…と理解しやすい)

ああ、ホメ言葉しかでてこないや(笑)
主演の堺雅人さんがすごいんですよ~宮崎ご出身なのに京の公家言葉がなめらか!w
個人的に、堺さんの京都なまりだけでゴハン2杯いけますww萌え!ww
この京コトバだけでもこのドラマ見る価値あると断言できる!ww
オススメです!是非(笑)

こまったな…このドラマ見た後かならず原作コミックスも読み返したくなる……
そのくらい、再現度というか一体感がすごいです。このドラマ。
設定考証も3人の担当がついてしっかりしてます。
奇抜な設定と食わずキライするのは勿体ないです。
ぜひぜひ堺さんの京コトバに魅了されてくださいw ←そこか
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-10-19 23:18 | テレビ、芸能 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/17022209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 私事ですが ぼちぼち >>