きよもりっ!47


平清盛47話視聴。

ただきよ、命をかけた諫言、でございました。
この方だーいぶ初期のころから家人としておつかえしてるけども
ここまで長セリフを話したのは初めてだったかも。
清盛の功績、足跡を浪々と並び立てたうえで、
「今の平家はもう武門ではありませぬ!殿はもう武士ではありませぬっ!」
と言い切ってしまうのには、どんなにか勇気が要ったことか。
もう斬られる命だから、と開き直って諫言できたのかもしれませんが、
もしかしたらちょっとだけ、こうして自分の首を差し出して斬らせることで
少しでも忠正叔父を処刑した時のことを思い出してほしいと願っていたんじゃないかと
今書きながらふと思いました。
(少なくとも視聴者は清盛が剣を振り上げた時に忠正叔父を思い出したと思う……)

振り上げた剣に振り回されて転倒。剣はサビサビ。
だけど清盛の脳裏によみがえる父の言葉、父への尊敬。
「ココロの軸」。
ワタシ個人的にこの言葉が好きで、清盛はいつからこの「軸」を見失って
しまったんだろうと寂しく思ってたんですが、
今回ちゃんと清盛が思い出してくれてちょっと嬉しかったです。
てか、今まで脚本忘れてたかのように触れてなかったな…この時のためか。ずるいな(笑)
(よしともとの回想シーン後、ちょっと清盛の口の端があがってて
なんか萌えました…(笑)いやージャンプマンガっぽかったよねあの頃。)

久々に鎧甲冑がしゃがしゃの戦闘シーンがありましたが、(伊東佑親まだいたのね…)
やっぱり大兜かぶると誰か分からない(笑)
それに平家のボンボンたちは生まれた時から公家みたいな生活をしてたから
いざ戦となると勝手が全然分からない。
(清盛はその辺が分からなかった。なんか、裸一貫でのし上がった大企業の会長が
孫に譲ったが現代の世相に疎くて人事見誤る、みたいな(爆))
それにしても最前線に遊女をもってくるなんて、ほんと当時のお家柄がうかがえますね(苦笑)
水鳥の羽音に驚いて、というのは覚えがあるなあと思ったら
国語の教科書に載ってました。平家物語の一部だったんですね(今更)。
ちょっとだけ残念だったのは、戦闘シーンの規模が狭く感じられたこと……。
木々のセットとかで大分凝ってましたが、なんとなくそのあたり、
組!終盤のセット録りばかりだったのを連想させました…(苦笑)大河のお約束なのか?w

頼朝と義経の再会、良かったですねvいきなり弟です、九郎ですって言われても
ピンとこんだろう(笑)せめてこのドラマでだけでも仲良くして欲しいものです(^-^;)

終わり方が…ええ~ここで続くの~!?(>д<)ってめっちゃ気になる引きだったので
次回もどんな話になるか楽しみっす! …ああ…あと3回か…(泣)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-12-02 23:55 | きよもりっ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/17346288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< オメガ35話 (・ω・)まふ >>