きよもりっ!48


平清盛48話視聴。清盛見て涙でたの初めてだ……。

このドラマずっと見続けてきて良かったと思いました今回。
清盛の回想でたくさん過去場面がでてきて、
それが全部どの場面か分かったから。
宗盛がおいたをした告白も全部覚えてたし
忠正叔父を斬る場面もよしともが斬れなかった場面も、
武士の世をつくると公言したシーンも鳥羽院のエア矢のシーンも
全部覚えてた。記憶の引き出しからすぐ出てきた。
これってすごいと思いました。捨てエピソードなんてないんだと分かったから。
このドラマは本当に、「平清盛の人生」を描くドラマなんだなと
ものすごくストンと腑に落ちました。
…人生を振り返る回想が入ると最終回が近いなあと実感させられる。大河ドラマあるある。

清盛自らがどこで武士の世をつくるのがずれちゃったんだろうと
しみじみ考え込んでいる「静」の清盛になっちゃったのが
ひしひしと「老い」を感じて切なかったですね……。
あの、時子さんから「何を考えておられますか」と聞かれたのを反転するように
政子さんが頼朝に「何を考えておられますか」と問うシーンは
やられたーと思いましたwそうなんだよこのドラマそういうシーン多かったんだよ…
そう考えると、頼朝が清盛の対比、反転する鏡のような存在になったと
明確にされたなーと思えてしみじみしました。
…頼朝、妄想でエア矢当たっちゃうとかどんだけですかね(苦笑)
てか、そういうシーンで頼朝に自らの責務というか、役割を自覚させるとか
すごい脚本ですよね。ブーメラン脚本とか聞きますけど。
人の運命が巡り巡って流れていく…そういうことかなと思ったり。

ほんと、この脚本すごいなと思ったのが、
弁慶に清盛を語らせる役割をもってきたこと……!
弁慶、これまであちこちになぜかぽこぽこ出没してきて、
なんで後の弁慶がここに??って不思議に思ったのがしばしばだったけど
それがここにきて、頼朝に清盛の姿を語らせるためだった という……!
ここが分かった瞬間、なんでかワタシ涙でました(´ω`)
人物の役割が分かったカタルシス、というんでしょうか。キャラの伏線ともいうのか。
心底、このドラマの脚本の底知れなさ、恐ろしさが身に沁みました……!(震撼)
あ、褒めてますよ当然です。

それにしても東大寺焼いたことを聞いて重衝を褒めたという話を
清盛に苦渋の表情で言わせる…というのはものすごいですね。
重衝、意気揚々と帰ってきて、めっちゃ空気読めてなかった(笑)
でも大仏焼いちゃったらダメだろう……しかも、聖武天皇のバチあたり保障つきだぞ(爆)
後世、重衝が稀代の大うつけ者だという評価を受けてる理由が分かりました(苦笑)

次回のサブタイが……もう、最終回が近いんだなと思えて
なんだかまたホロリと(つД`)
どう終わるんだろうなあ。自分の中ではこうなるんじゃないかみたいな
希望(妄想)はあったりするけど。うう~。

あ!来週は 19:10から放送!! 忘れない!!ヽ(`д´)ノ
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-12-09 22:09 | きよもりっ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/17392971
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 日本からF1がなくなる日? 見てるあにめ >>