きよもりがたり


平清盛最終話見終えたところでまだまだまだ、各キャラについて
語り足りないところがある(笑)ので、思うままつらつらと。

頼盛……最後まで血を残した彼。異母兄・清盛は全て分かっていて
 彼に「血を残せ」と言ってくれたような気がします。
 文章などで頼盛の生涯を追った時、たぶん「平家を裏切った奴」
 という評価になると思うんですけど、そこをこの作品では
 「忠盛父の血を、生粋の平家の血を残した意味で、平家と一蓮托生」した存在、
 と描いたんですね…すごいわ。ほんと。
 あの、最終話で頼朝に裏切り者といわれていいのかと問われた時の
 ニィ、というか、フゥ、というか、なんかそういう年齢を重ねた男性の笑い方に
 なってたのをみて、演じる西島くん若いのにすごいなと……とても惹かれました。

後白河……頼朝とのスゴロクは面白くなかったご様子。
 てか、清盛大好きだったんだなと(笑)どんだけやねんw
 あの、この人が遊びをせんとや、を歌う声がすごく好きで……!
 音もはずしてないし、ほんと松田翔太さんの歌声かなり好みなんですけどw
 何度も言ってますがこの歌でCDだしませんかね?アーティスト・後白河法皇で(笑)

宗盛……最終話で清盛に名前を呼ばれて映った時、ボロ泣きでしたね!><
 あれは演じる石黒くんのガチ泣きだったと信じたい。
 そういや昔、教科書で平家物語読んだ時、沈まず泳いでいたくだりでプッと
 笑った記憶がよみがえった……あれ宗ちゃんだったのね(泣笑)

経盛……遺言のシーンで清盛が立ち上がったカットの時
 そっと涙をぬぐっていた姿が見えて、ああ彼らしいなと萌えました(何故)
 映ってないとこでも表情変えたりうんうんうなづいてる彼がすごく良かったw
 エンディングの一門でも彼がラストカットだったしステルスじゃなかったのが嬉しいww
 教盛と確かヒモか何かでカラダを縛り付けて入水したんでしたっけ。
 そこから兄弟造形したとしたらものすごいぞ。うん。

教盛……すいません、壇ノ浦のシーンで時子さんたちに報告に入った武将を
 この人と勘違いしてました(汗)知盛さま、と呼ばれてたのにね。てへ;
 個人的に演じる鈴之助さんは別番組(戦国鍋)で知ってて、でも無名だから
 大河に出れただけすごい、きっと途中でひっそり居なくなるんだろうなーと
 勝手に思ってたから、最後まで、ほんとに最後まで出られてすっごく嬉しかったです!
 良かったねよかったね(感涙)

時子……ぶっちゃけると、演じるフカダさんてあまり好きじゃなかったんです(汗)
 でもでも、このドラマでかなり好感度上がりましたw時子さんのたたずまい良かったです。
 それに入水直前のシーンがすごく美しくて……白髪交じりの尼髪ってシルエットがいい。
 エンディングで清盛目線がいちばん長く時子さんの前にいたのが良かったな~
 この夫婦はなんというか、ごくごく普通の夫婦というか……語り合う場面多かったですよね。
 夫婦描写が多かったのがこのドラマの特徴の1つかなと思っています。

盛国……あああこの人ほんとうに最後まで「盛国」だったなあ!!
 スズキ丸、と呼びかけられるシーンは案外想定内というかありえる感じだったので
 自分としては萌えなかったんですけど(オイシイシーンでしたが)
 エンディングで「との」って呼びかけた口元がですね……愛だなと!w
 てか、清盛が臨終にどう、と倒れた時でも表情まったく変わってなかったですよね。
 盛国は清盛の死さえ受け入れたのだなあ…としみじみしました。うろたえなかったよね。
 あの、本編中ずっと気になってたんですけど
 清盛のセリフとか他の人がしゃべってるのにも関わらず、
 合間あいまにどっか必ず盛国のUPが挿し込まれてましたよね…あれ誰の判断なんだろう。
 脚本にでもずっと書かれてたのかな?「盛国が見つめている」とか。
 それが毎回ってのもすごいと思うんで、各話の監督さんの判断かな?とも思ったんですが
 監督さん全員に統一してることになるし…。
 そしたらプロデューサーの磯Pさんの指示かな?とか…。うーん。
 この作品における盛国の位置ってかなり重要視されてたことが
 あのカット挿入でも分かる気がします。
 ああ、それにしても清盛との主従、見事だったよ!素晴らしいよ盛国!

清盛……ワタシ、このドラマで1番好きなのが実は清盛だったりします(笑)
 正しく主人公推しでした(笑)なので、45話くらいまでのブラック清盛は
 正直ついていけなくて困惑していた……。源氏寄りになってたもんね。
 (でもきっとそこも脚本家には織り込み済みで、見事に操られてたのだろう……)
 どんどん老けていく清盛に驚愕と終末への切なさを感じながら眺めていました。
 このドラマは清盛の行動の理由を視聴者にゆだねるというか、
 本人や周りのキャラに語らせなかったので、余計人間らしさを感じた気がします。
 演じた松ケンさんには心の底からお疲れ様を。
 清盛を取り込んだことできっとご本人の中でいろいろ広がったと思うので、
 今後のさらなる飛躍、新たな松ケンさんを見られることを楽しみにしています。

最終話の1つ前で、自分なりに思う最終回があるんだけどーと書いた覚えがあるけど
実は清盛が死んだあと幽霊になって清盛目線で壇ノ浦を描くんじゃないかなーと
考えていました(笑)w 当たらずとも遠からず?(笑)3割くらい当たったか?w
壇ノ浦まで描くと聞いてたのでそういう予想でしたが
思ったより壇ノ浦の描写があっさりめだったのでそこは残念……、いや
清盛もう死んでるからそれでいいのか。主役はあくまで清盛。うん。

長々と語ってしまいました(汗)
やっぱり平清盛はいいなと。見終わって、いいドラマ見たーって心底から思いましたv
組!ほどではなかったけど、自分の中で印象に残る大河になったことは間違いないです。
素晴らしい作品を作っていただいたスタッフの皆さまには
心から尊敬とねぎらいの言葉をささげたいですv
お疲れ様でした!!そしてどうも有難うございました!!
[PR]
by katuhiro-iyama | 2012-12-27 23:22 | きよもりっ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/17519085
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 今年もお世話になりました オメガ38話 >>