オメガ43話


聖闘士星矢オメガ43話です。
今回は脚本が大和屋さんでセリフ回しとかに期待あったんですが
作監があまり……な印象で(苦笑)、でも作画スタッフの中に
動きがいい話によく見かける方(山口泰弘さん)がいらしたので
期待していいかな、という感じでした。エラソウでいつもスイマセン(汗)
てか、オメガ見始めてから、映像は結局演出絵コンテなのではないかと
思うようになってきました。魅せ方って大事だよね。

前フリはいいとして(笑)、地球が闇に包まれるまで あと2時間10分!
移動に時間かけすぎなんじゃね?w
(どうでもいいけど「双魚宮」って発音は難しいのかな?ちょっともつれる印象)

双魚宮の外観。
d0025055_2342553.jpg
なんだろう、ウロコ?
内部はこんな感じ↓……シュミ悪くね?(爆)
d0025055_23433060.jpg
でも美術スタッフの意欲作だと思います!


ともあれ、青銅全員集合して足を踏み入れた双魚宮ですが、
指パッチンと共に現れたのは
d0025055_23441415.jpg
 「ようこそ、若き聖闘士諸君。私はピスケスのアモール。
貴方達の幕を下ろす存在です。」
「よろしく。(ニッコリ)」
d0025055_2347212.jpg
(ちょー石田彰声!素晴らしく石田声っぽいキャラ登場だー!(偏見ww))









さて、このアモールどうやら「劇場型」らしくて
幕を上げる、とか観客は、とか、「舞台」を意識した言い回しが多い。
そのせいか、見物や傍観を通り越して"上から見下ろす"発言が多いキャラになってます。
アモールが「さあ、舞台を始めましょう」の言葉と共に
「サイレント・ウォーター」というまあクリスタルウォールの水版みたいな技をだして
その場を分断してしまう。コウガ&ユナ:龍峰&ハルト&ソウマ。
一応、ハルトが「水属性の技なら土属性だ!」とかいって技出すけど効果ナシ。
ってかまだ属性の話題出してんだwもうガン無視だったじゃないですかw(爆)

そしてクルッとコウガの方を向いたアモール、
「貴方には傍観者になってもらいます」と言うやいなや、
闇の小宇宙を燃やして「アレステッド・ジャッジメント!」という赤い槍を何本も放つ技を!
枷に捕らえられるコウガ。
d0025055_235908.jpg


コウガは抗おうとするんだけど全く効果なし。
そのスキに、何故かアモールはユナさんに手をだしてきた(笑)
d0025055_05294.jpg
「私と共にマルス様の造る新天地で、パートナーに……。」
(ロリコンか!ww)

淑女とか言われてちょっとドキッとするユナさんのようでしたが、即お断り。
初めてフラレてしまいましたとか言いつつ、アモールは飄々と、
「では、お膳立てをしないとね。この物語の最終章を始めましょう」
構えると
「蘇れ、軍神たちよ!!」 
d0025055_0114232.jpg
 ばばーん!!(爆)

(バッカス、ロムルス、ウェルカーヌス、ディアーナ、らしいけどまあ覚えなくていいです(笑))
デザインがさ……特撮番組のかぶり物のような……(苦笑)

まあいいや。「マルス四天王」なんて通り名があるようですが
(車田作品において四天王なんて呼び名が出てくる場合ほぼ踏み台…雑魚扱いになる運命なんだぜ)
どうやら過去のマルス戦において伝説の聖闘士たちと戦ったとかアオリ文句が出てくる。
d0025055_22435628.jpg
伝説の青銅聖闘士たち!(兄さ~ん!兄さんいったいいつ出てくるの??)

結局アテナが介入して傷を負わせ、封印したとか。
(アテナの聖衣懐かしいな~露出度3%)
d0025055_2247943.jpg

アモール「長き眠りについていたがその個々の実力は黄金聖闘士をしのぐ!
 さあマルス四天王よ、積年の恨み今こそ晴らす時!」

こってこてのベタな煽り文句ですね(笑)いいぞ大和屋脚本。

とりあえず四天王、4大エレメント(火、地、風、水)の属性持ちみたいで
それなりに強いです。訳分からん強さってやつ(笑)
そしてアモールは満足げにコウガを見やる。
「芝居の幕を開きましょう。タイトルは……、そう『光と影の選択』。」
要するに彼の言いたいことは、
★赤い槍の拘束は「闇の小宇宙」でないと解けない
★闇に落ちないという誓いをかたくなに守ってこのまま仲間を見殺しにするか、
 闇に身をゆだねて枷を外し仲間を助けに行くか。
この選択を見守るのが彼のいう「舞台」なんだそうです。ふうん。

(ユナさんが見かねて阻止しようとするけど、アモールってば彼女の脚をわしづかみにして
「好みの脚だ……」とか撫で回そうとする変態プレイも披露ww
ユナさんでなくてもこれはキモイ(笑))


手も足も出ないコウガ。ユナさんも思いのまま。
「ははは、いい眺めだ!」
d0025055_2301580.jpg
 (シューマッハだ!このポーズいつだったかのシューマッハだ!ww)

…しかしアモールは案外姉上(メディア)の真意を知らないようです。
コウガの闇の小宇宙を高めさせてマルスの支配を強固なものにする、って説明を
あっさり聞き入れてるみたい。伏線かな?

オレたちを信じろ、と戦いながら傷ついていく龍峰・ソウマ・ハルト。
ユナさんも抵抗のすえとうとうキレたアモールに腹を打たれる! 
d0025055_23252359.jpg
(さすがに女の子にこれはないんじゃないかな~…(汗)) 

ここから作画レベルが一変。
倒れたユナになおもトドメを刺そうとするアモール。手にはアリアを貫いたような赤い槍。
(ハッとするコウガの表情が良かった)
さあ、とコウガに選択を迫ります。
「闇という自らの可能性を受け入れず仲間を見捨てる、それでいいんですか?」
言ってること滅茶苦茶やがな……(-ω-;)
……苦悩するコウガ。
「オレはもう闇に身をゆだねないと決めたんだ、沙織さん、アリア、ユナ、仲間たち……
 だけど!!

かっ、と見開かれるコウガの目、同時に放たれるアモールの矢!
ユナさんが刺し貫かれる、その瞬間。
d0025055_23331859.jpg
!!


闇の小宇宙をもって枷を脱出したコウガ。満足げにほくそ笑むアモール。
「ペガサス……忘れるな、自らの意志で闇を選んだことを……!」
つづく!!


魚座アモールの独壇場、といった回でした。いや、石田さん独壇場か?w
今回美術が良かったかな~。四天王と戦っていた場所が宮の中なのに異空間になってて
背景がまったく異なってたのが面白かったです。
(人物と合わなくてちょっと浮いてるかな~って気もしなくもなかった)
ただ、戦闘シーンやアモールの陰湿さを表現するのに演出を工夫しようとしている印象は
あったんですが、動きがぎこちなかったり間延びしてたりで
思ったより工夫が伝わってないんじゃないかな…と思える箇所がいくつもありました。
作画動画が絵コンテ演出どおり描ききれないと惜しい、という(汗)
なんというか……映像って難しいですよね(汗)

そろそろ大詰めの次回ですがエデン追いついた??
正直予告映像は必殺技のバンクばかりで(それぞれ新技登場?)
どんな内容になるか皆目見当つかないんですが(苦笑)、
最後まで見届けたいと思いまっす。

うぉぉ~~馬越さん、カンバーック!!!ww(心の叫び)

あ、公式サイト人気投票やってる。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2013-02-05 23:50 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/17764571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 流行 にがつ >>