オメガ44話


聖闘士星矢オメガももう44話!早いね~。あと何話?
今回は脚本こそおなじみの村山功氏だったけれども
作画陣はお見かけしないお名前が多く(松永晃氏は昔ビバップに参加されてた?)、
作監はなんと、しんぼたくろう氏!あれ~この方ロボットメインかと思ってた!
しんぼ氏はGガンやAGEはじめ、ガンダムなどメカもの作品に多く参加されている
超ベテランアニメーターさんですw
終盤にも関わらずこんな大物が参加してくれるオメガ、裾野が広いですねw

地球が闇に包まれるまで あと1時間30分! ひょえ~

前回、腹に打ち込まれたはずのユナさんですが無事復活(?)。
ベテランしんぼ氏の作監、さすが絵がアニメ慣れしております。
ユナさんレベル高~
d0025055_23484097.jpg
龍峰くんも安心のこのレベル(何)。
d0025055_23485967.jpg
(瞬ちゃんの面影を見たのはいつ以来か…) 

ユナさんが心配するのは、闇の小宇宙に目覚めさせられたコウガが、
そのまま闇に取り込まれてしまうこと。
だけどそこは主人公、かろうじて自我を保ちつつ、
アモールが造った境界線を破って仲間たちを助けに行こうとしてくれました。
強力な闇の小宇宙を燃やして、四天王のひとりを一撃で撃破!( ゚д゚)

落胆するそぶりも見せないアモールさん。
「セブンセンシズに目覚めたならば闇も制御できるということですか…。
 仕方ないですね、さあ自ら選んだ道に戻りましょうペガサス」

言うとちょいっと黒い小宇宙で刺激させただけで、コウガが苦しみだしてしまう。
制御できないくらいの闇の小宇宙を注がれたようです。
他の青銅3人が、コウガを止めないと…と近づこうとしても
逆に闇に引きずり込まれそうになるくらい強力。こりゃいかん。

そこへユナさん立ち上がり、「私が止める!」
けれどもあっさりとアモールに防がれてしまいます。やれやれ…的な。
諦めないユナさん、必死にコウガへ呼びかけます。
「コウガは光の聖闘士…!コウガの光で私たちは何度も救われた、
 進むべき道を示してくれたわ!」
(←そうか?視聴者的にはあまり印象がうす(ry)
ユナの熱い小宇宙がセブンセンシズの輝きとなって辺りを照らす!
おお、コウガはじめ青銅たちの闇の小宇宙が浄化されちゃった!( ゚д゚)
(これユナさんやっちゃったらもうアテナ化確実じゃ…(汗))







「おやおや……。ペガサスの闇を封じてどうします?」
まあそれでも結局四天王(今は3人だけど)が青銅たちをやっつけて
絶望したコウガが闇化するのはもう決まってるんだけどね、
と余裕シャクシャクのアモールさん。
「勝手に決めるんじゃねえ!」
d0025055_2227362.jpg
いいぞ!立ち上がるソウマはじめ3人。

一緒に戦おうとするコウガに、皆「先へ進め」「マルスを倒せ」と伝えます。
「オレたちも後を追う」との力強い言葉に背中を押されたか、
コウガ走る!
逃がすと思いますか、と阻もうとするアモールの前にはユナさんが立ちふさがり、
コウガは双魚宮から姿を消しました。この連携、いいねえ。
(カット割もレイアウトもテンポ良く、とても流れが良かったです)

「うぉぉぉぉ…!」
小宇宙を燃やして戦う3人!このカットいいねえ(燃)
d0025055_22541396.jpg

四天王(3人だけど)が必殺技を放つ!青銅3人もそれぞれ新技で応戦!
(特にソウマの、バーニング・エクスプロージョンが良かった!熱球ぶん回し)
新技の威力が勝り、四天王(3人だけど)は消滅!えがったえがった。

…けれども小宇宙を燃やし尽くして立ち上がれない青銅たち。
トドメを刺そうとするアモールの前に「貴方の相手は私よ!」とユナさん。
今回このパターン4回くらいあります(笑)
あれだけユナさんにご執心だったアモールも、さすがに飽きてきたか
「私、しつこいのは苦手なんですよね…自分が追いかけるのはいいんですが」
(意外に追いかけるタイプなのね)

ユナさんを軽くあしら……おうとするところへ、割って入った小宇宙(紫)。

「お前がピスケスか……先を急ぐ、通してもらうぞ」
d0025055_2315631.jpg
来たよ、エデン坊ちゃん!(^0^)

エデンはアモールと初対面、のはずなんだけどアモールは知ってる感じ。
どうやらエデンはアモールと血縁なのを知らなかったようです(・ω・)
(古い親戚の集まり行ったらあるよね、「赤ん坊の頃のお前に会ったことあるよ~!」的なw)
血縁ゆえか、アモールてばなんかぺらぺら喋りだしちゃう(笑)
ミケーネはたいしたことなかった、自分は姉上の望む世界を実現させるために
黄金聖闘士になったが、それに引き換え貴方はソニアを救えなかった……
 等々。
いちいちエデンの傷をえぐるようなこと突いてくる発言(苦笑)
まあエデンも攻撃したり反撃したりするんだけどね。相手にもならない。
あっさり身体の自由を小宇宙で封じられ、身動きできなくなったエデン。
ではコウガを連れ戻しに、と悠々とその場を去ろうとしたアモールの目の前に
「コウガの邪魔はさせない!」ふたたびユナさんw
攻撃され、はいつくばってもアモールの足を掴んで阻もうとするその姿。
もうユナさん主人公でいいんじゃね?(爆)w

あんまりしつこいのでアモールが呆れて問う。
「あと1時間です。ペガサスがマルス様を倒せると本気で信じているんですか?
 本気で勝てると?根性論で世界が救えるというのですか?」
 ←言ったよ!こいつ禁句ゆったよ!ww
「コウガはバカだから……、バカだから(大事なことなので2(ry) 、
 コウガは諦めない!自分の信じる道を貫き通すのよ!
 そして皆の思いを裏切らない!皆の思いをチカラに変えて、コウガは勝つわ!!

それが信じる心だよねユナさん!
ユナの小宇宙が最大に広がって彼女も新技・アクィラシャイニングブラスターを披露!
そしてユナさんの小宇宙に呼応するかのようにエデンも拘束を破り、
アモールと対峙、しようとして
「行って!ここは私に任せて先に進んで!」とユナさんに指示される。
ためらわずエデンは先へ進み、アモールは2人も先に通してしまったことに。
「……いいでしょう、貴女のお望みどおりに……!」

残りは1時間!つづく!!
d0025055_2330866.jpg




今回はストーリー展開うんぬんより動きやレイアウトとかに目が向いてしまった話でしたw
あのね、爆煙の作画が良かったんだよね~(笑) 煙の絵。
d0025055_23381297.jpg
これが一番レイアウトも爆煙もキレイかったw
カメラもUPから一気に引く撮り方で、見せ方ばっちり。

あとこれ。↓ 
水切りの石のようにハルトの身体がぽんぽん跳ねて飛ばされていくw
d0025055_23395966.jpg
マンガの集中線の効果を意識的に使ってらして、
見せ場はここだ!みたく印象を残すレイアウトが多かったです。


カット割も細かくて、キャラが助走した次のカットがもう空中に飛んでて、
次に手のUP、次で爆煙、みたくテンポがすごく良かった。マンガのコマ割ぽかった。
特に戦闘シーンで細かいカットや緩急つけた場面の切り替えがあると
リズムよく戦ってる!って印象になってとても見やすいです(^-^)
今までのオメガでもこういう戦闘シーンが多かったらもっとバトルアニメらしい印象に
なったろうにな~、とちょっと残念でした(^0^;)
今回のスタッフさんは東映アニメではない外部スタッフさんが
出張で?お手伝いで?孫請けで?手がけられたのかな??よくわからないけど、
なんだか「東映アニメ」ぽくない、ちょっと違うオメガが見られた気がします☆
どっちがどう、ということではないですけどね。

さ、とうとう次回は十二宮大詰め、対マルス戦になる模様です!
タイトルに「ルードヴィグ」とあるんですがたしかマルスの本名?人間名?だったかな。
(前ミケーネが「ルードヴィル」って呼んだ気がしたけどこっちが正しいみたい)
明かされるマルスの過去?いやコウガの過去?まあいいや!w
次回も楽しみです!
そして馬越さんの作監は、一輝兄さんの登場は、いったい何時だっ!?!?ww

(公式サイトにて人気投票やってまーす!ぜひぜひ!)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2013-02-13 23:56 | 星矢オメガ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/17817319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ついに到来 流行 >>