オメガとかかんそう


オメガニュークロス編

ええと……ソウマとコウガ(+昴)がジャミールのムウ、もとい貴鬼のところへ
聖衣修復へ向かっていた頃、ユナさんが先に貴鬼の下を訪れていて…という話。
スターダストサンドを使ってクロストーンを修復してたけど
ユナさん自身が戦いへの不安を感じているので新生聖衣に変化しない、という内容。
1期シリーズとのすりあわせが割りと丁寧で、そこは良かったです。
(ユナさんの星読みの能力とか忘れてたよね……)

襲撃してくるパラサイトが男女の双子?シンメトリーの容姿だったけども
姉を神聖視する弟、女王様気取りの姉、という
一歩間違えればギャグかよっていうコンビだったのでなんかがっかりしました(苦笑)
あまり聖闘士星矢っぽくないよね(^-^;)

ユナさんが戦いを不安視する心境とかコウガがユナを鼓舞して説得する状況とかは
共感できたし納得したんだけども、
ユナさん立ち直り早すぎてビックリ(笑)もうちょっと2,3カットくらい
自分の迷いを整理して立ち直る描写(目のUPとか小宇宙が立ち上るとか)が
あってもいいんじゃないかなと思いました(^-^;)
(背中向けた構図のまま即答で「分かったわ!」とか物分りよすぎます(苦笑))

自分が1期シリーズひいきなのを差し引いても、作画レベル落ちてますよね……(汗)
あああもったいない。今回作画小泉昇さんでとくにキャラの表情がよかったのですが
なんというか整ってないというか、デッサンぎりぎりなラインという印象が強くて
あまり小泉さんらしい特徴が表れてなかったような気がしました(えらそう)
ラキちゃんの子どもらしい表情とかいいんですけどね~。むうぅ。

あの、Bパート前アイキャッチに「ユナは聖衣を装着できるのか!?」って
謎のアオリ文句(爆)が入ってたのが最高に脱力しました(汗)(汗)
やめてけれ……とほほ(´д`)

これだけじゃ何なので。
最近始まった新アニメ「革命期ヴァルヴレイヴ」1,2話見ました。
なんというか…「コードギアス」に「マクロスF」を3倍薄めて混ぜ込んだものに
「ガンダム」をふりかけました、って感じです(爆)←わからんw
制作がサンライズなのですが、画面から「社運かけてまーす!」みたいな
気迫のようなものを感じる(笑)
(いや、社運かけなくてもガンダムでくっていけそうですがあの会社)
さておき、画面の見た目やや派手気味で目がチカチカしちゃうんですが(年だな…)
主人公周りの設定が面白そうでちょっと興味ひかれます。
吸血鬼ロボ?ばけもの主人公?どういうシステムになってるのかキニナル。
どうやら「ヴヴヴ」もしくは「VVV」と略すようですが
ゲームが3本ほど作れそうな声優陣も含めてしばらく気にかけてみようと思ってます。
(いや、でもほんとはヴヴヴとか見てる場合じゃないんだよな…
まだたんまり録画溜まってるのに;;)

ヤマト2199
今期イチオシなのがコレ。
宇宙服の設定も軟着陸が錨を下ろせ、だったのももう
「ヤマトだから」でスルーすることにしました(爆笑)そういうSFなのだな。
ワープ話と波動砲話をいっぺんに見せてくれたことで
「ヤマト」の魅力がどっさり伝わって面白かったですv
(ガミラス星人のおばさん、声が結城比呂さんだった!まあビックリww)
今のところリアルタイムで追えているのでキレイな画面で見られるし
一流クリエイターさんがこぞって参加しておられるので見応え充分。
毎週楽しみにしておりますw

そんなところで。ダラダラしてすいません(汗)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2013-04-25 00:29 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/18623760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 元気です さいきんアニメ >>