もうなんつーか感想

オメガ ニュークロス編

…… ひ ど い も の を み た 。

いやー……なんというか、ひ ど い ですね(汗)
ワタシ、ブログで感想書くようになってからはなるべく
貶し言葉は使わないようにしてるつもりなんですが(冗談で言うことはあるけど)、
これはもう酷いとしか(汗)オメガ56話。

前回予告からそりゃどうなのと思ってたハルト回でしたが……
・ハルトがロックバンドのヴォーカルになっててかなり売れっ子
赤いレザージャケット着用。バンドメンバーは戦隊物カラー(爆)
・メガネが外れると髪飾りも外れる(一体型!?)
「俺のロックの魂が、地獄のリズムを刻むぜーっ」とのたまう(!)
・思わず書き取ってしまった(爆)
・敵の聴力を奪うため、何故か狼の遠吠えを発声。ハルトのシャウト!(爆)
・バンドメンバーやライヴに集まったファンを石に変えられたため、
俺の声が届くためには女神パラスの妨害を排除することだ…と決意し、コウガと合流。
「俺は狼座、ウルフのハルト……アテナの聖闘士だ!」→ちょ、待てや

もう一体全体、「どこが聖闘士星矢なのですかっ!?」と言いたくなるような
場面満載(^-^;)ツッコミが追いつかない(爆)
録画見ながら何度「ええ~…」「え……ええ~……」と嘆いたか(汗)
しまいにはオメガで初めて1.2倍速再生(早送り)しちゃいましたよ……(>_<;)
自分にとってはよほどのことです(汗)(声優さんの演技や演出を無視することになるので)

いや、いいとこは少しあったんですよ。戦闘シーンの動きはなかなか良かった。
作画に、良い動きを描くスタッフさんが居たみたいで、
飛来するクナイを空中で逆手で捕まえてバッテンに切り裂く、とかは
少ない枚数でもしっかり伝わるように描かれていました。(そこはスロー再生した)
だけどもさ。
今回は本当ヒドイ(汗)ハルトがロックに目覚めた理由ってのも
「兄者のお墓参りに持っていったラジオからロックが流れていたから」ってのも
全然聖闘士に関係なくてビックリですわ(汗)
(むしろ無関係だから目覚めたのかもしれんが…)
あと、冷静な突っ込みですけど絵のチカラが弱かったのもイタかった。
ロックを本気でやってるハルトを描きたかったなら、作画も動きも本気で来んかい、と。
標準以下の作画レベルではキャラの本気度も伝わらないヨ……。

やー、もうとりあえず見終わって凹むのが一番堪えました(´д`)
自分が1期の、馬越さんの絵が好きだったから2期には辛い点つけてる自覚はありますが、
そうでなくても今回はちょっと酷かったわ(汗)トホホ……。
(え、何、次回はエデン再登場?3級パラサイトになってる?ほんとにも~(呆))

これだけじゃ何なのでヤマト2199の話でも。
4話5話、良かったです~(^-^) ストーリーがよく練られていて面白かった。
ヤマトのSF感って太平洋戦争時の空気感が残ってる雰囲気で、
そこが自分にはちょっとちくっとする違和感があるのですが、
「この昭和感がヤマト」だと割り切ってしまえば興味深く見られますw
現代風のSF考証も加えられてますしね。(食堂のメニューが細かかった…)
あと、ヤマト見てると庵野監督はほんっとーにヤマト好きなんだなって分かりますw
あちこちに「ナディア」で見覚えのある場面や設定があるんだもんww
(バリヤー張ってる時に攻撃されてパリーンってガラスの割れる音がするとことか一緒ww)
そうか~庵野監督は昔「ヤマト」を作りたかったんだな~って
「ナディア」を想起しながらヤマト見てる自分って変でしょうか(笑)

刀語を見るつもりで録画しててもまだ2話も見ていない…(爆)
ああ、あとペルソナ4The Animationにハマったんですけど
このスペースじゃ書ききれないのでまた次の機会にでもw では~。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2013-05-07 22:50 | アニメ感想 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/18714762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2013-05-08 18:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by katuhiro-iyama at 2013-05-08 23:32
>あまみん
 いや、もう、ね、ツッコミというかグチがつらつらと出てきそうなんだけどね…(´ω`)
 パーソナルな理由、でいうとコウガくんも実はそう。
 親のように慕っていた沙織さんがさらわれたからオレは聖闘士になる!ってのが1話だったわけで。
 龍峰くんも父さんのためだったりソウマも敵討ちだったり、
 言われてみれば青銅だれ1人アテナのために戦ってませんねって(爆)
 まあ、個々で戦う理由があるのが本来自然の姿なんだろうからこういった理由付けで問題ないとは思うけども
 なんつーかな~。やっぱりちょっとひっかかるところではあるよねえ。
 しがらみ無しで人を救う、守る、って感覚が薄くなってる感じがする…かなあ。

すいません結局グチっちゃいました(汗) 反省。
 


<< 新緑のころ よいお天気で >>