週一のかんそう


オメガ ニュークロス編

今回はエデン回。前回があまりにあまりだったので期待薄…だったけど、
脚本が伊藤イツキさん(パラドクスさん回書いた方)だったので
少しは良くなってるかな?とOPクレジットでチェック。
(OP、効果音が追加されてた)

坊ちゃんパラサイトになってたけどその裏切りの過程はというと
どうやら取引があったらしくて、
パラス軍に味方になれば時を操るパラサイトがアリアを生き返らせてやろう、
と言われたからみたい。うわお。
でもどーやって……と視聴者は具体案の提示を求めたいところでしたが(笑)、
実はエデンは死者の復活を期待してはおらず、
パラス軍の内部事情を知るために「敢えて」パラサイトに身をやつした、
ということになってました!坊ちゃん!

なんか坊ちゃんだけやたらカッコ良くてビビった……
パラサイト3級としてこん棒持って出てきたけどすぐ「やはり武器は性にあわん」とかって
ポイって捨てちゃうし(笑)
雑魚パラサイトに正体明かした時も必殺技で倒したら「過ぎた技だったな…フッ」
とかって背を向けるしw他の青銅たちより格段にかっこいいんですけど坊ちゃんw
いや~、これも脚本、台詞回しの勝利だなあと……。
創作作品はやはりストーリー、脚本のチカラが大きいですね。

今回絵もわりとキレイだったので(聖衣に3重に影が入ってた)、
まだ見られて良かったです(^-^;)スタッフ安定してきたかな。
あー、でもキャラが棒立ちになっちゃう場面が多かったのは間延びした印象でした…。
そうだ、二又一成さん声の敵キャラが出てきたけど、
ピエロみたいな格好で左右でヨロイの色が違くて、
言葉遣いに特徴つけてたのが印象的でした。イツキさんの脚本でキャラ付けされたかな。

そんなところで以下、他作品。









ペルソナ4 The Animation

いやー久しぶりにどっぷりアニメに浸かっちゃいました。P4A。
最初に同居人さんがPSvitaでゲーム版の「ペルソナ4ゴールデン」をプレイ始めて、
横からなんとなく見てたんですよね、声優ゴウカだしよく喋るし。
そしたらだんだん面白くなってきて。見てるだけなのに(笑)
ある程度ゲームが進行したら、今度はアニメDVDも見始めちゃって。
ほぼ同時並行でゲームとアニメ見始めたら相乗効果ですっげーハマっちゃったわけです(笑)

それがね、アニメめっちゃ出来いいのよ(笑)
ゲームを元にした映像作品なのでゲームの演出そのままに
アニメならではの映像表現を加えてものすごく見やすくなってる。
例をいうと戦闘シーンで、ゲーム内で登場するペルソナ(使役キャラみたいなん)が
アニメで全く同じデザインでばんばん出てくる。
そんでゲームと同じ技、呪文を使ってアニメでも攻撃している!
ゲーム内ではプレイヤーが選択するコマンドとか表示されるけど
アニメではそれがないからすごく見やすくて爽快(笑)
逆に、ゲームでダンジョン攻略しないと進めないボス戦を、
アニメではダンジョンの苦労なくすぐ目的地に到着しちゃう(笑)
(見ながら、「レベル上げしなくていいからアニメは楽だな~」とか思ったw)
それに、ゲームだとセリフはテキストの羅列で済むけど
アニメでそれしちゃうとキャラが棒立ちになっちゃうんで
カット割やキャラの立ち位置を移動させたりして
長いセリフでも飽きさせない演出と工夫がされていたのも好印象。
なんか、ゲームの世界を目の前のアニメで自分も追体験してる感覚で
ものすご~く見ハマってしまったw
世界観の表現をしっかりアニメでも映し出している。お見事でした。

あと声優さんの演技もすごい!
マスコット的キャラクターに山口勝平さんが声アテてらしてるんだけど、
1キャラで3種類(影もいれて4種類)も演技を変えてらしてる!うわお。
使い分けが素晴らしかった!かっぺーさん、ここ数年で更に
演技のハバが広がったようで、P4Aですごく実感。感服しました。
他キャストさんも皆さんキャラの特徴よく出してらして、
ゲームと同じ台詞をふたたびアニメで、ゲームボイスとズレないように
同じ演技されてるのが本当にすごいと思いましたw

やー、もうアニメでのゲーム世界表現の仕方が
この作品は本当に素晴らしくて!
ラスボス戦、ゲーム内で実際に使った呪文をアニメでも使ってくるとか
ゲームと同じ動作してやっつけるとか、BGMもゲームと同じ!とか、
アニメ見ながら「おお、昨日ゲームで見た!」ってなる感覚が
すっごく楽しくて面白かったです!(^0^)
是非見てもらいたいとこだけど、良さをタンノウするには
元々のゲームもプレイしてもらいたい…というジレンマ(笑)
や、でもほんと面白かったです。オススメ。

ヤマト2199
これは今いちばん毎週楽しみにしてるアニメですw
見終わった翌日、すっげー誰かに「ヤマト見た??」って声かけたくなる(笑)
こないだの冥王星の衛星弾道砲の撃破は
ナディアでもありましたね。10話だったかな?
ナディアでの話がまんまヤマトのオマージュだったのが分かって、
それもあってすごく面白かったですw
いやーでもほんとよくストーリー展開練られてる。感服します。
あっ、あと個人的に気に入ってる赤羽根健治さん声のメガネくん、
こないだCICで航海長って呼ばれててしかもヤマトのカウントダウンまでしてて
ふおおって思ったww「ジパング」熱がちょっと再燃したw

そんなところで。長くてすいません;
[PR]
by katuhiro-iyama | 2013-05-14 23:28 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/18764032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 祝・復活 新緑のころ >>