そろそろアニメ感想


ヤマト2199
異空間断層にハマったヤマトと同じく閉じ込められていたガミラス戦艦が
協力して異空間を抜け出す話。
翻訳機?を介してのちょっとのやりとりで互いの艦(ふね)を信用すると決断する
互いの艦長に「男」を感じましたね~
捕虜になってしまったあのアホ毛の女性ガミラス星人はこのあとどうなるんだろう…。
あと、作画に個人的ごひいきアニメーターの川元浩利さんがいらっしゃったのが
すげ嬉しかったw
ヤマト2199は全体的に絵が整ってて綺麗ですね~。ほれぼれ。
あっ、航海長?の南部くんがお気に入りですw主に声。

オメガ ニュークロス編
各地の避難民をパライストラに収容して戦力を集めていたところに
パラス軍が包囲攻撃。するも、天秤座ゲンブが1人で撃破。という話。
脚本伊藤イツキさん、演出地岡公俊さん。1期でお見かけしたスタッフさんです。
やっぱイツキさんの脚本安心するな~。無理なつじつま合わせのセリフとか無くて
見やすかったです。演出も細かいカット割りとスピード感ある画面作りで勢いがあった。
絵もきれいでした~。うん。それくらい。
もう興味は半分以上薄れています…(苦笑)

ガンダムAGE
今更とかいわないで(笑)ゆーっくり録画消化しています(苦笑)
2部終盤?25話あたりくらいから年長の視聴者層でも見られるような
ドラマっぽい展開になってきてようやく引き込まれはじめていますw
勝平さんを、ほぼ通り魔的扱いのチョイ役で出すとは恐れ入ったぞ……。
(そしてEDテロップを見るまで全然気づかせなかった勝平さんも素晴らしい)
しかしまだあと20話くらい残ってるぞ…。一体いつ見終わるんだ自分(爆)


……とか書いてたらショックな訃報が。

内海賢二さん死去 75才

うあぁぁぁ……。まじですかぁ……。
内海さんといえばすぐお声が耳に浮かぶほど
自分ら世代には耳なじみのある声優さんです。
なんといっても「アラレちゃん」のセンベエさん。
最近だと鋼錬のアームストロング少佐。
特に80年代のジャンプアニメ全盛期の頃は大活躍されてた覚えがあります。
ちょいちょい、TVで顔出しされてたこともあって
声の印象そのままの、豪快で気持ちの良いお人柄の方と伝え聞いていました。
……ああ~~、「まだ」75才じゃないですか。あと10年は。くぅ(哀)。

どうか、天国で安らかにお休みください……。うぅ(涙)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2013-06-13 23:02 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/18967255
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 美味 飲み会~ >>