感想だったり


気がつけばアニメ感想です(謎)。

ヤマト2199

いや~すごかった対ドメル戦。
残存戦力を投入して圧倒的物量でヤマト殲滅を図るガミラス軍と
たった1隻でそれに対抗するヤマト。戦闘シーンの迫力たるや!
よくあの砲撃のしたをくぐり抜けられるなあとハラハラのシーンでした。
ただ、ヤマトだけが圧倒的不利というわけではなくて、
同時進行でユリーシャ(人違いで森雪)誘拐とか別ミッションがあったり
ドメルの慢心(そうとは思えなかったけど戦術的にはミスだったのね)とかが重なって
結果的にガミラス軍5つの空母全滅(!)というご都合主義的大戦果(笑)で
ヤマトがかろうじて無事だったのが面白かったです。
いや~、ドメルと沖田艦長との1対1の対話が良かったよね。
大塚明夫さんの洋画のような真に迫った演技、聞き惚れましたv
(雰囲気は違うけどナディアにも1対1の対話シーンあったよねオマージュ?)
惜しむらくはDVD版と異なり1部カットされてたそうで、
いつか補完したいな~と思います。何度見てもいいぜよ。

銀の匙

御影牧場へバイトに行った八軒くんのお話。
今回は絵コンテ演出を1人のスタッフさんが手がけられてて、
その分何を見せたいのか、何を伝えたいのかがはっきり感じられる内容に
なってた気がしました。
原作のセリフを伝えたい部分以外はできるだけ削ってたり。
鹿を解体するシーンが重視されてる印象でよかった。アニメで色付くと迫真だよねえ。
鹿肉、食べたことないな~。食べてみたいな~。ぐうう。
次回予告が無いのが残念なのですが、次はタマコちゃんの農場の話かな?
あれも取材された上でしっかり再現してくれると嬉しいです。

オメガ ニュークロス編

↑もう本編どこにもニュークロスとか言われて無いけど……まあいいか(爆)
おてんばパラスちゃんがひょこひょこ出かけていってコウガくんと出会う話、
作画は良かったけど動かない動かない(笑)
どのキャラも画面のあちこちで棒立ちだもんね(苦笑)
せめてファイティングポーズなり構えてくれてるといいんだけども(^-^;)
その次のユナとソウマの友情話の時は絵コンテが畑野森生さん(1期の監督さん)で
さすが洗練された画面作りをされてた印象でした。カット割とか丁寧。
脚本も伊藤イツキさんで、ちょっとしたシーンに市っちゃん先輩を出してくるあたり、
「愛」を感じました(笑)(市っちゃん先輩お役に立てたらいいのにね…ホロリ)
作画レベルは4月ごろに比べたら段違いに良くなったけど
もうなんかストーリーの根っこから不信感がある(苦笑)ので、
流し見状態だったりします(^-^;)スイマセン…。

仮面ライダーウィザードがクライマックスでなかなか面白いんですけど
いつごろ最終回なんでしょうかね…
映画のような印象的なレイアウトだったり表情で心情を伝える画面作りをしてたり
「ドラマ」重視で大人の視聴に耐える作品だと思ってるのだけど
世間的な評価はどうなんだろうな~。自分は面白いと思うんだけどな~。

そんなところで。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2013-08-20 23:02 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/19499831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 高華国異聞…とか はぅ…… >>