やまと感想


ついに最終章に突入したヤマト2199。
こないだの23話がなんというかビックリしました。

まずガミラス本星に近づいた時に長距離砲をくらいそうになるヤマト。
ここまではいい。
そのままスルーして真後ろの目的地イスカンダルへ向かえばいいのに
何を思ったか進路をガミラス本星本拠地に向けてしまう(笑)
いや、ごめんここ素で突っ込んだわ……スルーせいよ、って(笑)
あんたらの目的イスカンダルやないんかい、って(笑)

そんでガミラス軍の猛攻撃を受けながらバリヤーで防御しつつ
敵の中央政府、総督府へ艦首から突っ込むヤマト(笑)うはww
貫通はせずに高いビルの真ん中でぶらんぶらんww
うわーこれどうすんだろと思ったら
(ここで古代くんが特別任務で雪ちゃん捜索の任務につきユリーシャと脱出)
宇宙空間から巨大な建造物=第二ガミラス基地、要するにガミラスコロニー(笑)が
一部パージされて首都に落下中との報告!
デスラー総督、何を思ったかこれまで治めてきたガミラス本拠地を
第二基地で市民ごと破壊しようとしたもよう……まあこれは伏線なんだろうけども。
で、ヤマトぶらんぶらんの状態からアンカーで位置を固定し、
落下物に向かって波動砲!( ゚д゚) しかも砲撃手が我らが南部くんww
(南部FANの自分歓喜w)
結果的にガミラス首都を救うカタチになったヤマト……おおう。

そのころ雪ちゃんはデスラーからも自由にされてお付き?のノランくんと逃亡中。
だけども途中でガミラスの秘密兵器、その名も「デスラー砲」(!)の制御室に侵入して
暴発を誘導させちゃう。雪ちゃん何でもできるすげええw
結局ノランくんが我が身を犠牲にしてくれたわけだけども、
ノランくん、宇宙服を着ただけの雪ちゃんを
なんと有無をいわさず強制射出!宇宙空間に1人放り出す!!Σ(゚д゚ )
これね、いくら何でもひどいと思ったよ(汗)だってデスラー砲が暴発したら
宇宙空間に生身でいる人がどうなるか分からないわけでしょ(汗)
よく雪ちゃん無事だったよ(汗)

で、その雪ちゃんをこれまた運良く古代くんが発見…
宇宙だよ?生命反応どうやって探すのさ?(汗)→これはのちにユリーシャが検知したと判明
感動的な再会……で、つづくと。

いやーびっくりした。ノランくんが無防備な雪ちゃんを1人放りだすとわ。
いくら何でもひどいことをする、と素で思った(苦笑)
この話は全体的にキャラが無謀なことやって、それが結果的にうまくいく、という
綱渡りみたいな展開になってた印象だったんですが
来週再来週と見ていったらまた印象変わるのかな…劇場では26話まで一挙上映だったそうだし。

うん、ヤマト2199すごかったです。
この話のツッコミが書きたかった(笑)
そんなところで。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2013-09-11 23:12 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/19638694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ふおう おめでとう7年後 >>