たっぷりアニメ


すこし間があいたうちにけっこうアニメ見れたんでばばっと。

オメガ ニュークロス編

こないだのは子馬座の聖闘士ってのが出てきて(白銀?)、
子馬ってかわいらしい感じだけどけっこうごつい気のいい兄さんで(笑)、
しかも声が大ベテランの安原義人さんでビックリだったんだけどw
その兄さんと昴でなにか因縁ありそうだな~って話でした。
演出が地岡公俊さんだったので、動きとかカット割りとかかなり見やすかったです。
(エデンが歩きながら左手をゆっくり上げて技をパリパリっと繰り出していく様子とか)
作画も小泉昇さんだったのでキャラの表情が豊かで良かったです。
……しかしこのところのオメガはもう「聖闘士星矢」である意義がないというか…、
聖闘士でなくてもこの内容は通用するだろ的なストーリーがふえてきた印象で、
なんというかほんとうに… モニョります(苦笑)
もう惰性で見てるヨ…

銀の匙

10話が可愛がってたブタをベーコンに加工する話、11話が1期ラストでした。
豚丼、ちっちゃくなっちゃったなあ…って手にするシーンで胸がきゅってしました…。
自分は食べるの好きなくせに農業とか食肉とかちっとも興味がなかったので
この作品を通じて思いを馳せることができるようになって有難いなと思っています。
当初は原作のエピソードを入れ替えるのって何でだろと思ってたけど、
アニメは回を追うごとに八軒くんの心情の移り変わりが
視聴者に伝わるように工夫されているのが感じられて、
ああスタッフに愛されてる作品だなあ~って思えて嬉しいでっす^^
2期は来年冬から~忘れないようにしないとw

ヤマト2199

あ~これアツク語りたいwwラストに向けてめっっちゃ盛り上がってるw
とりあえずヤマトそのものがコスモリバースシステムです、って展開に驚きw
ヤマトや乗組員のエレメント、「星の記憶」を元に地球を再生する、
そのためにヤマト本体そのものをコスモリバースシステムに改造します、って流れ。
だからわざわざヤマトに乗ってイスカンダルまで来なきゃいけなかったんだ~って
納得できる理由づけになってたので、すごいな~と感心しました!
(そしてようやく辿り着いた16万光年の果て……!感慨深い…)
それにしても去就が気になっていた藪くん(ガミラスの捕虜になってたかと思われた)が、
なんとガミラス軍の特務艦クルーになっていたとわww
いや~彼なりの安住の地を見つけた感じで、ホッとしましたw
ああ、それにしてもデスラー総統は終盤になるにつれ
目的を見失って暴走しているように見えて、哀しかったですね…
(テレステラを撃った直後の悲壮な顔つきも印象的。きっと唯一の味方だったろうにな…)
いよいよ次週が最終回、おおかた予想はついてるけど
どんな結末が待ってるのかすっげーー楽しみですw

録画溜めてる他作品もちまちまと崩し中。やっとガンダムage3章に突入ww(遅)
H×Hもようやくキメラアント編に入りました(笑)
声、すごいね!池田昌子さんに昆虫の役やらせるなんてね!ww池田秀一さんもいるよ!!
ああ、あとダンナさんに勧められて「進撃の巨人」も途中から見始めましたが、
視聴中、言葉を発することを忘れるくらい見入ってしまいます(笑)
あれすごいね。CGの使い方もすごいし何より作画に気合い入りまくりんぐ。
あの作品に携わっている人の労力を想像するだにアタマが下がります……。

そんなところで。長くてすいません。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2013-09-22 23:52 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/19698761
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 特撮もあるよ かっとばせー >>