特撮もあるよ


アニメ感想……は、今回すくなく。

オメガ ニュークロス編

前回出てきた子馬座の聖闘士さんが遺志を昴に託し、
昴が新しく子馬座の聖闘士に昇格する話。
……なんだけど、回想シーンで、これまで子馬座の聖闘士と名乗っていたケレリスさんは、
実はちょっと前まで小宇宙が強めのただの一般人だったことが判明(爆)
パラス軍が街を支配し始めた頃に雑兵に襲われて、
そこを先代の子馬座さん(名前忘却)に助けられた……らしい(汗)
そんで、先代子馬座さんは「オレの生き様を見ておけー」と叫んで
超必殺技を繰り出した勢いで死亡、聖衣はケレリスの手に……という流れ;
うん、ごめんね、もにょった。全身でもにょったわコレ(爆)
これどうなん~。正確な修行も教えも受けてないちょっと小宇宙が強い一般男性に
あっさり聖衣受け渡しちゃって良いんか~;;
(さらに言うなら超必殺技は燃えさかる光球を敵にぶつけるだけのほぼ自爆技(汗))
なんかね……いろいろと、「聖闘士星矢」がガラガラ崩れていってる気がするヨ…トホホ。
まあ、あとは突っ込むのはヤボだけどラスト3分、
昴が新しく子馬座の聖衣を装着するシーン前後「だけ」、
とーっても作画動画がキレイかったな。レイアウトも見事だった。3分だけね(苦笑)
バンクに使うからキレイな画面になってたんだと思うけどね…
出来るなら全編そのクォリティでお願いします(汗)

……最近文句ばかりでごめんね……(´;ω;`)

仮面ライダーウィザード

この1年楽しみに見させてもらいました今年のライダー。
なんというか、物語に上下の波がほとんどなく、大きく感情を揺さぶられることが少ない、
「平坦な」作風ではあったんですが、
それが却って「オトナの落ち着き」というか……、腰を据えて見られる、
いいドラマになってたと思っています。(褒めてるよ)
主人公のハルトくんが整ったお顔ってのも見てて楽しかったんですが(笑)、
そのハルトくんが物語終盤になるにつれほがらかな飄々とした笑顔が消え、
シリアスな暗い表情をすることが多くなったのが気になって気になって。
もうラスト近くは「いつハルトくんが微笑んでくれるのか」を中心に見てた気がします(苦笑)

あと、この作品はなんとなく映画っぽいというか…。
登場人物の仕草や表情だけで感情を表現することが多くて、
画面から目が離せなかったのも良かった点だと思っています。
画面づくりも凝ってて、踏み切りの電車が通る前と後で表情が違う、とか
建物の1階と3階で会話してたりとか、遠近法を使ったレイアウトとか、
なんというか「画で魅せる」作り方をしてた感じが強かったです。
そこも落ち着いた作風だと思えた要因かも。
まあ、肝心の子どもの視聴者にとってはどうだったのかは分からないけども……。
「大人っぽい」ライダーと思って憧れてくれてるといいなあ。

ラスト2話がオマケ話、番外編みたいなストーリーのようで、
平成ライダー集合とかちょっと豪華な番外編になってますw
電王もいたよ!声もちゃんと関俊彦さんだったよ!w
ラストにディケイド(井上正大くん本人)も出てくるようなので
最後まで楽しみに見ておきまっす!
……え、次のライダー?うん、フルーツ戦国武将だよね、ちょっと見ないかな(爆)

そんなところで。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2013-09-26 22:48 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/19721751
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< そんな日常 たっぷりアニメ >>