九州戦国武将


更新したと思ってたらUPし忘れてた……ダメじゃん(爆)

ええと、すいません少し前ですが日曜日に歴史系の展示物見に行ってきました。
九州歴史資料館の「戦国武将の誇りと祈り」展ですv
d0025055_2318458.jpg

入館料200円とかめっちゃ安!(笑)それにまだ開館して3年目ということもあってか
人出も少なく、ゆっくり落ち着いて見られました。

主に九州で活躍した戦国武将に関連した展示になっていて、
個人的な目玉は秀吉直筆の書状かな~。国宝!
島津義久に宛てて「惣無事令」(戦闘停止命令)を伝える書状だったのだけど、
ちゃんと秀吉の花押(サイン)が入ってるし筆運びもしっかりしてて立派!
もう1通秀吉が記したと思われる書面もあったんで見比べてみたけど
2通ともすごく字がキレイでね。もちろん草書体なんだけど読みやすい字って印象でした。
何となく意外だった~秀吉の出自からして教養がおいついてないイメージだったけど
きっと必死に勉強したんだろうなあとか思いを馳せることができました。

他には、大内義隆という大分あたりを拠点にしてた武将がいたんだけど
その人かなり外交面に詳しかったみたいで
正式な「日本国」の印鑑を自分の分作らせちゃったり(!)してて、
内政より対外的な面で能力があった人だったんだな~って思える資料が複数あったり。
その大内氏を押し退けて大友宗麟というキリシタン大名が台頭してくるんだけど
没後すぐ描かれた肖像画という重要美術品とかもあったり。
教科書に「大友宗麟」ってキャプション付きで掲載される写真のやつ。貴重だ~。
個人的にヒイキの立花宗茂関連の展示は柳川の資料館からの貸し出しだけで
特に目新しいものは無かったかな~。あ、長光じゃなくて「雷切」ならあった。

展示物の中で要注目だったのが、島津家の家臣・上井覚謙(うわいかくけん)が
自分でこつこつ書き溜めた直筆日記!
上井さん、どうやらすっごくメモ魔だったらしくて(笑)、
島津家がどんな動きをしてどんな事情があって……みたいなんをかなーり細かく
書き記して残してたみたいなのね。その日記の現物がここに!みたいなw
自分が以前に訪れたことのある大宰府の岩屋城を攻めた時のことを書いたページが
ちょうど見られて、躍るように勢い良く流れるような文字で書かれていたので
それだけでもなんか感動しましたw …いや、ぶっちゃけ秀吉より字がへt(爆)
いや~歴史上の人物に思いを馳せられるっていいことですw

そんな感じで九州戦国武将について色々学べて楽しい時間を過ごせました~
今住んでる周辺にも実はたくさん城跡や砦跡とかがあるのも知ったし。
地元の歴史に興味が涌いて脳みそが活性化した催し物でした(^-^)

建物の外観をばパチリ。
d0025055_23371029.jpg
すっごくキレイな建物で、敷地も広かった!
前は太宰府市内の市街地にちんまりと建ってた資料館だったんだけど(笑)、
国立博物館の建築にともなって移転したのでした。
今回の展示物のほかに常設展示もいろいろ充実してたみたいだったんですが
時間の都合で企画展のみの見学になってしまって残念…。
また機会をみて訪れたいです!(^-^)

そんなところで~。長くなってスイマセン。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2013-10-18 22:12 | 日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/19842425
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by μ at 2013-10-20 21:19 x
こんにちは、また、コメントさせていただきます。
展示会ポスターに大友・島津・龍造寺の3強と大内で
九州歴史資料館ゆかりの筑後・筑前の戦国武将の絵が大きく描かれていないのは少しさびしい気もします。
筑前だと秋月氏や宗像氏あたりでしょうか?
立花宗茂は奥様や父上含めて大河ドラマとかになりそうな題材ですけどね。
いったん領土を失ってから、苦労して旧領に返り咲く奇跡は、今の日本に元気を与える物語かもしれないと思います。
Commented by katuhiro-iyama at 2013-10-21 23:50
>μさま
九州戦国武将の話題にのってきてくださるとは嬉しいですね~w
秋月氏あたりは単に肖像画が残ってないだけかもですが、
今回の展示自体にほぼとりあげられてませんでした。
3強を中心に据えて、コンパクトにまとめた展示にしたかったのかもしれません。
立花宗茂、柳川に本家の資料館があるのでそちらをどうぞ、ってカンジだったかも(笑)
ワタシも宗茂って大河ドラマの題材になりそうだなってずっと思ってるんです!
正月の6時間ドラマでもいいんで(笑)、この武将の生涯を広く知ってもらいたいですねv

コメントありがとうございました(^-^)


<< 地獄の炎のぬるさに舞い戻った オメガ75話ですぜ >>