オメガだったり


オメガ ニュークロス編

ええと、パラスの居る城の間近へ迫ってきた新青銅たちですが、
さすが本拠地の周辺にはたいそう大勢の雑魚パラサイトがおりまして。
青銅たちは若さゆえか(笑)いちいち突破していこうとして分断されちゃったりします。
(なにはともあれコウガとエデンを先へ行かそうとする姿勢はちょっと嬉しい)

だけども多勢に無勢で、エデン坊ちゃんは2級パラサイトの「プリンス」って
言葉だけで動揺しちゃってやられちゃったり(爆) ←さすが豆腐メンタル…
それでもコウガだけは城の入り口、「刻の門」と呼ばれる箇所に到達。
伏線もなくいきなり出てきた門だけど(笑)、どうやら1級パラサイトのタイタンが
「時間を止めるチカラ」みたいなんを施してある特殊な門みたい(よく分からんけど…)。
ぶち壊せばいい!と技を放つコウガだけど、
時間が徐々に止められてしまって石化。
ここまでか!と思われたその刹那。

輝く4つの流星が到達!土煙の中から現れたのは!!
d0025055_21102124.jpg
伝説の青銅聖闘士たちだぁ~!
(一輝兄さんは前回画像うpしたので今回パス(笑))

……うん、何かツッコミをいれたくてクチがむぐむぐするのは分かりますよ。ええ(苦笑)
まあ、そこは一旦飲み込んでおいて(苦笑)、
レジェンドと呼ばれる彼らはたやすく雑兵どもを蹴散らし新青銅たちを助けて、
アテナ到着の道を切り拓きます。
で、貴鬼ほか黄金聖闘士たちを率いた沙織さんが門の前に到着、
「アテナの聖闘士たちの小宇宙をもって門を開けるのです!」と号令一声、
勢ぞろいした聖闘士たちが地面から小宇宙を送りこむ。
(手から光線とか出してはああ、とかじゃないの。意外。
虹色の輪っかがキラキラと地面を滑っていく感じで、いい演出でした)

あっという間に門が崩れおち、コウガの石化も解けてさあこれからだ!、で今回は終わり。


……う~ん、毎度偉そうに言わせていただければ
今回貝澤さんが絵コンテを手がけておられて(←ベテラン演出家さんで、
よくわからんがなんだかスゴイ、という技法を使わせたらオメガいち(笑))

土煙の中でシルエットだけ動いている、とか
小宇宙の輝きだけで攻撃しているのが判る、とか
地面を滑る小宇宙の流れ、とか
斬新な見せ方をされていたようだったのですが
いかんせん 作画がそれを充分活かせていなかった ……!(汗)
キャラの大きさカットごとに違うし、動きはぎこちないし、爆発てきとーだし、
遠景のカットなんて顔描かれてなかったりただのぬり絵だったりしましたからね(汗)
スタッフのローテーションの関係とかもあるのでしょうけども、
折角いい演出、絵コンテを描いてもらってたのに活かしきれていなかったのが…
本当に残念です。惜しい。

あと、アイキャッチのアオリ文句(笑)とかで、「来るか伝説の青銅聖闘士!」とか
散々煽りまくっておきながら、いざ瞬くんたちが揃うのは
ラスト5分前とかね(笑)旧青銅たちをエサにして引っ張るのはやめてほしい~。
そりゃ出てきてしゃべってくれたら嬉しいですけどね。
もうなんか「オメガ」の瞬くんや氷河とかって別人と思ってる…(苦笑)
(しかし相変わらず宮野さんの氷河は滑舌がよくてキレイだ。)
聖衣も全然違うしさ(苦笑)
そういや紫龍さん、戦場に私服で(!)身一つで現れて、龍峰くんから「父さんこれを!」って
ライブラのクロストーン渡されてやっとそこで装着、なんて
離れ業やってのけたけど(笑)、あとでよく考えてみたら
ゲンブが着てたライブラ聖衣と全然違うけんね(爆笑)ww ビビったわ(笑)
(でも紫龍さん、ちゃんとゲンブのこと知ってたみたいでそこは良かった)

あ、結局突っ込んでしまいましたが(苦笑)、
予告をみると次回からは「Ω覚醒編」となるらしく、どうやらOPが変わるようです~。
しかしストーリーとしては純粋に地続きみたいなので、
4クール目突入の区切りと考えてよさそう…ですね。
予告のパラスたんがえらく可愛かったぞ……ありゃ子守りのタイタンめろめろだろう(笑)

あ~、ちょっとグチりたくなってきたので以下おりたたみ。










……なんか自分、けっこう色々書いてますけど、
ほんと今の2期の設定に関しては疑心暗鬼というか、見ながら納得できていません…。
オメガ1期では旧青銅たちの出番を無くすように魔障という設定を出して
「新しい聖闘士星矢」を作るんだ、という意欲が画面から伝わってきてたんですよ。
で、時折ちらっ、ちらっと出てくる旧作キャラがオメガキャラに関わることで
旧作は新作へ世代交代、バトンタッチしていくものなんだなあ、
なんてしみじみ思ってたりしたんですよ。それでよかった。それが良かった。

だけどさあ、なんかどっかで色気づいてきちゃったのか(爆)、
1期の後半くらいから黄金星矢が目立つようになってきてさ、
(星矢は「聖闘士星矢」の象徴と思ってたからある程度は活躍しても構わないですけど)
ストーリーにがっつり絡みだしてきて、あまつオメガ主人公の前に立ちふさがる始末で(爆)
をいをい、旧作キャラはバトンタッチしたんやないんかい、って思ってたけど
2期になったら魔障の設定も無くしてしまって、
「いつでも登場オッケーよ~ん」みたいになってきて(爆)
むしろ視聴者やスタッフ側から「旧作青銅マダァ?(・∀・ )っ/凵⌒☆チン チン」みたいに
なっている印象も少しあって(汗)
やっぱり「聖闘士星矢」って「星矢、紫龍、氷河、瞬、一輝」でないと
成り立たない作品だったんだね……って
誰あろうオメガスタッフ自身が認めちゃってるような印象もあってね(汗)

じゃあ何のために「聖闘士星矢Ω」を作ったんや、と。

1期の意欲的な「オメガ」が楽しかった自分からしたら
今の2期はすごく残念。筋が通ってないように見えてしまうから。
そりゃね、旧作アニメは原作マンガの展開に追いつきかけて
筋が通らないようなアレやコレやをやらかしましたよ…だけどそこまで踏襲せんでもと(爆)w
や、ほんと作るなら統一性を持たせてください。
背筋1本、通してください。
統一感の薄い、勢いのある作品づくりが東映アニメさんの持ち味だとも認識してますが
大好きな「聖闘士星矢」を貶めるようなことはしないで欲しい……。

なんとも、切実な、寂しい気持ちです(´ω`;)

いち視聴者のクセに偉そうにグチグチ言ったりして、ごめんなさい。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2013-10-28 22:03 | アニメ感想 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/19890035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hypermind at 2013-10-29 21:30
せんせー、伝説の青銅聖闘士なのに、そうじゃないもの着てる人がいると思いまーす。
あと、ほら、聖衣の形が違うのは……ほら、アレです。
普通の人が着るとイチゴTシャツなのに、恰幅のいい人が着るとトマトTシャツになっちゃうとか、きっとその類いなんですよ。多分。
Commented by katuhiro-iyama at 2013-10-29 22:44
>あまみん
 そうですねあまみさん、せんせい、あなたの言うとおりだと思うわ(´ω`)
 …ツッコミどころ多すぎて困惑するのよ、せんせい……(泣)
 あ、でもトマトTシャツはいいな。丸い柄の靴下を穿いたら楕円になっちゃうやつよね(爆)

いつも拙ブログ紹介してくださってどうもありがとうございまするm(_ _)m


<< じゃすたうぇい(笑) お昼の顔 >>