さいごのオメガ


聖闘士星矢オメガ、終わりました!
残り3話をまとめて。

ええと、サターン城へ向かってぴゅーんと飛んでいた新青銅と星矢たち、
城に着いたという描写が無いままサターンと対峙。あ、あれ?はしょった?w
まー御約束でボコボコやられてしまって星矢が1人サターンと向き合う形に。
この回は演出がベテランさんだったので独特な画面効果が多かったかな。白目向いたりとか。
で、青銅たちは昴だったサターンにどこか遠慮しているんだろうと星矢は感じとって
サジタリウス聖衣をこなごなにさせながらサターンと一騎討ち。
一方その頃、地球上では氷河vsミラー、瞬vsエウロパの戦い。
圧される瞬さんたちだったけど、これまたお約束で
攻撃を受けてる合間に実はダメージを与えてたんだよ~的展開で形勢逆転。
エウロパだけは最後まで余裕の姿勢を崩さずにサターンに助力を仰ごうとあがいてたけど
そこへ愛するパラス様を護りたいタイたん(笑)がトドメの1発w
エウロパ、キャラが崩れず最後まで見事でした。聖闘士星矢ぽくないキャラ造形だったけど。
で、星矢は小宇宙を燃やしてサターンへ突進。
神様にダメージを与えられるという黄金の短剣でサターンの胸をひと突き……!

と、思いきや。
サターンは全ての刻を操れるので短剣の効力も無効化しちゃうとかって
なんかズルい感じの展開でノーダメージ。
却ってサターンのパワーが極大になって、
宇宙のサターン城から地球上の全ての生命体(聖闘士含む)の刻を止めてしまった。
新青銅たちも新生聖衣ぼろぼろでサターン城の近辺に漂ってるし(アカン)、
コウガも気を失いかけ。
破壊されたサターン城から宇宙空間へ放りだされるコウガ(アカンがな)。
でも、まだ彼の心の小宇宙は燃え尽きていなかった。
地球で石にされた沙織さんがかすかな小宇宙をつむいで皆に呼びかける。
なんか、石から幽体離脱みたいに半透明の身体がふわーっと浮き上がる描写…。
呼びかけに応じて周囲の石にされた聖闘士たちから次々と、ふわー、ふわーと
幽体離脱が続いて(笑)、皆が宇宙のコウガへ向けて小宇宙を送るわけです。
アレだよ、「みんな、コウガへ小宇宙を分けてくれ!」ですわ(笑)
しまいには時空の狭間へ消滅してしまったはずのアテナエクスクラメーション組や(笑)、
一輝兄さんまでwおまえら死んだはずだろうww(←ってツッコミは聖闘士星矢ではヤボ(笑))
皆の小宇宙が一筋に集まってコウガへそそがれ、
コウガの身体には全く新しい聖衣が!
翼バッサー付いてて、これがオメガの聖衣!とか言うてます。
そんなコウガの有様を目の当たりにするサターンの心に、何か小さな火が灯っていた……

最終話はおりたたみ。↓








最終話のOPは昴メインの特別編集。細切れに早送り気味で。
作画もキャラデの市川さんを総作監で大西陽一さんの安定した絵柄。
…なんだけどさ。
あのね、オメガの聖衣ってぺかぺかの聖衣まとってるコウガやサターンだけどさ、
そこ、バリバリ宇宙空間なんですけど(爆)ふつーに浮いてるんですけど(笑)
それにシュピーッシュピーッて飛びまくってグーパンチしても岩に着地したりして
普通にハァハァ呼吸したりしてるんですけどwwもう突っ込むのもヤダwww
これはあれですね、プラフスキー粒子散布された擬似空間ですねwww(番組違い)
まあそんなこんなな状態で(苦笑)、宇宙でがすがす殴りあう2人。
お互いヨロイはあっちゅー間に粉砕され(笑)何のためのヨロイだったん?状態(爆)
それでも殴りあうコウガの拳は次第にサターンの心の小さな火に何かを呼び起こし、
しまいには名状しがたい高揚感を覚える。
それはコウガの拳の向こうに、昴のことを思った心、互いを思いやるアツイ思いが乗っていて
その心、つまりは「オメガ」の小宇宙にサターンの中の昴が反応してたからだった。
えっ、要するにオメガって「友情パワー」のこと?(爆)

そんなわけでコウガの拳に友情や奇跡や諦めない心、みたいなんを感じ取ったサターンは
ついに人間のチカラを「美しい……!」と表現。おいおい。
そしてそんな高揚感を引き出したコウガを認めて、「今回は引き上げよう」って。ぅおいww
え、なに、和解エンド?(爆)そんなww
コウガも「またいつでもアテナの聖闘士が相手になるぜ」ってwwあっさりw
宇宙のかなたへふわーっと飛んで去っていくサターン。……どこ行くんだろう……。
そしてそれを見送るコウガや新青銅たち。って、ここ宇宙……どうやって帰るのさ……(爆)

場面変わってパラスの城があった街は復興工事中。
パラスとタイタンはそっと身を隠して今後は愛に迷う人たちの手助けをしたいとか何とか。
聖域では生き残った黄金4人(貴鬼、フドウ、パラさん、ハーさん)が話し合い。
どうやら満場一致?でハービンジャーが次の教皇に推挙されましたww
牡牛座が教皇!なんと意外な展開ww(ハーさん必死に抵抗するも、
ラキちゃんから「教皇の仕事は骨が折れるのだ、人の骨を折るより自分の骨を折るのだ!」
とか説得されてまうwwなるほどこれは言いえて妙だ(笑))
そして我らが主人公コウガくんは
星矢と沙織さんがイチャイチャ?してるのをさり気に邪魔しつつ(笑)、
「俺は世界を救ったと言われるが世界のことを何も知らない。1人で旅に出るぜ」って。
見送る皆の中にエデンの姿が無いなーと思ったら
聖域の出口で同じく聖衣箱を背負ったエデン。同じ理由で「ボクは旅に出る」と。
何を思ったかコウガくん、「じゃあ旅は道連れ、一緒に行こうぜエデン!」って
2人でたたーっと出発、まんざらでもない笑顔のエデン……って、
えっ、何これ薄い本エンドなの?(爆笑)ww
コウガ、エデンとのフラグ立てて終了とか……本当に意外な展開だったわwww


というわけで「聖闘士星矢オメガ」2年の放送が終了しました……。( ̄ω ̄)
ああ、総括めんどい難しいな(苦笑)
何というか個人的には2期は蛇足、冗長だったと思っています(苦笑)
それでも何とか完走したのは意地で……(^-^;)
せっかく生み出されたコウガたち新青銅たちの行く末が気になってね(汗)
ほんと、コウガたちで全く新しい「聖闘士光牙」作ってよかったと思うんだけどね……。
まあ今さら言っても詮無いや。
スタッフの皆さま、ゼロからの完全オリジナル作品、お疲れ様でした~!
そんなところで。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-03-30 16:57 | アニメ感想 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/20521799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hypermind at 2014-04-01 19:34
君も2年間お疲れ様!小生アニメは見ていなかったけれど、ここの感想を読んですごく楽しめたよ!
大人になった貴鬼たんを拝むことができたのは、貴方のお陰です(笑

楽しいレビューを本当にありがとう。すっごく楽しかった!
Commented by katuhiro-iyama at 2014-04-02 00:25
あまみんのそのコメントでなんだか報われた気がします(*´∀`)
完全に個人の意見を押し通した感想文で恐縮だったけども
自分のブログだ、好きにさせてもらうぜ!で突っ走りました。
読んで分かるとおり、ワタシはオメガ1期の方が好きなので
今後はぜひ1期推しのスタンスを貫きたいと思います(笑)
読んでくれてどうもありがとうでした~(^-^)


<< クロカン12・13 簡素に >>