ぼんやり感想


最近はそれほど頑張ってアニメを見てません。伊山どす。
もうね、自分の録画機器ほとんど仕事してない(苦笑)
毎週予約設定してるの、H×HとTV局中法度(ディレイ放送)くらいだもんで……。

たまーに、ダンナ氏の趣味で現在放送中の作品とかをぼーっと見てますが、
アレ!びっくりした「残響のテロル」!
渡辺信一郎監督、菅野よう子女史音楽の「ビバップ」コンビ作品だったんですね!ひょー。
「太陽のアポロン」の時も、うへへと思いながら見てましたがあれは原作付きだったので
雰囲気がまた違っていましたけど、
「テロル」はオリジナルのようで、渡辺信一郎監督の作風が出てる感じが
ちらちらと感じられて嬉しいです~w
いやー、ノーチェックだったわ。ぬかった。

キャラデが中澤一登氏で、これは「チャンプルー」流れですね。むふふ。
「テロル」ではチャンプルーよりリアル系統の絵柄で
個人的に好きな絵柄です。適度にアニメナイズされてて入り込みやすい。
OPもかっちょいいしさ……たまらんね。うひひ。
あの、単なる妄想ですけど「テロル」の窓際族刑事さんのキャラデザインが
「ビバップ天国の扉」のヴィンセントに似てるので
ヴィンセント転生説唱えたくなったりして(爆笑)前世かのぅ…(ないない)

「テロル」は1話の都庁爆破のシーンがリアリティあって良かったです~
人が縦横に動き回る感じとかCGの質の高さもあって見応えあります。
これ、近未来設定かと思ったらかなり現代社会の舞台設定ぽいです。
子どもだけを集めた施設が絡んできそう、だったり
女の子の今後の状況が気になったり、と
いろいろ想像をそそられる世界観になってます。
続きが楽しみです~!続き!つづきはよ!

あとはキングダム2とかジョジョ3部アニメとか、
あとたまーに京アニの「境界の彼方」とかをのーんびり見てます…
京アニは動き(動画)のレベルがほんと半端ない。
小さな画面でもめいっぱい細かく動いていて、唸らされます。
(そしてあざといくらいキャラがかわいい(笑)メガネ好キー先輩ばんじゃーい)
他に自主的に自分の趣味で見たいのは溜め放題なのでもう、ぼんやり気味で(苦笑)
まあ、ダンナ氏の趣味が自分と極端にズレてないのが幸いです(笑)

そんなこんなで。

……そういやふと気づいたけど、最近作品を見てても
キャラの名前が全然アタマに入ってこないや……。脳みそ使ってないぞおいら。うぬぬ。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-07-31 16:40 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/20963240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ミニ官兵衛展 クロカン30 >>