クロカン46

簡易版。太兵衛のつやつや肌が気になる終盤…(笑)

官兵衛さんが野心を抱く流れを、周りからの後押しという運びにしましたね。
主人公は天下取りの野心を自ら抱いてはいかんのか…(笑)
個人的には官兵衛さんて状況が整い次第取れる者が取る、という合理的判断で乗り込んだとみてます。
まあ、でも予告とかであったハラ黒ぽくニヤリと嗤う官兵衛さん楽しみですよ(* ̄∇ ̄*)
それにしてもご老人(前田利家)を目の前に「あんたはもう永くない」とか
ズバっと言っちゃう官兵衛さんドイヒwww
もうちょっとオブラートに包んだってww

三成と福島正則ら七将の抗争?が描かれてましたね。
今回は黒田側に立った目線で分かりやすく対立構図をみせてますが、
三成側にもたぶん言い分はあったと思うのだけど、不勉強でそのへん不明瞭です。無念。
三成だけ悪いんじゃないと思うんだよ…。
しかし、家康に簡単に取り込まれたり言いくるめられたりしてる福島正則や加藤清正、
よく言えば武骨っぽさ、わるく言えば脳筋ぽさ(笑)がすごく伝わってきますね…w
武官だからね。いいよね。

秀頼役の子が所作とかがんばってるのが見ててかわいいです(笑)あの子女の子に見えるんだけどな。
家康、目をこする演出が寺尾さんのこだわりのようですね。
思わず、「い、家康の目が…開いた…!!(カカァ!)」てシャカみたくアフレコしちゃいます(笑)

ああもう残りわずかだなぁ。
登場人物のびんにも白いものが目立ってきたりすると
このドラマに1年付き合っている時の長さを実感します…。
そんなとこで。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2014-11-19 18:04 | クロカン! | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/21316025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 日々是 ひさびさにアニメ感想とか >>