@ タカラヅカ


おこんばんわです、伊山どす。
スカパー導入予定のため、現在お試し視聴期間中です。(約2週間)
その中で、今日たまたま番組表に載ってた番組が気になったので視聴してみました。
「銀河英雄伝説 @ TAKARAZUKA」(・∀・)

そう、宝塚宙組公演による銀英伝です。
スカパーの宝塚専門チャンネル(そんなのがあるの!)のスカイステージチャンネルで
放送されたものを見ました。(2013年1月博多座公演千秋楽)
放送直前に偶然発見したので事前情報とか一切なし。これ見逃したらきっと一生見ないだろうな、
くらいの勢いで(笑)

いやーーー……。凄かったです(笑)「すごい」じゃなくて「凄い」。
衣装はもちろんのこと、演出や舞台装置、演者の豪華さに圧倒されまくり。
自分は基本銀英伝知ってるので、見ていて作品をある程度一般化というか
伝わりやすく噛み砕いて表現されてるなってのが分かったし
あの長ったらしい物語をどれくらいはしょって繋げてテンポよく伝えようとしてるのかも
分かったので、まず脚本の内容、原作リスペクトぶりは全く問題ありませんでした。
その上で、あれ宇宙戦争の話ですから世界観を舞台でどうやって描いているのかとか
しかも宝塚ですから女性演者がほぼ男性メインの物語世界をいかに表しているのかとか、
そういう部分がなんというか素晴らしすぎて圧倒されまくりんぐ……凄かった。

あのね、宇宙戦争、「踊る」んだよ。「踊る」の。戦争。
メインキャストのほかに一般兵士役の人たちが複数いて、
帝国と同盟の軍服に分かれてダンスで戦況を表現するの。ビックリした~!
でもただ踊るんじゃなくて、背景のスクリーンにアニメ銀英伝のような
戦艦の模型?が映し出されてて、登場人物が台詞で説明してくれるから
見ててとっても分かりやすかった。でも踊りで戦争を表現するとはビックリ。
でねでね、基本ミュージカルなのでラインハルトもキルヒアイスも歌って踊るの。
ヒルダさんもアンネローゼさまもミッターマイヤーもオーベルシュタインも(!)
歌って踊るの。凄いよ。それにヤンもトリューニヒトも台詞が歌になるの。うわお。
ミュージカルは過去何度かみたことあるけども、
なにしろ登場人物のみなさんもれなく華やかで衣装も豪華なお姿なもんだから
ちょっと自分が見てきた舞台作品のどれとも異なってて
ほんと……ビックリ、圧倒されました(苦笑)

そういや宝塚歌劇見たの25年ぶりくらい(爆)
そりゃー昔よりも衣装や演出、演者のみなさんパワーアップしてるはずだよね(笑)
なんか、自分が抱いていた宝塚歌劇のイメージより2重も3重も派手に豪華になった世界が
広がっていたので、圧倒されても仕方ないと思いました(;・∀・)
あっ、大階段を降りるフィナーレもあったよ!手でシャンシャンする花、ライトがついてたよ!(笑)
大階段、作品内では半分に分けられてて高低差あるシーンで大活躍でした。
…でもあの階段、そーとう急だよ……あの階段を台詞の合間に
上り下りして息が切れてない演者の皆さん、本当凄い。
そう、宝塚歌劇のスターの皆さん方、本当に素晴らしいというか、凄かったです。
発声も声量も聞き取りやすく伝わりやすいし、ダンスは乱れないし体さばきしっかりしてるし。
複数役がある人はごてごてした衣装の早着替え何回もあってきっと舞台裏戦争状態だろうし
最後のフィナーレなんてトップの人(ラインハルト)が背中にわっさわっさ羽付けて
階段降りてくるんだけど、あの羽、肩とかに聖衣と見紛うごてごてパーツとかも付いてて
あれ何キロ重量あるんだ…、って。それふり乱しながらお辞儀とかしてて
どんだけ身体使ってんねや……!って衝撃でした(汗)

いやー、ほんと宝塚の銀英伝凄かった。歌と踊りで表現される宇宙戦争。
ストーリーは原作2巻までの大まかな見どころはしっかりフォローしてあって
ああ、あの場面あったあった、みたいなシーンがあちこちありました。見やすかったです。
ミッターマイヤー元気に踊ってたし、おべぴーとキルヒがラインハルトを挟んで歌って踊るのも
見てて凄かった。でもキャラの性格改変とかはなかったし、ほんと面白かったです。

なんだかまとまりなくなってしまいましたがそんな感じで、
凄い迫力でした宝塚銀英伝。いいもの見ました^^
[PR]
by katuhiro-iyama | 2015-01-31 22:45 | テレビ、芸能 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/21521434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ざんまい たまには手紙を >>