せいちょうとか


どもです伊山どす。おこんばんわ。
町中にキンモクセイの香りが漂う季節となりました。
うちの町はどうもあちこちにキンモクセイを植樹しているお宅が多いようで、
例年この時期になると鼻にキョーレツな程にキンモクセイの香りが蔓延するとです(笑)
まあ好きな香りだからいいですけどね。
普通に町中歩いてるだけで鼻先に芳香剤突きつけられてるかのような強烈さですけど(笑)

さておき、先週子どもが通う保育園の運動会がありました。
d0025055_23155064.jpg

スッキリ晴天というわけではなかったですが、日差しもほどほどで
程よい気候の元おこなわれまして、1歳児の我が子も前半の2種目だけ参加しました。

どうやら1か月ほどかけてゆっくりと練習をかさねていたようなのですが、
肝心の本番当日は、普段と全然雰囲気が違う風景に恐れをなして、
子どもはびゃーびゃー泣きっぱなしでした(苦笑)
慣れないながらも1,2歳児が手をつないで入場行進する姿が見られるかと思ったのですけど
うちの子、先生にずーっと抱っこされておりましたわ……あはは(笑)
まあまだ1回目ですしね。本人も運動会というものが理解できないことですし。
ほほえましい、という目線で見させていただきました(笑)

あと、保育園っぽくお母さんに向かってかけっこしましょう、ってプログラムに出たんですが
これはちゃんとワタクシの方に向かって駆け寄ってきたので良しとしましょう(笑)
そのまま親子ゆうぎという形で子どもとダンスを踊る!流れになっていたのですが
どのお子さんも踊っていたのはお母さんのみ、という
なんとも気恥ずかしい時間になってしまいました(笑)子ども棒立ちやねん……w
まあ、どこもそんなもんですよね(笑)これもほほえましいということで(笑)

そうやってやっと1つ、「親イベント」をこなしてきました……。経験値5くらい?
別に親イベントが嫌ってわけじゃなくて、こうやって1つ1つこなしていくことで
人は「親っぽく」なっていくのかなあ、って思ったりするのが興味深い感じです。
誰でも最初から「親」なわけではなくて、周りの目や子どもを通して自分を見つめていくことで
「親らしく」そういう仮面を身に着けていくんだろなあ、って思います。
ほんと、子どもを見てたら不思議なくらい自分の子供の頃のことを思い出します。
そうやって我が子を通して自分や、自分のまわりを見つめなおしていけるのが
この時期の大切なことなのかなって。思ったり思わなかったり。

そうそう、子どもこの頃は宇宙語がはげしくなりまして(笑)、
絵本や八百屋のくだものとかを指してこれなあに?と聞いてみると
「◇@;&%$!」って答えてくれたりはするんですがまったく宇宙語でして(笑)
何言ってるかわかんない、ってよく言ってます(笑)
本人としては物の名前を発音してるつもりなんでしょうけどね(笑)
意思と発語がまだ結びついていないという感じ。
でもオトナの言うことは大抵理解してるようで、
ゴミぽいしてきて、と試しに頼むと、本当に台所のごみ袋に捨ててきたりとか(!)
子どもなりに出来ることが増えてきてすっごく成長を感じます^^
つい1年前まで何かにつかまって立つことしか出来なくて、
ハイハイとかしかできなかった小動物が立って動いて自分でものを考えるようになってくなんて
ほんと人間の成長って面白いです。今しか見られないので大切に見つめていようと思います。

そんな感じで。なんか面白いネタとかあったようだけどまた忘れちゃった(爆)
買ったつもりのカボチャをどこかに落としたくらい?(何じゃそりゃ;)
ホークスが優勝したらまたセールなんで楽しみです~w
そんなところで!ではでは。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2015-10-15 23:12 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/22329444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< モエ燃料投下 秋の新番感想 >>