半死半生アニメ


はっ、気が付けばもう週末ではないか。
すいません伊山どす。のんびりしすぎています(苦笑)

オルフェンズ8話視聴。というかリアタイで見てたのに
あんまりにも悶絶させられたもんで興奮が覚めて落ち着くのを待っていたら
もう週末という体たらく(笑)

今回は前回の戦闘のオルガ視点から。
というか前回戦艦同士がすれちがう瞬間にモビルワーカー射出して
相手艦に乗り込んで白兵戦挑んでいるというオルガの作戦無謀すぎるだろ(笑)
うまくいったからいいものの(苦笑)
そんで相手艦、名瀬さんが乗ってる船はいわゆる名瀬さんのハーレム艦で(笑)
乗務員全員女性。警備係とかオペレーターとか整備員もかな?女性だけで艦1隻動かしてる。
しかもみーんな名瀬さんのお手付き(笑)らしいからねw
招かれたクーデリアちゃんとか十代のみんなドキドキw
(さらに居住区には乳幼児5人も乗せてるという、名瀬さん器の大きいダンナw)
名瀬さんとオルガの交渉、やりとりを見てると
少年たちの目線に下りて対等に話してくれてるオトナの名瀬さんと、
体面をつくろいつつ相手の懐の大きさに押されて飲まれそうになっちゃう若造オルガたちの会話
という雰囲気を確かに感じさせられて、なかなか興味深かったです。
名瀬さんいわくの「青臭くてケツがかゆくなる」話題だったけども。
ちょっと嬉しかったりもするよね、そういう気概のある若造が向かってくるとさ。

まあ、そんで木星のマフィア企業(笑)「テイワズ」の庇護を受けられないかどうか、
名瀬さんの計らいでテイワズ社長と対面させてもらえることになりました、というところまで。
会話がメインの回でしたがやりとりの中でキャラクタの内面の変化とか個性とかを
しっかり描写してきてぐんぐん引き込まれる、という脚本だった印象で
すごく面白かったです。
そう、珍しくミカが落ち込んでてそこをオルガが見透かして彼なりの寄り添い方をしてたのが
なかなかいいシーンでした。そうだな、俺も頑張らないとな、って。
ミカはミカでオルガに見捨てられないようにしなきゃね、って本人の目の前で言い放って
こいつ天然だとワタクシを悶絶させたりもしてきやがりましたが(爆笑)

っていうかね、予告!予告がね!!
宇宙戦闘とかするロボアニメだと思ってたのに
なんでか名瀬さんとオルガとミカが 和装 してたりするからねwwww
黒の紋付着てたからね!!それも無駄に違和感なくて似合ってたからねwwww
もうたまらんちんですよなんですかこのアニメ公式が萌えころしにきやがってますかwwww
どうやらテイワズが和風の、日本テイストの環境らしいからそういう恰好するようなんですが
どうしたもんだこれはww普通和装は視聴者が同人でこっそり着せたりするもんだろ(爆笑)
ほんともう、見た瞬間ワタクシ冗談抜きで転げまわって床バンバン叩きましたからね……
そこまで悶絶させられたのいつ以来だこのうwww(アイマスでもそこまで悶絶してないかも)
もうやられましたこのアニメ……たまらんちんですどうしてくれよう(萌)

……ほんとワタシこのアニメどんだけハマってんだよ……
こらえきれずにとうとうtwitter別アカ作っちまったよ……(爆)@ma___iccana
サブアカ作ると管理が面倒だからしないと常々思ってたけど
そんなのどっか行くくらい萌えモエだよオルフェンズ……つ、罪な作品だ(汗)

いや、もう、ほんと、ここまで萌えたぎってしまったアニメは久しぶりです……
この萌えの嵐にいっそとことんまで翻弄されたいので
どうぞしばらく放っておいてください(笑)せめて生ぬるい目で蔑んで……www

なんかオルフェンズだけで埋まるなこれw
他にうしとら見ましたけど とら があくまで妖怪の理論で行動するのが
面白いですね。当時から斬新だったんだろうな。
うしとらを作ってるスタジオさん初めて聞く名前なんですがこの頃台頭してきた所
なんでしょうか。すごく気合い入ってて出来もよいので尊敬します。素晴らしい。

そんな感じで。失礼しました(笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2015-11-27 22:52 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/22573606
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< つれづれ…… 見ているあにめ >>