たまにはモヤるアニメ


アニメ感想でっす。
あーもうオルフェンズも16話。たぶんあと7,8話だと思うけど
どうなんだこれちゃんと一応終わるのか?(笑)
OPにちらっと出てる新キャラはいったいいつ出てくるのか?(笑)

さておき、今回は見ててかなりモヤりました(苦笑)モヤるというかもにょる(^-^;)
労働者たちのクーデター騒ぎの話に入ってからどうにも自分の考えと物語の展開が
ズレてるというか見てて納得できない印象がぬぐえなくて……。
そりゃそこを敢えて狙った物語展開だという見方もあるでしょうけど
ここまでのオルフェンズはリアリティを感じさせる展開が多かったので
なんでここで急にご都合主義的な……「作りがあまい」内容になったのかなあと
モヤることしばし(苦笑)……ワタシ創作物にいろいろ求めすぎでしょうか……(苦笑)

なんかね、武器弾薬見せつけるようにデモ行進までしておいて
「あくまで話し合いで決着するように交渉を持っていく」ってさ……(苦笑)
いや、もう武器見せつけてるだけで話し合いの余地ないじゃん?会社側怯えるじゃん?(^-^;)
まあね、武器弾薬を組合員側に横流しするところからもう
ギャラルホルンの掌の上とか言われてもいいですけどね、まあそこはいいとして。
そんで武器並べてシュプレヒコールあげてるけど会社の前にはギャラルホルンの武装があって、
一般人ならそこであれ、これ戦闘行為になるんじゃね?って思ってもいいと思うんですよね(苦笑)
そしたらいわゆる”ずさんなシナリオ”に引っかかって
ギャラル側の攻撃の糸口を簡単に差し出すことになってあれよあれよと全滅ですよ?
組合員の皆さん生活かかってるはずだったのに
痛いとか死にたくないとか叫びながら全滅ですよ?なんですかこれ。
アホちゃうかと。武器弾薬持ちだした時点で話し合いによる交渉なんか最初からする気ないと
思われると考えんかったんかと。ただ武器持ちたかっただけなんやないかと。
甘いですよね。組合員の皆さんあますぎる。どうしてこういう描写になっちゃったのかな。

こういう、戦闘行為に慣れてない庶民の描写をしたかったのなら
もっと他の状況を設定すればよかったのにな。これから紛争になる前段階の地域とか。
武器を手にすることから考えられる状況を想像することが全くなされてない。そこがもにょる。
それなら武器を持っていることが当たり前の鉄華団の環境と比較して描写するとか
すればよかったのにそこに至ってないですしね。設定の意味がわからんです。

まあ百歩ゆずってクーさんが銃撃の中でも奇跡的に無傷だったのは
今後の話の流れ上良しとしましょう(笑)
しかし一般の組合員がクーさんの顔を知っててマスコミクルーが知らないってのはなんで(笑)
どんだけ仕事にあまいクルーなんや……。それともギャラル側に寄った報道してるとこからして
ギャラル側の統制がかかってるとかかいな。ギャラル側を批判する人物は敢えて報道しないとか。
(そしたら組合員がニュースで見ましたと言ってるの矛盾するけどな……)
そういう設定の抜け?が今回特に感じられて見ててだいぶもにょりました(苦笑)
宇宙空間の描写といい、制作側に抜けが感じられると見入ることが出来なくて困るわあ……(^-^;)

さておき、今回ミカアトとミカクーが見られたので
ミカ総攻めの自分としてはそこは満足しています(笑)
アトラとはミカが丁寧に心配してるところがあって嬉しかった。雑じゃないのがよかった(笑)
あとクーさん、ミカに腕引っ張られながらずるずる引きずられてて
シリアスな状況ではあるんだけどそういう扱い方される女子って少ないよな(苦笑)って
思って、そこは雑な扱いなのが良かった(笑)
ワタシ三日月を何だと思ってるんだろう……ww

フミタンが退場しましたが、なんかもう前述したように
あまり物語に入り込めないまま見てたのでふーんって感じでした(苦笑)スイマセン。
フミタンもよくわからなかったよね、裏切者と告白してふらふらどこへ行くのかと思ったら
宇宙港?どこへ逃げ出そうとしたのか?わからぬ(苦笑)
クーデリアが最後泣くことができたのだけが救いでした。
あの子はほんと無神経に近いくらい図太い。そういうキャラ造形ができることが凄い。

ちょっと今回は辛辣?な方向で視聴しましたが
次回以降また萌えが投下されることを願っております(笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-01-30 23:38 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/22832675
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 鉄オル? 余裕がだいじ >>