丸4話


真田丸4話視聴。挑戦。
再放送を待ってたら更新遅くなってしもうたです(苦笑)

いやー、昌幸パパの「表裏ひきょう」ぶりがしっかり見られた回でしたねえ。
家康とのだまくらかし合いの場面ではハラハラ&ニヤニヤしましたw
敢えて織田へ渡るように流した上杉への手紙について問われ、
それは服従を迫られたための返答文、それがここにあるというのなら
真田は上杉に攻められるからこれは織田に守ってもわらねばなあ、とか
ぺらぺらとよく出てきますよね(笑)
そこは想定内だったとしても、家康がたたみかけてくる。
この手紙は敢えて織田にわたることを思い描いて(想定して、という言い回しが
使えない時代なんだろうなあ)、書いたものではないのか。本当かどうか
今むこうに兼続待たせてあるから聞いてくるわ、とは(笑)
見てるこっちは真田の言い分しか知らないから本当に兼続いるのか?と思ったけど、
言葉のウラを読むと家康のこの言質もカマセっぽいですね(笑)
家康と昌幸パパのにらみ合い、がっつり10秒はありましたか。キツネとタヌキの化かし合いw
どちらかが目をそらした時が負けだったんでしょうねえ、緊張感ありました^^
(ところで織田信忠の役者さん、声を張って清潔感もあってかなり良かったです。
舞台役者さんだそうで、これきりの出番?なのが惜しい)

信繁が見てないことは描かない、というコンセプトらしいので
本能寺の変はほんの1分程度(笑)いっそすがすがしいw
しかし真田家が織田に従属した直後に本能寺勃発とか、史実ってほんと面白いですね(笑)
そりゃ昌幸パパでなくても信長めーって言いたくもなります^^;
それにしても高木さんこと茂誠兄、毎回ちょこちょこ出てきますけど癒されますねえv
今回はポプリというか匂い袋を作って松奥さんとおそろいv
松さんとのラブラブも見ててほのぼのだし、茂誠兄のこれからも気になります^^

さらっと見てしまってますが時代考証とか背景セットとかロケとか
何気に凝ってますよねえ。そのへんも注目しながら見ていこうと思っています^^
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-02-06 23:51 | さなだまる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/22856394
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< うきしずみ 鉄オル? >>