丸6話


真田丸6話視聴。「迷走」。今回はうp早いですよ(笑)

昌幸パパがあれに賭けるとかあちらに付くとか言うと
ことごとく行き先ダメになってしまうあたり、昌幸パパ自分で言ってたけど
疫病神かも(苦笑)てゆーか、見てるこっちはついつい
ほんとに時流が見てるのガチ行き当たりばったりじゃないの?って
半分笑いすらこみあげてしまうんですけどw
そこすら狙っている脚本なんじゃないかと深読みしてしまいたくなりますねw

迷った昌幸パパ、信繁の言葉に目の前が開かれたか、
「良き息子よ……」と3回繰り返す溺愛ぶり。大事なことなので3回言いました(笑)
でもたしかに、信濃という土地があるから諸大名に目をつけられるわけで、
そこを逆手にとって信濃を守り切れば十分大名たちに太刀打ちできる計算になるわけで。
ラスト近くの盛り上がり、よかったですね~!ぐぐぐっと、真田家やるぞー!みたいなw
信繁のパパを見る目もキラキラした感じで、やっぱりパパすごい!みたいな。
男としてはそういう野心に燃えますよね。(信之にーちゃんはあっけにとられてたみたいだけど)
しかしその大博打も本当にただの負け博打になりそーなヨカーン……(苦笑)
ほんと、パパの言動は強いけど不信w←そこも表裏比興のもの、っぽい

信繁は松ねーさんや人質の皆さんを逃がす途中にねーさんを見失ってしまう。
ちょうどガケから飛び降りる瞬間を見せるなんて、酷なこと……。
茂誠兄にねーさん任せられるから信繁その点は楽かな、と思いきや。
というか、茂誠兄、奮戦してましたよね!高木さん立ち回りしててかっこよかったです!
(信繁の小太刀逆手持ちに地味に萌える……)
松ねーさん退場かと思われましたが、におい袋を持ったままどこかに保護されたようです。
茂誠兄もどこか姿をくらましたようだし、このラブラブ夫妻どうなるんでしょうね。
そこも視聴者を引き付ける視点にさせるんだろうな。

北条氏政こと高嶋政伸の演技がちょっとケレンミを出しててよかったです。
高島兄、こんな演技する人だったかしら。お殿様然とした雰囲気の中に腹黒さも隠してる印象で
これから気になります。あっ、氏直の役者さんも気になります!

ロケも多いし毎回見ごたえがあります^^あ~また次回も楽しみv
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-02-14 22:53 | さなだまる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/22881090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< がっつりアニメ感想 冬ならでは? >>