丸7話


日付が入れ替わってしまいましたが(苦笑)真田丸7話感想。奪回。

沼田と岩櫃のお城を奪回、はサブタイ通りあっさり奪回できましたが
実は滝川一益、何もせずともお城を返そうとおもっていたとのこと(笑)
えっ、とガチで驚いてしまって、そこまで驚かんでも、と言われる昌幸パパ(笑)
そして人質にしていた おとりばばさま を奪回するサブタイに。

そのミッションを請け負った信繁ですが、すんなり滝川陣営に紛れ込めたのは
少し前に混乱に乗じて敵城に紛れ込めた経験からですなw
うまく逃げおおせるところを見つかって、滝川軍か小諸城陣営かと言葉を入れ替えるあたり
舞台演劇のシチュエーションコメディみたいでした^^ミタニンお得意な感じですね。
つかまってしまった信繁、なかなか打開策がなくて厳しそうでした。
まあそれもこれも、幼なじみのきりちゃんがトラブルメーカーだったせいですが(苦笑)

んで、人質が見受け?されて木曽義昌のものに。
子悪党な盗賊っぽいおっさんかと思ったら、おとりばばさまの前ではただのおっさんw
どうやら昔から知り合い(たぶん信玄公の元に一緒にいたんでしょう)で、
人質を離しなさい、と一喝してくれたのが効きました。
なんか、そのおばばさまとおっさんの昔馴染みという関係が
のちのち別の組み合わせでも出てくる気がしないでもないw
ともあれ信繁(と三十郎ときりちゃん)は晴れて真田の郷へ。
てか、おばばさまを奪還するミッションだったのにwそこは残念でした信繁くん。
さすがにパパに怒られちゃったけど、もう1つ別のミッションを言いつけられる。
(ちゃんと復活の機会を与えてくれるパパやさしい~)
それは上杉軍の配下武将を調略⇒裏切りを促す工作をするミッションだった……
というところで引き。

今回は久々?に信繁くん活躍回でしたね。しっかり主人公。
コミカルなやりとりもあり、すんなり見られた印象です。
あっ、そうそう北条軍の参謀?に坊さんが居たけど(板部岡)
あれ「相棒」の暇課長さんですね!w意外な配役だw

そんな感じの7話でした。再放送(再丸)待つと更新遅くなりますね…すいません。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-02-29 22:46 | さなだまる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/22933727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 3月ですね 丸8話 >>