しりあす急展開


おこんばんわですオルフェンズ感想文です(笑)
あの、21、22話とシリアス展開が続いてあまり萌え~とかうひょ~とか
言いづらい内容になってきたんですが
やっぱり感想は書きたいもので(笑)、2話分まとめてです。

21話では参謀のビスケットが死んでしまって……!
冒頭からいきなり故郷の火星の様子が出たりして伏線ばりばりだったんですが(苦笑)
まさかいきなりメインキャラの1人が退場してしまうとは……。
さすがにビックリしてこの話はまだ2度目を視聴できていないです(苦笑)

あの、突如乗り込んできたマロ眉ねーさんことカルタさんですが
行動がいちいち大げさなだけで、軍人、指揮官としてはすごくちゃんとしてますね。
戦闘状況の変化に的確に対応してて戦術の指示も巧みです。
その辺はめっちゃ勉強したんだろうなあと思われます。
22話でなんとか逃げ切ったようだけどどうやって切り抜けたんだろうか……。

地球に到達した直後から「火星へ帰る」「帰ったら」みたいな会話が
あちこち出るようになったんですがこれはどういう伏線なのか……。
帰還を期待している仲間のなかで、まだできない還れないと1人言い切る三日月が
いっそ浮いて見えた。てか、22話思ったけど
ミカ、正直ビスケットが退場しても特に感情を揺さぶられてない感じなんですよね……(苦笑)
いっそ「オルガを危険な目に遭わせようとした奴」としか認識してないような
雰囲気すらあってね(苦笑)こわいなー(苦笑)
そんでね、さすがにオルガかなり凹んでたんだけどミカがばんってトビラ開けて現れて
泣きごと?言うオルガに突きつけた言葉が
「オルガ、俺は次なにをすればいい?」だもんね(汗)
一見、これミカがオルガを強い言葉で励ましにきたように思えるシーンでしたが
見ててミカ、一方的に自分の言いたい事だけを言いに来たように思えました。
「俺は何をすればいい、目指す場所はここなのか、連れてってくれるはずだろオルガ」
だもんね、いつもはオルガを見上げているミカがオルガの胸倉掴んで
瞳孔ひらいた目でガンつけてくるとオルガでなくてもヒイィってなると思う(苦笑)
てか、ここかーなーり公式様最大手と感謝申し上げたい気分でした(笑)
ひさしぶりに公式ミカオルきたーーー(*゚Д゚*)って内心テンション上がってましたww
ありがとうミカオルありがとうミカ攻め……感謝かんしゃ……(オイ)
2度目視聴したらちょっと落ち着いて見られましたけど(笑)
だけどもしオルガがこのミカの行動で立ち上がらなかったら
たぶんミカ、いつも右ポケットに忍ばせてるはずの銃でオルガ撃ってた気がするんだよな;
そのくらい、このシーンのミカは「オルガと俺」しか見てなかった感じがしました……。

すごいよねこのくらい共依存の関係性を描きだせるアニメがあるとは参ったわ(苦笑)
しかも地上波日5、やられた(笑)たまらんわ……見てるだけでいいこの2人。うん。
萌えます、ありがとう公式様ありがとう(笑)

ええと、何の話でしたっけ(笑)
あと2話?3話?で終わりみたいです。ブレーキ役、穏健派だったビスケットが退場して
前に突き進むしかないオルガとそのオルガにブレーキなぞを与えないミカ。
鉄華団は独立愚連隊になっていきます…オルガの演説といい、ほんとこれ不良モノだな(笑)

ああ、そういえばギャラル組のアインはぎりぎり退場をまぬがれましたけど
この世界は延命医療が発達している設定だそうで、アインは機械化すれば復帰できそうな……?
しかしアラヤシキをそそのかすマクギリスさん、オルガをそそのかすミカと対比してる感じも
あって、気になります……。
(そして自分で鉄華団かくまってるくせにしゃあしゃあと内通者がいるぽいよとか言うあたり、
ハラグロ通り越してサイコパスのにおいがしてきたよ……(苦笑))

なんかまとまりなくなってきましたが(苦笑)ほんとシリアス展開になってきたので
ますますハラハラしながら続きを見ていきそうです……
最後まで見守っていこうと思っております。
(しかしラストまでの内容によってはケチョンケチョンに言う覚悟あり(笑))
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-03-07 23:08 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/22957533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< もう5年 3月ですね >>