とつげきアニメ感想


おこんばんわです伊山どす。潔くオルフェンズ感想でっす。23話。

いやー……なんつーか切ない話でした。
ミカが、オルガにビスケットの最後の?言葉を伝えるとは思ってなかったんですが
そこでオルガ泣きそうになったもんでミカわざとらしく席をはずしましたよね(笑)
そういうとこは萌えだったりしたんですが(笑)、今回は全体的に切なくて。

雪辱の機会を与えられたマロ眉カルタねーさんが
騎士道よろしく決闘の申し込みに乗り込んできたんだけども
(赤マントをひるがえしたモビルスーツ見てオルガ、あれ?って顔してたよね、きっと
3話のクランクさんの決闘うんぬんを思い出したんではないかな)
その決闘を受けるかどうかの返答とかそういう段階すっとばして
ミカがあっちゅーまにカルタ隊3機ぶっつぶしに飛び込んできたのには
正直 さすがミカさん って思いました(爆汗)
つーか、ミカがバルバトス乗って待機してる時に
生身さらしながらカルタ隊がガン首揃えてるなんて場面見た瞬間に、
ああこれやばいミカさん絶対ボコる間違いない((((;*Д*)))って
心底怖かったですもん(汗)キレッキレの三日月さんの前にのこのこ現れたらアカンて……。
(案の定、最初に突撃された部下の人、なんかぽそって音して落ちてったもんね(汗))
ここはさすがの鉄華団でも「ひでえ」とか言われてましたな(苦笑)さすがミカさんやでぇ……

結局三日月無双でカルタねーさん一方的にボロボロにされて(いっそあれは虐殺だったなと)
かろうじて寸でのところでガエリオが新MSで助けに来たわけですが
(キマリストルーパー、ケンタウロスみたいなシルエットでまじかっこええ!)
その声をマクギリスと間違えたままカルタねーさんは逝ってしまいました……。
タイトルの最後の嘘、ってカルタねーさんへのガエリオの優しい嘘だったんですな(´・ω・`)
切ない……。

それにしても切なさマックスなのはアインだ(汗)
アインの意識が戻りましたってガエリオが連れてこられたのがMSの格納庫で
ん?って思ったら元気なアインの声が目の前の新型MSから聞こえてきて、
ここでワタシちょっとゾッとしたんですけどアイン、MSの一部になっちゃったんですね(汗)
一瞬見えたコントロール画面の上に、「グレイズアイン」って表示されててですね……(怖)
(これはいわゆる「バルバトス三日月」ってことでこのネーミングセンスちょっと待て)
しかも背中にアラヤシキコネクト3つ、腰から下が直接マシンとつながってる、という
シルエットでですね……あああ、アインもう君は食事も生殖行動もできなくなったんだな(爆)
つらいわ……せつない……。ガエリオでなくてもこれでいいのか……?って
問いかけられてる感じがしました(汗)

さて……予定された放送話数はあと2回なんですがこれ終わるんでしょうか(爆)
地球での目的地に着いたところで続いたわけですが……この作品ほんと
ジェットコースータードラマだから先読みとかまったくできない;
公式さまが提供されるお話をそのままありがたく頂戴するだけでありますm(_ _)m
(ネット配信の次回予告、三日月バージョンで淡々と語るだけだったから
またそこで地味にミカ萌えるわけですがまあそれはそれとして(笑))

2期があるというウワサですがこのまま日5枠でいけるのか……?
放送枠変わるか劇場版で終わり、とかありえそうだな~どうなるかな~
そんな感じで。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-03-14 22:37 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/22978240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< おでかけだったり 丸10話 >>