丸14話


真田丸14話視聴。大阪。

しょっぱなから上杉主従に大変萌えましたww
なんか景勝さま、信繁の状況聞いて眉八の字にして自分のことのように
シュンとしちゃって、その様子を横目でチラッチラッと見ながら
おもむろに兼続が口をひらいで話題を変える、っていうコンビネーションがもう萌えww
兼続どんだけ景勝さまのことフォローしてんだよってww
それに信繁相手にまた見栄を張ちゃった景勝さまの事情を兼続が説明してくれたりして
どんだけこの主従、というか兼続バックアップしまくってんだよとw
楽しいわ~見てるだけでニヤニヤするわ主従~(笑)
景勝さまゴツそうなのに自己嫌悪とかションボリしてて、天使とか言われてるのも納得ですわww

ええとその天使景勝さまに誘われて信繁は大阪へ向かうことに。
きりちゃんもついてくるわけですが(子どもはなつかなかったのね……)
このきりちゃんの参加がきっとあとあと効いてくるのかなと。
そんで個人的大注目は石田'ヤマコー'三成かと!!w
もーやっぱりヤマコーこと山本耕史氏、時代劇の恰好してるとどうしても歳さま引きずっちゃうw
いや、それは見てるこちらの問題ではあるんですがw
信繁いわくの「人を不快にさせる何かをもっている」ww
こんなに的確に石田三成を評したドラマがあったろーか!!ww
そしてその絶妙に不快感を出せるヤマコーさんさすがっすな(゚∀゚)
(そして兼続の評価は正反対なのがまた笑えたw三成と兼続、絶対気が合うわww)
ワタシ個人の石田三成の評価って「人情を読めない政治家」なんですけど
今回の三成もその系統のキャラ造形になりそうな感じですね~。
ミタニンのことだから側面からいろいろ描き出しそうだけど…^^
奥さんの うた さんとか気になるわ~

清正はこの頃は石田三成と共に秀吉の子飼い、旧知の仲なので
自宅におしかけてきて廊下で寝ちゃうとか親しそうな雰囲気でしたね~。
セリフの端々で昔の仲間だって感じが出てたのが良かったな。

よかったといえば牢屋での画面がよかったなあと。
’きっと何とかしてくれる’信尹おじさん、牢屋から石川数正をそそのかして(!)
結果的に真田家を守ったんですが、そこを家康と本田正信が問い詰める場面。
牢屋の格子のすき間からうまーい具合に見えるように構図が考えられてて、
特に正信が「首がおちる」っていう手の動きがきちんとすき間から見えるようになってて
よく考えられてるな~!ってめっちゃ感心しました。上手い。

今回徳川家、石川に出奔されたり秀吉におびえたり地震にあったりで
さんざんでしたね(苦笑)慌てて駆け込んでくる正信のミニジャンプ!が良かった(笑)
地震のシーンも家康の慌てっぷりが上手く出てて、ほんと役者さんてすごいなと。
頭に座布団かぶって木に登ろうとしてる慌て者久しぶりに見たわww

それにしてもめっちゃ気になるシーンで引きましたね~今回。
まさか秀吉が飛び込んでくるところで続く!ってなるとは思いませんでした(笑)
信繁くんてば今回いきなり茶々さんに会ったり大阪城に驚いたり
飛び込んできたキンキラさんにビックリしたり、目がまんまるのままでしたねw
大阪編では今後まで後を引く重要キャラが続々出てくるので
目が離せないですわ~次回なんて大谷'ラブリン'吉継出てくるからね、三成とどう絡むかねw
うふふ。

大事なことだから3回言いました信之にーちゃんも楽しかったです(笑)
そんなこんなで次回も期待!(^0^)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-04-12 23:08 | さなだまる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/23062455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 揺れたよ~ 楽しい時間はあっというま >>