丸15話


真田丸15話視聴。秀吉。

いやー、小日向さん演じる秀吉がめちゃくちゃ人間味があるというか、
血が通っている秀吉というか、すごーく「秀吉」っ!って感じがして
とてもとても魅力的でした^^

この作品の秀吉は信繁みたいな才気ある若人がお気に入りという人物像みたいで
信繁があちこち連れて行かれていろんな著名人(笑)に会うのが楽しい展開になってましたw
石田光成、大谷吉継、茶々に利休に最後は羽柴一族……主人公とはいえ様々な関連人物に
会うことで今後の物語展開がさくさく進みそうだなって印象があって
とても面白かったです^^

というかですね、組!ファンだった自分としては
小林隆さんの片桐且元とヤマコーさんの石田三成が同じシーンにいたり
三成と吉継の席に堺雅人さんの信繁が居たりするだけでもー嬉しくてうれしくて(笑)、
ニヤニヤしちゃったりしましたwうほほ。
(ついでなので組!!最後の一日の感想文リンク貼っちゃえ(笑))
得にねえ、ヤマコーさんとラブリンさんが差し向かいで飲んでるカットなんて
もうワタシの目には2人とも黒い西洋式軍服を着て「これはサンドウイッチ」なんて
会話を交わしてるかのような姿が幻視できて(危)、いやーたまらんちんでしたよ(爆笑)
これは前にも書いたんですが、ミタニンワールドではきっと
吉継と三成は幕末に生まれ変わって箱館で戦友になったという裏設定があるんだろうと
勝手に思い込んでおります(爆笑)ふはは。
いやーいいよね役者さんで見るなとは自分でも思うんですが
こればっかりはね。組!ファンのサガというかね。すいませんね(苦笑)
今後2人とも信繁に絡んでくるのは知っているので
どういう展開で関係が描かれていくのか、楽しみでござりますよ。ええ。ええ。

ええとその他には秀次がおバカ系で可愛いなあとか
(秀吉先生の授業スタイルの問答がついブッと吹きだす感じですごく良かったです)
おねね様こと寧(ねい)様がコテコテの尾張弁でかわいいなあとか
また例によって安請け合いする景勝さまをジトリと一瞥くれる兼続の主従が相変わらずいいなあ
とか、
信之にーちゃんが信繁と比較されて落ち込んじゃうとことか
(火遁の術つかう出浦さまちょーかっちょえええ~。しかし城内で火はやめた方が(笑))
もう見どころたくさんでしたね^^
個人的には羽柴一味の顛末についてはある程度知っているけど
もうこのドラマの流れにながされるままどんな気持ちになって眺められるか
大人しく見守っていこうと思っております。ドラマに流されて揉まれていくシアワセ。

次回はまた昌幸パパが活躍しそうかな。楽しみたのしみです~♪
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-04-23 20:17 | さなだまる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/23089749
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< じしん1週間 春のしんばん >>