丸17話


真田丸17話視聴。再会。

物語が動いた感じで面白い回でした。というか、知ってる史実を取り上げる回だと
おお~これが、という感じで余計面白いということが分かった(笑)

もしかしたら史実では家康の真田討伐から上洛までの間に真田家で何をしてたのかが
不明?なのかもしれませんね。なので昌幸パパはひたすら焦らす、という形になってるのかも。
でも確かにギリギリまで上洛を粘ると家名があがるというか
価値を釣りあげることにはなってそうですね。
まー、個人的には信之にーちゃんと同じく早く上洛したら?っていう感想ですが(笑)
にーちゃん、おこうさんに愚痴ったりしてあせってるのがかわいい。
あの2人なにげなくほんわかした夫婦になってて見てて和む(笑)

信繁、今回はちゃっかり活躍しましたねw松ねえさん?を見つけたり。
きりちゃんを、茶々さまから逃げるダシに使おうとしたり(苦笑)
あれ、案外茶々さまには逆効果だったかもしれないな~。どうだろう。
きりちゃんぬか喜びさせないといいけども……(汗)
そして秀吉と家康の深夜を対面を信繁が仲介するとか、かなり興味深い展開に!
史実のスキマというか、あったとしてもいいんじゃないかと思えるもっていきかたで、
だけど肝心の両者の会話には信繁ほとんど関わりがない、むしろ居なくても
話が進んでいる、っていう「居ても居なくてもいい具合」が見てて小気味よかったです(笑)
あのシーン、信繁の顔映ってなくても別に問題なかったよね(笑)面白かったw
しまいにはあの三成に、「上杉にも家康にも秀吉にも取り入るとは、お前何ものだ」
とかまで言われちゃうんだからこれは信繁の勝ちでしたwうひひ。
やっぱりあの2人が直接会話してるシーン見てるとニヤニヤするわ……萌えええ。
(お手紙検閲!?されてましたね、届いてる設定だと史実とのつじつまが合わなくなるのかしら)

三成のひととなりが清正や福島正則との会話で見えてくるのが良かったですね。
(突っかかる清正の姿とか見てると戦国無双やってる人萌えてそうだなあとか思った(笑))
不器用というより、表現方法に難ありなんでしょうねこの三成は。
そこを信繁と絡んでくることでどんな姿に見えてくるのか楽しみッス^^

あ、出雲阿国がでてきましたね。ミュージカル系の女優さん?なのかな。
演技も上手い方でしたしなんか踊ってるシーンは見せ場というか
緊張感があって引き締まっている印象を受けました。すごいな。お衣装もハマっていた。
この方の踊りを見せるための画面づくりをされてるなと思えるほどでした。
しかしそのシーンの隙間で見せる秀吉の怖いこと(苦笑)
茶々さまのこと頼んでくるとか……こわいわぁ^^;

そういえばタイトルはダブルミーニングでしたね。
家康と秀吉の再会、と 信繁と松の再会。お松さんに関しては確証は出てないけども。
芝居がだんだん難しくなってきてますぞ、にウケタw
陣羽織を下さい、のシーンは本当は仰々しく、でも白々しくなってるのが普通は面白いんですけど
今回はそれすら超えてむしろ「見せなくてもいい」くらいの扱いになってるのが
また面白かったですw有名なシーンをあえてナレーションでかぶせるというないがしろっぷりw
この作品の重視するところが見えてくる感じですね。楽しいw

お松さんが出てきたということは近いうちに小山田さまも出てくるかな~^^
うふふ楽しみw そして史実と今作とのありそうでなさそうな相違を見つけたりするのが
ちょっとずつ楽しくなってきましたwワクワク。
そんな感じで。まとまりなくてすいません!
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-05-01 22:18 | さなだまる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/23110681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< しょーかしょか 丸16話 >>