もう暑い


おこんばんわどす伊山です。もうあっついですね(汗)
太ったせいか知らないけど今年は既に暑くてたまりません(苦笑)
あかん……半袖になるの1か月くらい早い気がするで……。

ええと、先日子どもの保育園で遠足があったんで行ってきました。
例年は熊本市の動物園に行ってるそうなんですが
当地はいまだ少々揺れているということで、
今年は福岡市の動物園へ連れていってもらいました。大型バス8台の団体様です(笑)

福岡市動植物園は都心部からそう離れていないところにあって、
いきなりぐぐっと上るほどの小山を利用してつくられている施設なんですが、
あの……実は周辺がけっこうな高級住宅街でしてね……(笑)
流れるバスの車窓からかいま見える都会的なお住いの数々&シャレオツなお店……。
思わず指をくわえて見入ってしまった田舎者なワタクシをお許しください(苦笑)
いや、でも坂道の途中に出来た住宅地って大変よね……
駐車スペース無いし、あってもサイドブレーキ最大にしないとあかんような急こう配だし
地下だと浸水の心配があるし……良し悪しよね(苦笑)

あ、まあいいや(笑)肝心の遠足ですが
到着した直後は雨の心配があったものの、どんより曇り空のまま園内廻っていると
次第に重たい雲が晴れ、帰るころには強~い日差しも覗くようになって、
お天気には恵まれたと思います(笑)カサもささず快適でした^^
去年は子どもがまだ歩けなかったので抱っこひもで動き回ってめっちゃ大変だったんですが(苦笑)
今年は子どもが元気に歩き回ってくれるようになったので
その分すごーくラクでしたwときどき抱っこしたけどあちこち目新しかったようで
そんなに抱きっぱなしってわけでもなかったのが有難かったです(笑)

動物もかなり種類多くて、大小とりあわせて100種類以上はいるのかな、見応えありましたよ。
最近の動物園のブームというか、展示方法の変遷の流れとして
ゾウ舎とオランウータンのスペースは最近新しくなったそうで、
自然本来の姿に近い環境で見られるように工夫されていました。
ゾウは水浴びが出来る流水池や大きな岩や木、土や低い雑草などが違和感なく配置されている
広~い空間で、透明なカベの向こうにゆったり生活してる姿が見えるようになっていました。
優しい顔をしたのんびりやさんのゾウさんのようで、
こちらが見てるのも厭わず、なぜか体を前後にゆすり、ボックスステップのような
ゆったりしたダンス?を見せてくれました(笑)あれ何だったんだろうな(笑)

オランウータンは高さ7,8mはあろうかという鉄塔が立ってて、
その周辺を蔦を模したロープやひもでつながっている感じで、
彼らが本気だせば鉄塔の合間をひらひらと手を使って移動したり遊んでる様子が
見られたんでしょうが……気温が高かったのもあって奴ら日蔭で寝そべって
休日のおとうさん以上にくつろいだ姿を見せやがってました(爆笑)
でも間近で眺められる窓から見てると寄ってきてくれて、
でっかい顔と手、ふかふかそうな体毛を押し付けてきてくれましたよ(笑)

しかし小高い山に作られた動物園、歩いてると意外と起伏がはげしく(苦笑)
けっこう疲れました(苦笑)子どもが喜ぶだろうと思って
ウサギのふれあいコーナーの近くで昼食を取ったらなかなか子どもが言うことを聞かなくて
結局ふれあいコーナーのサービス時間を過ぎてしまったり(苦笑)
去年ほどドタバタ疲れなかったけど、今年は子どもが離れないように、自由な動きに対処
できるように、という精神的な疲れがあったような気がします(^-^;)
いいけどね。それもまた楽し。全てが思い出。

そんなこんなで決められた時間内でしたがのんびり楽しめました^^
時間があまったのでゾウを3回見に行ったしね(笑)
あ、でもキリンを見逃したのは惜しかったです。分かれ道の向こうに居たらしいが見落とした。
ライオンは寝てたしカバはやたらでかいしニホンコウノトリはかっちょよかったし
ヒョウは通路の上の方から見下ろすタイプの檻の向こうでガチでこっちを睨んでたし(笑)、
ニホンカワウソの肉球見れたしシロフクロウは可愛かったです。
動物たくさん見られて子どもも刺激になったんじゃないかな~。だといいな(笑)

そんなこんなで動物園日記でした(笑)今度は家族で水族館へ行く予定~w
家族サービスサービス(笑)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-05-26 22:25 | つれづれ日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/23174723
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ごーいんぐ四十路ロード 丸20話 >>