丸24話


真田丸24話視聴。滅亡。
(更新順調に遅れています(爆))

OPクレジット見てて安心してたけど、見終わって気づきました。
おっさんしか出てきてないコレ……!
最後のさいごにちらっと顔出しだけだった女性陣がさらに美しく見えましたw
いやー、おっさんだけでも存分におもろいです、くうう。

小山田さま、再登場~v長かった?とか、気になるなあ、とか
お慕わしい……v小山田兄、天使。妖精。癒し。うふふ。
(ネットで解説を見たけど、小山田さまのおじいさん?が武田家臣で、
北条と同盟する時に調停をした縁があったとかで、北条とつながりがあったのは史実ぽいです)

今回は北条の滅亡と後半その後始末の話でしたが、
昌幸パパ含む各武将がそれぞれ氏政の助命嘆願をしていたのが印象的でした。
みすみす死なせるには惜しい、という心情がおのおのの表現で語られていましたが、
要は最後の戦国武将という立ち位置で捉えられていたのかな、と。
(実質最後の戦国武将というのはこの物語でいうと信繁になりそうですが)
豊臣の治世のなかで、さいごにあがいていたのが氏政、という捉え方をされていて、
ともに戦ってきた武将たちが生き残ってくれ、と願いたくなるような1本筋の通った武将。
そういう末路を描かれていたような気がします、氏政。
でも秀吉に下るのを良しとせず、プライドのままに死出の道を選んだ氏政は
立派な最期、というふうに描かれていたのが印象に残りました。
(おしろい塗りまくって信繁ならずともビックリしましたが(苦笑))
本多正信が、「我が殿(家康)は、競い合うているうちにともがらのような気持ちになられたようで」
と言っていたのが多分、どの武将も同じような心情でいたのかもなと。思いたくなりました。

「余計な約束事はしなかったでしょうな」と言わんばかりの目で睨みつける兼続が
たまらなくたまらなかったwww上杉主従スバラシイwww
あ、あと北条氏直が出家して頭を丸めていた姿がちょっとワタシのツボを突きました(笑)
きれいなお姿でした……氏直はもう出てこないのかなあ。惜しい。実に惜しい。

忍城攻めは映画のようなダイナミックな映像はさすがになかったけど(笑)、
昌幸パパの「卑怯な手」であっちゅー間に落ちました。映画ではどうだったかな。
”あの”石田治部が戦を教えてくれ、って頭を下げちゃうまでの見事な戦術、
昌幸パパかっちょよかったっすー。
しかししかし、若い政宗のはっちゃけた?姿を見て失望しちゃってるんだよねパパ。
信繁にだけは伝わってたけど(つか、信繁と政宗のツーショットは萌えた方多かったのではw)
政宗は内に秘めたる情熱が昌幸パパ以上で、パパはその姿が見抜けなかった。
ここ、はっきりとは描かれてませんでしたが、昌幸パパの見る目が衰えた?、
情勢が読めなくなってきた、と受け止められる表現だったのでは、と思えました。
すごいなー。はっきり伝えようとしなくても伝わることってあるんだなー。

それにしても、ずんだ餅パーリィ(爆)とはww餅になってきましたぁぁぁwww
後日ネットで画像あがってたのを見たんですが
この宴会の場面で石田治部と大谷刑部が餅のやりとりの小芝居をしてたそうでww
かわいい……かわいいwwくふふ。
そのドサクサにまぎれて?秀吉が、真田の所領安堵、みたく伝えてきましたが、
家康の三河召し上げ、江戸転封と比較して考えると
もしかして秀吉は、氏政ひいきだった家康に罰のつもりで転封したんじゃないかなって。
思えたりもしました。実際どうだったかはまた諸説あるようですけど。

この時点で関ヶ原までたった10年とは……。ぞっとしますね(汗)
そんな感じで。
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-07-02 22:36 | さなだまる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/23267024
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 丸26話 ひさびさにあにめ >>