オルフェンズ2期!


おこんばんわどす伊山だす。

いやーーーー、ついに、ついに、とうとう始まっちゃいましたよ、
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第2シーズンがっっ!ww

いや、あの、実はですね、放送日前日のワールドプレミア、
映画館での先行上映会にワタシ当たってしまいましてね(笑)、
放送に先がけて2期1話、見させてもらっちゃったんですよね。ありがたや。
てっきり東京でのプレミアイベントを劇場でパブリックビューイングできるのかと
思っていたら、なんのことはない、前もって用意されていたVTRを
劇場内で上映するのみ、たった30分の上映イベントでした(苦笑)なんと……。
(しかしお土産をいただきました。バルバトスのプラモ。太っ腹~)
上映会、お客さんは20、30、40代の落ち着いた世代の方ばかりで、
オルフェンズの視聴者層の厚さ?高さ?に内心おびえました……w
もっと若い子に受けてると思っていたんだけど。この上映会の申し込みが煩雑だったせいかしら。

まあまあさておき、そうやって上映会で見た翌日に改めて1話(ナンバリングは#26)を
拝見したわけですが、
……ミカ……紋付き袴 着てたね……(萌)←そこか
まず真っ先にそこに萌えてしまいました(笑)てへ。
あの、冒頭の墓標に立つミカオルのシーン作画とかすごく良くてうっとりしちゃったんですけど、
墓石のカット変わったら背景も少し変化してて、
このカット切り替わりの一瞬で、何年か月日が経ったということを表していたんだなって
後から気づいてすごくビックリしました。
一応アトラちゃんのナレーションでしばし時が経過したような話しぶりは伝わったんですけど
墓石の絵ひとつで時の経過を見せていたとは思わなくて……すばらしい。
(よーく見たら最初の農場の風景とその後で畑の面積がうんと広がってたんですよね。なんと)

そして状況説明として、鉄華団がテイワズ(木星ヤク○企業)の正式な傘下に入ったこと、
それが戦力を重視された軍事顧問としての役割であること、
ギャラルホルンの失墜が明白になり世相が変わって、少年兵がさらに徴用されるようになった事。
などがざっと語られました。
あの、特に変化が顕著だったのはクーデリアお嬢さんで、
まず「アドモス商会」という、フミタンの名前を冠した会社を設立、社長となってます。おお。
そして火星の鉱物資源の発掘、加工などを一手に引き受けているとのこと。
更に、サクラおばあちゃんの農場の一部を孤児院として整備して
福祉事業にも着手しているとの由。やるなあクーさん……。有言実行とはまさにこのこと。
こうして書くと火星の状況は好転しているようにも見えるんですが
実際はテロとかも頻発してるみたいで、クッキークラッカやミカが乗った車が
巻き込まれそうになってたし、治安はますます悪くなってる描写もありました。むむ。
すこしましになったとはいえ状況はそうやすやすと変わるわけではないということでしょうね。

オルガが……なんか、地に足ついた運営をやろうと
奮起している姿が見てとれて、なんかかわいくて和みました(笑)
いやいや、オルガすごく真面目にやってたよ、まっとうな仕事で鉄華団を軌道に乗せる、
そのためにはアラヤシキなんて際どいシステムを導入せずに
新しいモビルワーカーにはアラヤシキを載せてない、というなんて優しい徹底ぶり。
素晴らしい団長さん、理想の実現のために慣れない数字とか事務所開設のお祝いとかやってる(笑)
赤いスーツもどちらかというと外面用で、
ほとんど常に鉄華団のジャケット羽織っててね、いじらしいじゃないですかこの団長さん(愛)
あっすいませんワタシミカ目線でオルガ見ちゃってて(爆)いやいやいや。

ああ、まあ1期から2年?ほど経った世界なので
新キャラも当然出てきててですね。鉄華団の新規入団者やギャラルホルン側のお貴族さまなど。
個人的に気になるのは、ギャラル側のクジャン家当主?黒髪ドレッドの若い男性ですが
大人しそうな見た目なのにどうも残念系?なニオイがぷんぷんして(笑)、
どんな立ち位置になるのか気になります(笑)
あっそういや新規入団の青年たちに、年少組だった少年たちが
タメ語で、むしろ先輩口調で会話してるシーンがいくつかありましたけど
年功序列は無いのね?(笑)自分より小さくても先輩として敬うルールなのかしら鉄華団w
(○○隊、とか○○組、とか小グループに分けて番号振るのってまんま新選組だなーとぽそり。)

ええと、ミカがいつも寝てるって言われてるのがとっても気になりました……
だってミカ1期では寝てるシーン全くなかったんだよ。オルガはあったけど。
ミカ、寝ないと活動限界がくるのかしら。どんだけバルバトスに搾取されてるんだよ……。
バルバトスと接続すると右手と右目が復活するの、いい表現でしたね。
特に目に光が宿るカットは萌えと燃えでうっとりしました(笑)
あの、格納庫でミカが寝てたり(1期はオルガ)、モビルワーカーが展開していったり
敵モビルスーツに蹂躙されたりしてたシーンは1期1話の繰り返しの演出でしたよね。
良かったな~燃えますよね。
バルバトスが地面からでなく空から降ってくるのも燃えました!かっちょいい!
(下向きに砲撃して落下速度をおとす工夫をしてるのもいい)
それと、「おかえり、ミカ」「ただいま。」っていうのは
2期になって帰ってきたよーっていうのと、
バルバトスに乗って本来の実力が全て発揮できる「いつものミカ」が帰ってきたな、
っていうダブルミーニングですよね!ね!(笑)
オルガがいう「ミカ」が帰ってきたんだよね!うふふ(萌)

まあそんなわけで萌えと燃えがおしみなく降ってくる有難い1話だったわけですが(笑)、
あの!EDにもなってた主題歌が流れてたラスト付近のシーン!
あの映像はOPになってるですかね、カットの中に居ましたよね、
フルフェイスの鉄仮面被った「あの人」がっ!ww
ネットでは「誰リオさん」とか「ミスターキシドー」とか呼ばれてましたけどwww
あれは明らかにガエさんですよね……後ろにぼんやりと紫色のモビルスーツ映ってたし(笑)
いやー、出てくるのか、出てきてくれるのか誰リオさんw
この半年友人とどーなんだあーなるのかそーなるのかと予想妄想を繰り広げてきましたが
おおよそ想像の範囲内ではありました誰リオさん(笑)
しかしどんな風に登場してくるのか、背景はどうなってるのか、
気になる気になる~♪ めっちゃめちゃ楽しみです!!w
あっ、あのラストのOP映像は先行上映会では流れてなかったです。
鉄華団のマークが浮かぶ黒バックに映画のようにスタッフロールが流れるだけだった。
なので、リアルタイム視聴した時にそうくるとは思わなくて
おおおっ!wwって声が出ましたよ^^ やってくれるわあ公式さま。

そんなこんなでつらつら語ってしまいましたが
オルフェンズの期待値ハンパないです!(笑)
また半年、ワタシをミカオルで萌えたぎらせておくれ……(笑)
日曜は真田丸もあるし、また時間に追われて萌えに身悶える日々が始まるのね……(笑)
いや、もう覚悟は決まっています(笑)来るなら来い。どーんと受け止めてやる(笑)
というわけで(笑)すいませんこれからまたうるさくなりますw
ミカ~ミカかっちょいいよ~(笑)
(常に左耳が聞こえるような位置にさりげなく立つミカが素敵……)
[PR]
by katuhiro-iyama | 2016-10-03 23:31 | アニメ感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://huzukue.exblog.jp/tb/23529702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< おるおるふぇんず 丸34話 >>